タグ:Food ( 274 ) タグの人気記事

2月の料理教室

あっという間に2月が終わってしまいました。
春らしい陽気が続いていたのですが、P子、最近になって「目がかゆい」と言い出し、花粉症デビューかもしれませんっ。
こちらで病院に通うのも大変なので、とりあえず目薬などでだましだまし、なんとか乗り切ろうと思っています。
よく、外国では花粉症は発生しない、というけれど、こちらでも春や秋には不調を訴えている知り合いは多いです。

連日忙しすぎて、P子疲労困憊しています。今週末にクラブ活動の大会、再来週にピアノの検定試験、そして月末がコンクール。ひとつずつ終わっていくので、あと少し、、がんばれるかな〜。

さて、ちょっと前ですが、マダムのお料理教室に参加してきました。

この日のメニューはラザニア。

d0034609_20400318.jpeg




d0034609_20361167.jpeg
春のモノトーンもいいですね。

前菜2種はどちらもフルーツを使ったもの。

d0034609_20370744.jpeg
生ハムと柿。これは日本でもできますね。美味しい。


d0034609_20373047.jpeg
フェンネルとオレンジのサラダ。

ラザニアも2種類つくっていただきました。普通のミートソースと、ラディッキオをはさんだほろ苦いラザニア。
ワインを3種類も用意していただいたので、そちらに気をとられてしまいお料理画像がほとんどないという失敗を犯してしまいましたが、かろうじて取り分け後のラザニアの写真。


d0034609_20481056.jpeg
ラディッキオの方。さっぱり。後にお肉料理が続くなら(!)、こちらの方がいいかも。

d0034609_20483001.jpeg
ミートソースバージョン。

で、このミートソースがとっても美味しかったのです。聞けば、まずミルポワをつくってから牛ひき肉を1キロ、それから赤ワイン1本を投入して水分が飛ぶまで煮詰め、その後トマト缶2キロを入れて煮詰める、という豪快なレシピでした。
大量にできるので、パスタを茹でる用の鍋などの大鍋でつくる必要がありますが、数回は使える量ができます。

我が家では、いつもケチャップなどを入れて「なんか違う」というできばえなのですが、このレシピの味は夫とP子も好きかも、と思いつくってみたところ、予想以上に大好評でした。余計なものを入れないのがいいのかも。

ミートソースは、一応ラザニアの分量を取り分けて冷凍したました。ラザニアって、ほかにもホワイトソースが必要でまだまだハードルが高いのですが、そのうちつくってみようと思っています。







by suna-chan | 2019-03-01 20:58 | Days in Geneva | Comments(0)

チュロス

バルセロナ旅行記もこれが最後です。

今回、多分初めて、チュロスの専門店に行きました。
チュロスというのは、日本にもありますが、細長いドーナツで、スペインではこれをホットチョコレートに浸して食べます。
朝食っぽいけど、バルセロナの辺りでは午後のおやつにする人が多いそう。夕方、カフェで食べている人を何度か見かけて、食べたいものだ、と思ってました。P子はホテルの朝ごはんで食べていましたが、やっぱり揚げたてがいいなー。

いくつか有名店がありますが、旧市街散策の時に近くにいたので、音楽堂近くの Bar Churerria Layetanaへ。


d0034609_05032104.jpeg
間口が狭くて、最初通った時は気づきませんでした。


d0034609_05034340.jpeg
入り口のメニュー。

d0034609_05041630.jpeg

入ってすぐ、おじさんがチュロスを揚げていました。お昼休み後、開店して間もなかったせいか、きれいな油で好感が持てました。


d0034609_05130468.jpeg
形によって名前が変わるようです。こんな形のも。


d0034609_05044032.jpeg
店内はちょっと混雑していましたが、なんとか席を確保。二人でチュロスひと皿、ホットチョコレートは2つ頼みました。チュロスはお砂糖をかけてもらいました。


d0034609_05050488.jpeg
熱々のチュロスを、こんな風にいただきます。
チョコレートはかなり濃厚ですが、予想したほどは甘くありませんでした。チュロスにお砂糖がかかってちょうどいいくらい。



d0034609_05054904.jpeg
夕食が遅く、午後8時以降にとるのが普通なので、夕方のエネルギーチャージは、これくらいがっつりでいいのかも。また歩く元気が湧いてきました。



by suna-chan | 2019-02-26 05:28 | 2019冬 バルセロナ二人旅 | Comments(2)

レーズンサンド


そういえば冬だし(?)レーズンサンド食べたいなーと思って検索したら、マルセイバターサンドを再現!というレシピを見つけたのでつくってみました。

1回目は手際が悪くて色々失敗。
リベンジの2回目。

d0034609_21453760.jpeg
ラムレーズンをつくり、サブレを焼き、バタークリームを挟み、、、その後もシロップを塗ったりして仕上げます。
再現っていうけどどんな味だっけ?と思っていたのが、食べた瞬間に「あー、確かに!」と納得しました。

日本にいたら絶対買う方がいいけど(笑)、海外で食べたい味が食べられるのは嬉しいことです。

by suna-chan | 2019-01-23 21:51 | Days in Geneva | Comments(2)

今年最後のお料理教室

マダムのお料理教室、年内最後のレッスンはカレーうどんでした。和食を教えてもらうのは初めて。
スープを作って冷凍しておけば、旅行から帰ってすぐのごはんができるとのこと。

お料理教室といっても、つくっていただくのを見学して、あとはお食事だけ、というクラスです。

前菜を2種。
サーモンも目先を変えてタルタルに。大根のサラダといくらがトッピング。
d0034609_21501879.jpeg



d0034609_21503808.jpeg
ホタテのお刺身を加えたサラダ。今回はクレソンとラディッキオでした。ドレッシングは酢味噌味。
子どもが食べないので敬遠しがちな苦味のある野菜に、みんな喜んでいました。私も〜。野菜はブロッコリーなどに代え、早速家でも作ってみました。P子はあまり食べなかったけれど、、冷蔵庫に常備しておきたいドレッシングでした。


そして、カレーうどんは、具材はほとんどなく、玉ねぎとクリーム仕立て。麺は細めがおすすめだそうで、今回は稲庭うどんでした。
画像にはないけれど温泉卵をトッピングしていただきました。
d0034609_21512153.jpeg

マダムはフランス語のニュースも良く見ていらして、政治や文化などの話題が豊富。外国暮らしで日本のニュースにもこちらのニュースにも疎くなりがちな私は、自分に会話の話題がないことをちょっと恥じました。

来年はもう少しヨーロッパのニュースにも詳しくなりたいものです。。。


d0034609_21514197.jpeg

パリの高級住宅街にあるというカラスミ専門店のカラスミを分けていただきました。不慣れな食材ですが、お正月の食材に活用してみます。





by suna-chan | 2018-12-19 22:07 | Days in Geneva | Comments(0)

抹茶マフィン

d0034609_04082006.jpeg

バザーの後、家に抹茶パウダーが残っていたのを思い出し、マフィンを焼きました。ちょっと甘すぎましたが、翌日の学校用のおやつに、と思っていたのに、P子の鼻風邪が悪化。私も悪寒があって寝込むことに……。風邪シーズンの到来ですね。

食欲がなくなると健康のありがたみを感じます。

ではではまた。



by suna-chan | 2018-11-23 04:14 | Days in Geneva | Comments(2)

本日の収穫♪

d0034609_04153463.jpeg
念ずれば通ず⁉︎ 今日は家の食材がだぶついていたので、のんびりマルシェを冷やかしに行き、ばったり出会った知り合いの人に「どこで何を買うんですか〜?」と聞いたら、まさにビンゴで「あ、そこのお店で春菊ね!」と教えてもらっちゃいました。


d0034609_04155695.jpeg
アジア食材店にあるかも?と中国語、英語、フランス語で名前を調べて行きました。ここではこの表記。chayzanthine、食用菊ってことかな??

アジア食材店でもヤマイモ(多分)、レンコンを手に入れ、驚くほど和の食材が集まりました。世の中のボーダレスって加速してると思う……。


d0034609_04161577.jpeg
今夜のアペロはパンデピスにフォアグラのパテ。ほんのりスパイシーで甘いのがフォアグラに合います。

外食も面倒で、あり合わせでパスタにした夕食でした。



by suna-chan | 2018-11-18 04:26 | Days in Geneva | Comments(0)

CANONICA

d0034609_00413169.jpeg

寒気が緩んだ朝。公園ではリスがせっせと木の皮を削り取っていました。冬眠の準備かな?


少し前のことですが、日本で家族ぐるみのお付き合いをしている友人のダンナさんが、海外出張の時にビジネスクラスで出されたチョコレートがジュネーブのお店のもので、とっても美味しかった、と教えてもらいました。

最近になって、おつかいものを探すことになり、ふっと思い出したのがその話。
CANONICAというお店、本店はジュネーブ郊外のメイランですが、空港に支店があるというので出向き、まずはお味見してみました。

d0034609_00434734.jpeg
空港内出発ロビーにもありますが、鉄道の空港駅に接したショッピングモールにも小さい売店があります。


お試しに買ったこのセット、数粒味見して夕食後に家族に出そうなどと思っていたのに、美味しすぎて一気食べ。。。汗。
カカオの味はそれほど強くなく、マイルドで食べやすいのですが、、クリームがフレッシュで確かに美味しい。

パッケージは処分して証拠隠滅したはずが、後日P子に画像を見つけられ、「これ何?」と追及されました。


さて、本日は、知り合いが最終登校日というので、お餞別の品にこちらのチョコレートを買いに行きました。

d0034609_00405975.jpeg
ジュネーブで大変お世話になりました。

自宅用も買ったのですが、粒チョコは高いので、今回はこちら。

d0034609_00411520.jpeg
スイスではよく大きな板状のチョコレートが売られていて、それを適当に割ってもらって量り売り、というのがあるのですが、こんな風に板チョコアソートも結構一般的です。高級チョコレートもお手軽に買えて、食べる量も調節できるのが板チョコのいいところ。どんな味か今から楽しみ。

あ、今回は独占しないよう気をつけます……💦。


by suna-chan | 2018-11-01 01:02 | Days in Geneva | Comments(4)

ドナウエッシンゲン

旅の3日めは、念願のシュタイフミュージアムを訪れ、夕方にザンクト・ガレンというスイス東部の古い町に到着しました。もうドイツ旅行は終わり?と物足りなさそうなP子ですが、確かに今回の旅は移動時間ばかり長いです。でも、スイスのドイツ語圏は、ジュネーブとは雰囲気も違ってまだ旅情がありますけどね。

ようやく画像をアップできる環境になったので、上げていきますねー。

まずはドナウエッシンゲン。

d0034609_05154203.jpeg

あまり町を歩いている人がいなくて、ちょっと寂しかったですが、こんな街並み。


d0034609_04124668.jpeg



d0034609_04122504.jpeg
花屋さんが、もういかにもドイツという感じで、


d0034609_04130615.jpeg
小さい町にこんな本屋さんを見つけた時は嬉しくなりました。

d0034609_04144766.jpeg
ショーウィンドウ。


d0034609_04132357.jpeg
夕食は、こんなブルワリーで摂りました。寒くて凍えていたので、中が暖かく、観光客や地元のお客さんらしい人でにぎわっていて、ちょっとホッとしました。

ふだんはワイン派の私も、ここではビールを頼んだところ、

d0034609_04133833.jpeg
ふわふわの泡!
香りも良く立って、もう全然違う味でした!

d0034609_04442453.jpeg

お料理は、私のターフェルシュピッツ(別にシュペッツェル付き)。

d0034609_04440674.jpeg
P子はチーズソースのシュペッツェル。どちらもウィーンで食べていたものとは違いましたが、店員さんがとても親切で、気持ちよく食事ができました。


d0034609_04480204.jpeg



d0034609_04484038.jpeg

P子のアイスと私のコーヒー。見た目がなんともドイツ的。なつかしむ人もいるかな?と思い載せておきます。

ホテルは簡素な宿でしたが、朝食のジャムが手作りで、たっぷりベリーが入っていたのが印象的でした。

って食べ物のことばかり。。



by suna-chan | 2018-10-26 04:56 | 2018秋 南ドイツ二人旅 | Comments(2)

10月のマルシェ

土曜日は買い物デー。
いつもはスーパーを1つか2つ回り、すぐ帰宅するのですが、今週は休暇に入ったせいかレジの列が短く、あっさり買い物が終わったので、久しぶりにフェルネーのマルシェに行きました。


d0034609_18000772.jpeg
どんよりした空。ヨーロッパの秋の色。

d0034609_18003894.jpeg
クルミや栗を売るお店。

d0034609_18010915.jpeg
このパルメザン美味しそう〜。でもスーパーで買い物しちゃったし、来週は旅行なので今回は見るだけです。

d0034609_18015065.jpeg
かごを持って買い物している人、多いです。ちょっと憧れ。


d0034609_18012822.jpeg
パン屋さんでは、こんな大きなパンを切り売りしています。こんなパン、焼いてみたいし食べてみたい。大地に根ざしたパンですね。


d0034609_18020615.jpeg
トリュフが出ていました。

d0034609_18022297.jpeg
これはトリュフを挟んだプチシュー。美味しそう。これくらい買っておけばよかった、と帰宅後後悔しました。


d0034609_18024323.jpeg
きのこの季節です。今年は私的にジロール茸にハマっています。


d0034609_18030896.jpeg
偶然、お料理上手な知り合いに会い、一緒にマルシェを散策しました。彼女の買い物はパンと魚。この貝、親指の爪くらいに小ぶりですがきれいです。どう食べるのかな? 友人は「パスタじゃないかな」と話していましたが。

もちろん、アボカドもオレンジも売っているのですが、細部に季節が感じられます。
また時間を見つけて、今度は買い物に来なくては、と思いました。




by suna-chan | 2018-10-21 21:58 | Days in Geneva | Comments(0)

P子近況〜バドミントンとピアノ

d0034609_00270696.jpeg


週末のスーパーに、栗のケーキの特設コーナーができていました。


d0034609_00264153.jpeg

おだやかな天候の日曜日。久しぶりに植物園に行きました。みんな考えることは同じなのか、結構な人出。ちょうど敷地内ではチャリティーランも開催されており、小さな子供連れの家族が多く見られました。去年も同じ時期にこのイベントとバッティングした気がする。。。

ともあれ、芝生の上でピクニックをし、P子とバドミントンをしました。一緒にゲームするのはとっても久しぶり。学校の課外活動でバドミントンをやっているせいか、P子が上手になっていました。全然身体が動かなくなってる私と対照的。若いねー。


習いごとといえば、ゆるく始めたピアノのレッスン。最近は先生(東欧人の音楽学生さん)のセレクトでバッハを練習しています。そして、発表会などがなくて気楽♪などと思っていたのに、先生の師匠が子どもにフルートを教えているのだけれど、その子と組んでくれる同年齢のピアニストを探している、よかったら伴奏をしてコンクールに出ないか、などという話をいただいてしまいました。
P子は聞くなり乗り気、私はスケジュール上の都合やP子がどれだけ練習するかに不安があったのですが、こちらの子と演奏するなんて機会はそうないだろうし、やってみるのも面白いかな、などと思ってしまい、結局受けてみることに。

コンクールは来春。一緒に練習をするのは年明けからの数回という話なので、きっと上の方を目指しているのではないと思います(でないと困る、汗)。でも、これまでコンクールとは無縁と思ってきただけに(日本でも、そしてこちらでもP子と同年代で全然レベルの違うピアニストを何人も見ている)、どうなることか興味津々です。笑。





by suna-chan | 2018-10-15 00:54 | Days in Geneva | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る