タグ:restaurant ( 83 ) タグの人気記事

Daniel et Denise

リヨン宿泊にしたのは、この美食の街でゆっくりディナーを食べるためでした。
リヨンは「ブション」という庶民派のレストランが有名なのですが、1か月ほど前に予約しようとしたら、結構取れなくて。中心部から離れた丘の上のブションに予約を入れたのです。

ビッグイベントの週末だったので、19時と21時半の完全予約制でした。

が、この日、デモの影響か、中心部の交通は完全に麻痺。もちろんタクシーやUBERも入れないので歩くしかなく、、丘の上を目指しましたよ。

d0034609_21560163.jpeg
こんな階段を3個登って、、最近増量中の私は息が切れ、P子が背中を押してくれました。

d0034609_21594638.jpeg
ようやく着いたのはこんなお店。Daniel et Deniseというところ。

d0034609_22000533.jpeg
読むだけで楽しい黒板。”A partager”というのは簡単な前菜をみんなでシェアして食べるものだそうで、瓶詰めのフォアグラとか、そういうものだそうです。健啖家の街ならでは、ですね。

キッズメニューもあるそうですが、せっかくなのでP子も大人メニューで。

d0034609_22012946.jpeg
P子と夫はフォアグラ。新人らしいウェイターさんが、先に夫にサーヴして、先輩に注意されていました。子どもでもレディーファーストなんですね。

d0034609_22003453.jpeg
私はリヨン風サラダを。
どんなものか知らなかったのですが、牛の内臓?のマリネとレンズ豆のサラダ、それにニシン?のマリネでした。
フォアグラに酸味があったので、P子はこちらのサラダの方を気に入っていました。

d0034609_22005352.jpeg
これはもう、絶対飲むメニュー!

d0034609_22021722.jpeg
ワインはこれを選んでもらいました。
ちなみにディジョンはボジョレーに近く、ボジョレーもたくさんそろっていました。

メインは、私が黒板にあったウサギの煮込み。


d0034609_22294810.jpeg


d0034609_22030742.jpeg
夫の豚肉の煮込み。
料理の画像ばかりつまらなくて申し訳ないですが、、
d0034609_22023818.jpeg
P子はトリュフのオムレツでした。付け合わせのグラタンもポテトも美味で食が進む〜。

デザートは、もう私の画像だけにしますが、カフェグルマン。

d0034609_22344796.jpeg
エスプレッソとデザートが数種類ついて、日本人にはおすすめです。

お店の人も、今日は2回転だったせいか、なんだかとっても気合いが入っていて、自信に満ちていて、エネルギーチャージができた夜でした。








[PR]
by suna-chan | 2018-12-12 22:40 | 子連れで旅行 | Comments(0)

旅の番外 ザンクト・ガレン

最後の夜はスイス東部のザンクト・ガレンSt. Gallenに泊まりました。

疲れが溜まっていたので夕食は胃にやさしそうなベトナム料理にしました。

Lansinというお店。



d0034609_20083999.jpeg

d0034609_20090287.jpeg
この2つをP子と半分こでちょうど良かったです。ジュネーブでいつも行くお店より美味しかった。

たっぷり眠って、翌朝はこれもたっぷり朝ごはん。
最後の観光に出かけました。

d0034609_20150295.jpeg
ジュネーブにもある高級デパート、グロビュスGlobus。ショーウィンドウはもうクリスマスでした。

d0034609_20165513.jpeg

この街は、7世紀の初めにアイルランドの僧侶ガウスという人が僧院を建てたのが始まりだそうで、その後建てられた大聖堂と旧修道院は世界遺産になっています。


d0034609_20290480.jpeg

まずは修道院の図書館を見学に行きました。

d0034609_20300802.jpeg
内部は撮影禁止ですが、中世の写本など貴重な書物が昔のままにぎっしり並んでいます。床を傷めないよう、靴の上からスリッパを履いて(ホーエンツォレルン城もそうでした)見学。


d0034609_20324209.jpeg
一応記念撮影ができるスポットが建物の入り口近くにつくってあります。こんな感じ。
奥にエジプトのミイラが展示されていて、P子釘づけになっていました。


d0034609_23281213.jpeg

そして大聖堂。後期バロック様式の空間だそうです。ゴージャス。

ザンクト・ガレン、織物業でも栄えた町だそうで、豊かさを目の当たりにした思いです(こういう華やかさがジュネーブにはないんですよね。良くも悪くも)。こんな内陸なのに、すごい。



d0034609_23342175.jpeg

街角にはマルシェ、というよりマルクトが立っていて。


d0034609_23345933.jpeg

d0034609_23362517.jpeg


d0034609_23370354.jpeg
このクッキーお土産に買いました。

d0034609_23373401.jpeg

というわけで秋の旅行は終わりました。
意外にもドイツ語圏、快適でした。次の休暇、冬休みはいよいよウィーン行きまーす!



[PR]
by suna-chan | 2018-10-29 06:00 | 2018秋 南ドイツ二人旅 | Comments(0)

Stattgarten@ハイデンハイム

この日のランチは別途記事にしなくてはー。

ギーンゲンに目ぼしいお店がなかったので、あらかじめリサーチしていた近くの街のレストランまで行ったのです。8キロくらい離れたハイデンハイムHeidenheim という街のシュタットガルテンStattgartenというお店。

d0034609_17002602.jpeg

庭があって、夏は外でソーセージなどをグリルして食べられるようです。
d0034609_17014166.jpeg
寒かったので、P子はスープをオーダー。名前は違ったけれどウィーンにもあった、パンケーキの細切りが入ったスープ。

d0034609_17040096.jpeg
それに子ども用メニューのシュニッツェル。

d0034609_17033522.jpeg
私は前菜は抜きで(車の旅の欠点はお腹が空かないこと)、タマネギたっぷりのツヴィーヴェルロストブラーテン。


d0034609_17063032.jpeg
リクエスト通りのミディアムレアでした。



d0034609_17064786.jpeg

雰囲気も良くお店の人も親切で、大満足のランチでした。


d0034609_20061220.jpeg
もうクリスマス市が立っていました。



[PR]
by suna-chan | 2018-10-28 17:10 | 2018秋 南ドイツ二人旅 | Comments(0)

ドナウエッシンゲン

旅の3日めは、念願のシュタイフミュージアムを訪れ、夕方にザンクト・ガレンというスイス東部の古い町に到着しました。もうドイツ旅行は終わり?と物足りなさそうなP子ですが、確かに今回の旅は移動時間ばかり長いです。でも、スイスのドイツ語圏は、ジュネーブとは雰囲気も違ってまだ旅情がありますけどね。

ようやく画像をアップできる環境になったので、上げていきますねー。

まずはドナウエッシンゲン。

d0034609_05154203.jpeg

あまり町を歩いている人がいなくて、ちょっと寂しかったですが、こんな街並み。


d0034609_04124668.jpeg



d0034609_04122504.jpeg
花屋さんが、もういかにもドイツという感じで、


d0034609_04130615.jpeg
小さい町にこんな本屋さんを見つけた時は嬉しくなりました。

d0034609_04144766.jpeg
ショーウィンドウ。


d0034609_04132357.jpeg
夕食は、こんなブルワリーで摂りました。寒くて凍えていたので、中が暖かく、観光客や地元のお客さんらしい人でにぎわっていて、ちょっとホッとしました。

ふだんはワイン派の私も、ここではビールを頼んだところ、

d0034609_04133833.jpeg
ふわふわの泡!
香りも良く立って、もう全然違う味でした!

d0034609_04442453.jpeg

お料理は、私のターフェルシュピッツ(別にシュペッツェル付き)。

d0034609_04440674.jpeg
P子はチーズソースのシュペッツェル。どちらもウィーンで食べていたものとは違いましたが、店員さんがとても親切で、気持ちよく食事ができました。


d0034609_04480204.jpeg



d0034609_04484038.jpeg

P子のアイスと私のコーヒー。見た目がなんともドイツ的。なつかしむ人もいるかな?と思い載せておきます。

ホテルは簡素な宿でしたが、朝食のジャムが手作りで、たっぷりベリーが入っていたのが印象的でした。

って食べ物のことばかり。。



[PR]
by suna-chan | 2018-10-26 04:56 | 2018秋 南ドイツ二人旅 | Comments(2)

susuru

このところジュネーブではラーメンが人気で、新規のお店が続々とオープンしています。2年前には”Yukiguni”くらいしかなかったので、ブーム到来、という感じ。

というわけで先日、そんな新しい店のひとつ”susuru”に行ってみました。

お店のサイトはこちら。


d0034609_00214007.jpeg
土曜日午後1時すぎの入店でしたが結構混んでいました。


d0034609_23480681.jpeg
すっきりした店内。
日本で修行した人が開いたお店だそう。厨房が見えますが、働いている人もお客さんも私たち以外は全員ノンジャパニーズでした。

それでも接客の男性は日本語でやり取りしてくれ、

d0034609_23493037.jpeg
これはしょうゆラーメンかな。

私は、こってりラーメンを食べると睡魔に襲われてしまうのですが、期間限定メニューが豚骨キムチラーメン、ときたら、もうこれを頼むしかないでしょう〜。

d0034609_23485591.jpeg



d0034609_23500624.jpeg
煮卵。上手につくってありました。

d0034609_23483138.jpeg
餃子は肉がたっぷりの中国風。

この店を勧めてくれた人(スイス人男性)によると唐揚げが美味しいそうですが、ラーメンと一緒には食べないかなぁ。
こちらの人はデザートも食べていましたが、ラーメンの後に甘いものもちょっと違う気がする。食文化の違いですね。

美味しいラーメンでした。帰宅後はやっぱり眠気に勝てず、たっぷり2時間熟睡してしまいました。。。


[PR]
by suna-chan | 2018-10-17 03:10 | Days in Geneva | Comments(4)

レザミュール Les Armures

d0034609_04210645.jpeg
もうすっかり秋です。

毎日ボーっとしている間に10月も上旬が終わってしまいました。来週が終わればP子たちは秋休み。ってことは、冬休みもそう遠くない⁉︎ そんなことにようやく気がつき、慌てて調べ物をしたりチケットを手配したりした1週間でした。

お世話になった人がまたひとり本帰国となるので、最後のランチ会をしてきました。

d0034609_04222860.jpeg
旧市街のレザミュール Les Armures。同名のホテルに併設されたレストランです。ホテルもレストランもガイドブックに載っているような名所ですが、意外にも主役の彼女は行ったことがなかったそうで。私も、ジュネーブに来てすぐ来たことはありましたが、夏だったので名物のフォンデュを食べていませんでした。


d0034609_04285151.jpeg

d0034609_04292434.jpeg
予約の時間まで辺りを散策。帰国の人と一緒に見ると、ちょっと新鮮です。いつかなつかしむ日も来るのかな。

ここはかつての武器庫の隣というロケーションで、「甲冑」という名前の通り、店内には甲冑が飾られています。
何度か来たことがある人のおすすめで、チーズフォンデュ(キノコ入り)と、中華風フォンデュを頼みました。

d0034609_04474516.jpeg
中華風は、鍋の中に具入りのスープが煮えていて、そこに薄切り肉をフォークに巻きつけて入れ、火が通ったらソースをつけていただきます。ソースはマヨネーズっぽいのが4種類。カレー味とかピクルス入りとか。

d0034609_04471327.jpeg
ワインは地元産のシャスラを。リースリングのような飲みやすいワインです。サラダとポテトは中華風フォンデュの付け合わせ。

d0034609_04531667.jpeg


デザートはメレンゲ。ここのクリームは甘さ控えめでした。


王道のスイス料理は最後のランチ会にぴったりでした。





[PR]
by suna-chan | 2018-10-13 04:57 | Days in Geneva | Comments(0)

Cafe de Peney

9月の土曜日、P子不在の時に、郊外にあるCafe de Peneyというお店までランチに行きました。

d0034609_20493057.jpeg
すぐそばを川が流れていて、ピクニックを楽しんでいる人たちもいました。

予約しないと、なかなか入れないお店だそうです。お客さんは地元の人や、近くにテニスコートがあるためか、テニス帰りの人が多いようでした。

アラカルトもあったのですが、本日のムニュを頼みました。

d0034609_20474418.jpeg
アミューズは冷たいコーンスープ、だったかな。

d0034609_20483233.jpeg
私の前菜は、泡立っているポーチドエッグに野生のキノコを添えたもの。キノコはジロール茸で、とても香りが強くて陶然。これだけでもう満足。

d0034609_20481268.jpeg
夫のメインは魚。スズキかな?

d0034609_20490129.jpeg
私は鶏肉でした。胸肉は、外がカリッと、中はふんわり。自分ではこうは焼けません。ソースとマッシュポテトが美味しい。


d0034609_21534992.jpeg
デザートはティラミス。お好みでアマレットをたっぷりかけられます。
ワインを飲んでいたのに、アマレットもついたっぷりかけてしまい、結構酔っ払ってしまいました〜。

パンもワインも美味しく、気さくな雰囲気のお店です。立地が不便なのがちょっと難ですが、季節ごとに訪れてみたくなりました。




[PR]
by suna-chan | 2018-10-05 21:59 | Days in Geneva | Comments(2)

送別ディナー、ボウリング

d0034609_19321801.jpeg

スーパーマーケットに新物のクルミの実が登場しました。季節はもう秋〜。今年もクルミ拾いに行かなくては!


さて、水曜日は午前授業、木曜日は祝日だったので、水曜の夜は引っ越し間近のお友達と外食に出かけました。

子連れで行く店はいつも限られており、どこも気乗りしなかったので、新規開拓してみることに。

旧市街、サン・ピエール寺院の裏手のオ・ピエ・ド・コションという店へ。


d0034609_15203547.jpeg
テラス席があったので、そちらにしてみました。この辺りは石畳で雰囲気のあるエリア。

d0034609_15191724.jpeg
基本豚肉料理のお店で、私は店名にもなっているピエ・ド・コションを。

豚足を煮込んでから焼いたのだと思いますが、手羽餃子のようにひき肉の詰め物がしてあります。コラーゲンたっぷりで味も塩コショウのみで食べやすい味。
そして、、新じゃがのロースト、美味しいです。

d0034609_15195069.jpeg
友人ママはスペアリブ。これは甘いタレがたっぷり、お肉はホロホロで柔らかでした。


d0034609_15200738.jpeg
いい画像がありませんでしたが、キッズメニューはハンバーグか魚(フィレ・ド・ペルシュ)。子どもたちは魚を選んでいました。これも上手に焼けていました。


翌日はピクニックの予定でしたが、朝から雨だったので、急きょ場所を変更。といっても、休日はほとんどのお店が閉まってしまうジュネーブ。検索した結果、以前行ったショッピングモールLa Praille 内のボウリング場が開いていたので、行ってみることに。

モール内のお店は閉まっていましたが、フードコートと映画館、ボウリング場が営業中でした。
フードコートでご飯を食べて、ボウリングを2ゲーム。
その後、ゲームコーナーで1人5フランずつお小遣いをもらって、子どもたち、好き勝手に遊び回りました。
ジュネーブで、こんな都会風の遊びってあまりしないので、新鮮。

d0034609_19580495.jpeg
補習校の知り合いや、インターの知り合いにも会い、みんな行くところないんだなー、と思いつつ、、遊べてよかった。

そんな休日でした。





[PR]
by suna-chan | 2018-09-09 20:04 | Days in Geneva | Comments(0)

プロヴァンスの小さな街

5月には、P子の学校では4連休が2回あります。季節もいいので旅行には絶好のチャンス。土曜日の補習校をどうするかが難しいところですが、今回は欠席して2泊3日で南仏に行くことにしました。

南仏、大きく分けてイタリアに近いコートダジュールとスペインに近いプロヴァンスがあります。ジュネーブから行く場合、コートダジュールは、地図上ではまっすぐ南なのですが、実際にはプロヴァンス経由かイタリア経由になり、ちょっと遠い(ニースで片道500kmくらい)。そんなこともあり、プロヴァンスにしました。

まずはアヴィニョンという大きな街を目指します。
暖かい陽射しを求めるつもりが、当日のジュネーブは雨。途中の山合いは激しい雨で、気温もぐんぐん下がり12度とか。。。
そして雨が止み、暖かくなってきたところで渋滞。

高速を途中下車してランチをすることにしました。

d0034609_23430888.jpeg


高速から見る限り、近くに街は見えないのですが、グーグルで探した近くの街のレストランへ。
Donzereという街。白い石でできた、静かな街でした。



d0034609_22442758.jpeg





d0034609_15232265.jpeg




こんな寄り道ができるのはスマホのおかげですね。

d0034609_22455245.jpeg





d0034609_01061652.jpeg




ナスのラザニア風、ステーキ、そしてデザートはマスカルポーネのストロベリーソース。デザートが一番手が込んでいたかもしれません。こんな田舎なのにきれいに作られたデザートが出てくるのに感心。人数は多くないけれど、ゆったり食事を楽しんでいる人たちがいて、日本の地方で急速に過疎化、高齢化が進んでいる様子を思い出し、どうしてこちらでは地方にも若者が残っているのか、単純に不思議に思いました。。


***

今回の旅行はアヴィニョン、マルセイユと宿を変えるドライブ旅行でした。ので翌日のランチもアヴィニョン近郊のカヴァイヨンCavaillon という小さな街で。


ここはメロンの産地として有名だそう。

d0034609_01165729.jpeg





d0034609_01203177.jpeg





P子はカルボナーラ。大人は魚介のプレート。

d0034609_01205096.jpeg





地元の食材を使って、丁寧に作られているのが伝わってきました。パスタも魚のソースも絶品でした。






d0034609_01234201.jpeg





デザートはメロンのアイス。ちょっと甘かったけれどいい香りがしました。





d0034609_01244417.jpeg






d0034609_01250945.jpeg





レストランの近くに甘い香りがする果物屋さんがありました。メロンもあったので、お土産に購入。ひとつ9ユーロほどしたので、決して安くはありませんが、帰宅して食べる楽しみができました。




[PR]
by suna-chan | 2018-05-15 01:28 | 2018初夏 プロヴァンス | Comments(0)

ビストロ@Yens

d0034609_17345860.jpeg
家の近所の菜の花畑。

夏のような日々が続いています。
土曜日、P子は補習校からお友達の誕生日パーティーに出かけてしまったので、久しぶりに夫とショッピングへ。
オーボンヌAubonneのアウトレットに行き、夫の靴やアウターを買いました。
私は特に必要な物もないので見ただけで。フランスのブランドの服は、ちょっと可愛かったりフェミニンだったりで、私、びっくりするほど似合いません。。。

せっかく時間があるので、ちょっと足を延ばして、数キロ先のYensという街までランチに出かけました。

d0034609_17381611.jpeg
ジュネーブからだとローザンヌの手前を少し山に入ったところ。遠くにレマン湖を臨み、ワイン畑が続いています。

d0034609_17342858.jpeg
このホテルのレストランに来ました。


着席する前にウェイトレスさんと握手して挨拶しました。ちょっとびっくり。

d0034609_17374309.jpeg
メニューを眺めるのって幸せ〜。

前菜はアスパラガス、夫にはタンポポのサラダ。
タンポポ、英語でdandelion ですが、フランス語でもdents de lion(ライオンの歯)で、こちらが語源かもしれないですね。

d0034609_17353513.jpeg
ロケーションからは意外な、凝ったプレゼンテーションでした。

d0034609_17355160.jpeg
タンポポは、日本の山菜みたいな春の味、なんでしょうね。

メインは、タルタルとトリッパの煮込み。

d0034609_17360989.jpeg
d0034609_17372662.jpeg
トリッパは、夫のを少し味見させてもらいました。イタリア風のトマト煮込みしか食べたことがなかったのですが、白ワインとクリーム仕立てのこのお料理、美味しかったです。

デザートはパスしてコーヒーだけもらい、食後は少し散策。

d0034609_17384165.jpeg
水飲み場。
特段何もない、本当に小さな町です。でも隅々まできれいなのがスイスっぽい感じ。

P子は、お友達の誕生日パーティーを満喫し、帰りは送ってもらった車が渋滞に巻き込まれたこともあり、日が暮れるまで(=午後8時くらい)友達と一緒でとても楽しい1日だったようです。
帰宅後も大騒ぎのハイテンション、翌日も元気いっぱいでした。


d0034609_18042689.jpeg
月曜日の今日はブックデーで、学校からは帽子を持ってくるよう言われていました。
いったい何をやるのか?なぜブックデーに帽子?? 私にはさっぱりわからないのですが、こんな帽子をつくって持っていきました。




[PR]
by suna-chan | 2018-04-23 18:12 | Days in Geneva | Comments(4)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る