タグ:Food ( 268 ) タグの人気記事

CANONICA

d0034609_00413169.jpeg

寒気が緩んだ朝。公園ではリスがせっせと木の皮を削り取っていました。冬眠の準備かな?


少し前のことですが、日本で家族ぐるみのお付き合いをしている友人のダンナさんが、海外出張の時にビジネスクラスで出されたチョコレートがジュネーブのお店のもので、とっても美味しかった、と教えてもらいました。

最近になって、おつかいものを探すことになり、ふっと思い出したのがその話。
CANONICAというお店、本店はジュネーブ郊外のメイランですが、空港に支店があるというので出向き、まずはお味見してみました。

d0034609_00434734.jpeg
空港内出発ロビーにもありますが、鉄道の空港駅に接したショッピングモールにも小さい売店があります。


お試しに買ったこのセット、数粒味見して夕食後に家族に出そうなどと思っていたのに、美味しすぎて一気食べ。。。汗。
カカオの味はそれほど強くなく、マイルドで食べやすいのですが、、クリームがフレッシュで確かに美味しい。

パッケージは処分して証拠隠滅したはずが、後日P子に画像を見つけられ、「これ何?」と追及されました。


さて、本日は、知り合いが最終登校日というので、お餞別の品にこちらのチョコレートを買いに行きました。

d0034609_00405975.jpeg
ジュネーブで大変お世話になりました。

自宅用も買ったのですが、粒チョコは高いので、今回はこちら。

d0034609_00411520.jpeg
スイスではよく大きな板状のチョコレートが売られていて、それを適当に割ってもらって量り売り、というのがあるのですが、こんな風に板チョコアソートも結構一般的です。高級チョコレートもお手軽に買えて、食べる量も調節できるのが板チョコのいいところ。どんな味か今から楽しみ。

あ、今回は独占しないよう気をつけます……💦。


[PR]
by suna-chan | 2018-11-01 01:02 | Days in Geneva | Comments(4)

ドナウエッシンゲン

旅の3日めは、念願のシュタイフミュージアムを訪れ、夕方にザンクト・ガレンというスイス東部の古い町に到着しました。もうドイツ旅行は終わり?と物足りなさそうなP子ですが、確かに今回の旅は移動時間ばかり長いです。でも、スイスのドイツ語圏は、ジュネーブとは雰囲気も違ってまだ旅情がありますけどね。

ようやく画像をアップできる環境になったので、上げていきますねー。

まずはドナウエッシンゲン。

d0034609_05154203.jpeg

あまり町を歩いている人がいなくて、ちょっと寂しかったですが、こんな街並み。


d0034609_04124668.jpeg



d0034609_04122504.jpeg
花屋さんが、もういかにもドイツという感じで、


d0034609_04130615.jpeg
小さい町にこんな本屋さんを見つけた時は嬉しくなりました。

d0034609_04144766.jpeg
ショーウィンドウ。


d0034609_04132357.jpeg
夕食は、こんなブルワリーで摂りました。寒くて凍えていたので、中が暖かく、観光客や地元のお客さんらしい人でにぎわっていて、ちょっとホッとしました。

ふだんはワイン派の私も、ここではビールを頼んだところ、

d0034609_04133833.jpeg
ふわふわの泡!
香りも良く立って、もう全然違う味でした!

d0034609_04442453.jpeg

お料理は、私のターフェルシュピッツ(別にシュペッツェル付き)。

d0034609_04440674.jpeg
P子はチーズソースのシュペッツェル。どちらもウィーンで食べていたものとは違いましたが、店員さんがとても親切で、気持ちよく食事ができました。


d0034609_04480204.jpeg



d0034609_04484038.jpeg

P子のアイスと私のコーヒー。見た目がなんともドイツ的。なつかしむ人もいるかな?と思い載せておきます。

ホテルは簡素な宿でしたが、朝食のジャムが手作りで、たっぷりベリーが入っていたのが印象的でした。

って食べ物のことばかり。。



[PR]
by suna-chan | 2018-10-26 04:56 | 2018秋 南ドイツ二人旅 | Comments(2)

10月のマルシェ

土曜日は買い物デー。
いつもはスーパーを1つか2つ回り、すぐ帰宅するのですが、今週は休暇に入ったせいかレジの列が短く、あっさり買い物が終わったので、久しぶりにフェルネーのマルシェに行きました。


d0034609_18000772.jpeg
どんよりした空。ヨーロッパの秋の色。

d0034609_18003894.jpeg
クルミや栗を売るお店。

d0034609_18010915.jpeg
このパルメザン美味しそう〜。でもスーパーで買い物しちゃったし、来週は旅行なので今回は見るだけです。

d0034609_18015065.jpeg
かごを持って買い物している人、多いです。ちょっと憧れ。


d0034609_18012822.jpeg
パン屋さんでは、こんな大きなパンを切り売りしています。こんなパン、焼いてみたいし食べてみたい。大地に根ざしたパンですね。


d0034609_18020615.jpeg
トリュフが出ていました。

d0034609_18022297.jpeg
これはトリュフを挟んだプチシュー。美味しそう。これくらい買っておけばよかった、と帰宅後後悔しました。


d0034609_18024323.jpeg
きのこの季節です。今年は私的にジロール茸にハマっています。


d0034609_18030896.jpeg
偶然、お料理上手な知り合いに会い、一緒にマルシェを散策しました。彼女の買い物はパンと魚。この貝、親指の爪くらいに小ぶりですがきれいです。どう食べるのかな? 友人は「パスタじゃないかな」と話していましたが。

もちろん、アボカドもオレンジも売っているのですが、細部に季節が感じられます。
また時間を見つけて、今度は買い物に来なくては、と思いました。




[PR]
by suna-chan | 2018-10-21 21:58 | Days in Geneva | Comments(0)

P子近況〜バドミントンとピアノ

d0034609_00270696.jpeg


週末のスーパーに、栗のケーキの特設コーナーができていました。


d0034609_00264153.jpeg

おだやかな天候の日曜日。久しぶりに植物園に行きました。みんな考えることは同じなのか、結構な人出。ちょうど敷地内ではチャリティーランも開催されており、小さな子供連れの家族が多く見られました。去年も同じ時期にこのイベントとバッティングした気がする。。。

ともあれ、芝生の上でピクニックをし、P子とバドミントンをしました。一緒にゲームするのはとっても久しぶり。学校の課外活動でバドミントンをやっているせいか、P子が上手になっていました。全然身体が動かなくなってる私と対照的。若いねー。


習いごとといえば、ゆるく始めたピアノのレッスン。最近は先生(東欧人の音楽学生さん)のセレクトでバッハを練習しています。そして、発表会などがなくて気楽♪などと思っていたのに、先生の師匠が子どもにフルートを教えているのだけれど、その子と組んでくれる同年齢のピアニストを探している、よかったら伴奏をしてコンクールに出ないか、などという話をいただいてしまいました。
P子は聞くなり乗り気、私はスケジュール上の都合やP子がどれだけ練習するかに不安があったのですが、こちらの子と演奏するなんて機会はそうないだろうし、やってみるのも面白いかな、などと思ってしまい、結局受けてみることに。

コンクールは来春。一緒に練習をするのは年明けからの数回という話なので、きっと上の方を目指しているのではないと思います(でないと困る、汗)。でも、これまでコンクールとは無縁と思ってきただけに(日本でも、そしてこちらでもP子と同年代で全然レベルの違うピアニストを何人も見ている)、どうなることか興味津々です。笑。





[PR]
by suna-chan | 2018-10-15 00:54 | Days in Geneva | Comments(2)

お別れ

P子がジュネーブで一番仲良くしてもらったお友達が、今日ジュネーブを離れて別の国に行ってしまいます。NY時代の仲良しY君と偶然日本の小学校が同じで、我が家のジュネーブ引っ越しが決まった時に、「知り合いの同級生がジュネーブにいる!」ということで紹介してもらったお友達。P子が新しい環境になじめるまで、本当にたくさんお世話になりました。

送別会が何度も、そして日曜日の補習校運動会に参加してから出国だったので、先週はP子の空いている時間はできるだけ一緒に遊び、また私も他にもランチやお茶の予定があったりで、先週の外食回数は5回。。ちょっと予定詰め込みすぎました。汗。

レストランではほとんど写真を撮らなかったので、別の友人がご飯会を開いてくれた時のカレー。


d0034609_15501970.jpeg

お店でのごはんはイタリアン、ムール貝、フレンチなどでした。


運動会はお天気に恵まれました。
私はいくら入りのはらこ飯おにぎりを(これも画像なし)。
お友達パパはプロの料理人なので、こんなにたくさんおかずを!

d0034609_15424089.jpeg

海苔とカニカマ入りの卵焼き、ちくわの磯辺揚げなど、美味しかったです。

来た当初にお世話になった人たちは少しずつ減っていき、次は我が家の番、と思うこの頃です。



[PR]
by suna-chan | 2018-09-17 15:56 | Days in Geneva | Comments(0)

新年度スタート

d0034609_19371392.jpeg



8月の半ばのことですが、夫の誕生日パーティーのために、リヨンまで食料の買い出しに出向きました。50歳の節目の年ということで、キャビア、フォアグラのパテなどでちょっとゴージャスにお祝いしました。ついでに、フランスの典型的なお惣菜、と言われる「フロマージュ・ド・ テット」にもトライ。豚の煮こごりなのですが、マスタードと添えると感動的な美味しさでした。
フランスの食文化、こちらにいる間にもっと探求しなくては。。。


d0034609_20035094.jpeg




d0034609_20013125.jpeg



d0034609_20021756.jpeg



d0034609_20024065.jpeg



ブリニ、じゃなくてミニ・パンケーキはP子が焼きました。


さて、P子の2カ月にも及ぶ夏休みがようやく終わりました。
8月下旬は曇りがちで、朝晩は冷え込むようになり、すでに秋の気配が感じられます。まさにBack to School の季節。

最後の週は、もうすぐ引っ越してしまうお友達が、弟君と一緒に泊まりに来ました。P子たちは何度もお泊まり会をしているので(海外だと、おじいちゃんおばあちゃんの家に行けないので、お泊まり会はお手軽なイベントなのです)、慣れたものですが、小2の弟君は大興奮。シャワーの前には全裸で走り回ったり、かと思えば、着替えは絶対見られたくない!と、みんなを一室に押し込めてひとり廊下でこっそり着替えたり、エアベッドを出したらすぐ飛び乗ったり、、、していました。笑。
P子がこちらに来て、最初にうちでお泊まり会をした時も、みんなこんな感じだったなー。


d0034609_19360871.jpeg
引っ越し作業で忙しいママからは、手つかずだったスパイスのセットをいただきました。
スパイス、いつも結局使いきれないので買わないようにしていました。嬉しい。早速アニス(八角)を使って中華風の煮物をつくりました。次はカレーを作ってみよう!


d0034609_19354853.jpeg
学校初日の今日は、P子を送ってから、少し遠くのショッピングセンターまで。
スプレッドナイフと紙ナプキンを買いました。家で愛用のはちみつが固めなので、このナイフ、すぐにも活躍しそうです。

さあ、新年度がんばろー。



[PR]
by suna-chan | 2018-09-03 19:56 | Days in Geneva | Comments(0)

シャンパングラス

d0034609_05440357.jpeg
パリから戻ってきました。
今回は、またもや健康診断、そして3家族で遊んだほかは、パリはほとんど観光せず、1日だけ日帰りで(ジュネーブからの友人ファミリーと一緒に)シャンパンの街ランスというところに行ってきました。

画像は、パリに行くたび、しつこく訪れているビストロでの1枚。
スパークリングワインを2杯頼んだのですが「今スパークリング用のグラスが出払ってひとつしかないから」という理由で!、スパークリングを1杯しか出してもらえませんでした。
ほんの数ユーロのグラスワインなのに、しかもワインはあったのに、、びっくり。
グラスだけでそんなに違うのかな、、これまで、スパークリングワインやシャンパンを飲む時に、あまり深く考えたことはありませんでしたが、飲む時に、ちょっと気をつけてみようっと。

そんなわけで私はこの時白ワインにしたのですが、よく冷えていて量もたっぷり、美味しくいただきました。


日本ほどではありませんが、ヨーロッパも今年は暑い日が続いています。家にエアコンがないのと、日没が遅いので夜まで気温が下がらず、著しく能率が落ちている、、、。夏だから、そんなものですかね。


ではではまた。


[PR]
by suna-chan | 2018-08-06 06:01 | 2018夏 パリ | Comments(0)

母帰る

d0034609_20043235.jpeg
花屋さんの店頭も真夏仕様。

d0034609_20594279.jpeg
鉢植えには青もみじやイチョウもあって、日本の夏を思い出します。


母たちは2週間あまりのスイス旅行を終え、大満足で帰っていきました。ニューヨーク、そしてウィーン時代にも二人で遊びに来てくれて、特にウィーンの時は、私がドライバーになって、まだ当時観光地として名前が知られ始めたばかりのドブロブニクを始め、旧ユーゴ地域を周遊したりもしたのですが(大平原の真ん中に農家が出しているスタンドで地元産のはちみつを買ったり、地元の知り合いの海辺の別荘に泊めてもらったり)、今回の旅行が一番楽しそうでした。

お天気に恵まれて、どこも満喫できたのも理由でしょうが、自力で移動して、時に電車に乗り間違えたりしたのも、とても楽しかったようです。人にやってもらうより、その方が思い出に残るのでしょうね。

今回、母たちには通信手段がなかったため(日本のガラケーはこちらでは使えなく)、P子のiPad を貸してインターネットへのアクセス方法を教え、フリーメールのアドレスを取って、毎日連絡を取るようにしたのですが、使ってみたらとても便利で驚いていました。
画像を撮って日本の知人に送ったり、ニュースを見たり、滞在中に使い方もかなり上達したようです。


最後の夜は、P子がカレーをつくって、うちでごはんを食べました。みんなに絶賛してもらってP子も嬉しかったよう。ふだん、手放しでほめる機会がなかなかないので、こうしておばあちゃんやそのお友達に絶賛してもらってよかったです。

カレーの画像がありませんが、私がポテトサラダなど数種類の副菜をつくり、P子はトマトとモッツァレラを切ってサラダをつくりました。

楽しい時間はあっという間にすぎて、月曜日はお見送り。火曜日はさびしくなりそうでしたが、P子のお友達と地元のプールに行き、たっぷり遊びました。
公営のプールですが十分楽しめ、なんといっても近いのが魅力で、この夏何度か通いそうです。


d0034609_21010695.jpeg
おまけに……夫がつくった寒天。こういうあっさりしたお菓子は、夫の方が得意です。


ではまた。



[PR]
by suna-chan | 2018-07-04 21:52 | Days in Geneva | Comments(0)

エスニックなスペアリブ

旅行後は、マダムのお料理教室にも行きました。
暑くなってきたので、と、この日のメニューはエスニック。スペアリブはレモングラスナンプラーなどにひと晩漬け込み、オーブンで焼きます。

d0034609_17531655.jpeg

d0034609_17532944.jpeg
付け合わせはオレンジとにんじんのサラダ、そしてシンガポールチキンライス(風のライス、しょうががいい香り)でした。

d0034609_17534544.jpeg
パクチー、ピーナッツ、干しエビ、そしてかに缶をたっぷり。

d0034609_17535930.jpeg
簡単で美味しくて見栄えもするメニューです。

ちょうど直後の週末に、2家族、計9人のお客様をお迎えする予定だった我が家。子どもの年齢も幼児から中学生と幅広く、メニューを決めかねていたのですが、このレシピならぴったり!!

というわけで、早速レシピを送っていただき、スペアリブ、つくってみました。
レモングラスを省いてはちみつを追加し、にんじんサラダはお手頃なツナ缶で。ご飯はとうもろこしごはん。あとはコロッケ、枝豆、うずら卵とプチトマトなど。
初対面の人もいたのですが、お料理が好評で話が弾みました。

私のは、こんなにきれいな盛りつけではありませんでしたが、、、。

持て余し気味のナンプラーをたくさん使えるレシピです。この夏何度かつくってみよう!



[PR]
by suna-chan | 2018-06-10 00:00 | Days in Geneva | Comments(0)

アムスの朝ごはん&風車見学

ランチの後はホテルでひと休みし、夕方から1時間の遊覧船に乗りました。プチトランもそうですが、乗ったまま観光できるのって本当に便利。。。

興味深かったこと。アムスにレンガ造りの建物が多いのは、土地柄、石が採掘できないからだそう。
NYもかつてはニューアムステルダムと呼ばれ、同じような赤レンガの建物がいっぱいありますが、、P子にその話をしたけど、リンクしたかなぁ、、、。

ランチが遅かったのと、良さそうな店が見つからず(なぜか大人がテラスで飲んでいる店をP子がとても嫌がり)夕食はホテルのパブで。名前は違ったけれど、コロッケのようなものとシーザーサラダでした。あ、私はそれにジントニックも。ジンもオランダゆかりのお酒だそうです。

今回、ホテルは朝食の評判がいいところにしたのですが、

d0034609_05011741.jpeg
フレッシュジュースもあり、毎回しっかり食べました。

d0034609_05013585.jpeg
注文すると焼きたてを持って来てくれるワッフル。甘い甘い味。

この日はアムステルダムから電車で15分ほどの、ザーンセ・スカンスへ。
ちなみに、キューケンホフのチューリップ祭りは1週間前に終わっていました。

アムスは朝から雨が降っていましたが、こちらはずっと晴れでした。

d0034609_05015192.jpeg
オランダの伝統的な民家や風車を移築してできた村。
入場料などはなく、ちょっと驚きました。

d0034609_05020958.jpeg
この地方特有の家と、民族衣装の女性。

d0034609_05023312.jpeg
敷地内は羊など動物がいて、P子楽しそうでした。
d0034609_05025494.jpeg
白鳥の親子。

d0034609_05031163.jpeg
私ひとりだったら、もっと予定を詰め込んでしまったと思いますが、のんびりオランダを体感できた小旅行でした。




[PR]
by suna-chan | 2018-06-09 06:20 | 2018初夏 アムステルダム | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧