タグ:Food ( 264 ) タグの人気記事

お別れ

P子がジュネーブで一番仲良くしてもらったお友達が、今日ジュネーブを離れて別の国に行ってしまいます。NY時代の仲良しY君と偶然日本の小学校が同じで、我が家のジュネーブ引っ越しが決まった時に、「知り合いの同級生がジュネーブにいる!」ということで紹介してもらったお友達。P子が新しい環境になじめるまで、本当にたくさんお世話になりました。

送別会が何度も、そして日曜日の補習校運動会に参加してから出国だったので、先週はP子の空いている時間はできるだけ一緒に遊び、また私も他にもランチやお茶の予定があったりで、先週の外食回数は5回。。ちょっと予定詰め込みすぎました。汗。

レストランではほとんど写真を撮らなかったので、別の友人がご飯会を開いてくれた時のカレー。


d0034609_15501970.jpeg

お店でのごはんはイタリアン、ムール貝、フレンチなどでした。


運動会はお天気に恵まれました。
私はいくら入りのはらこ飯おにぎりを(これも画像なし)。
お友達パパはプロの料理人なので、こんなにたくさんおかずを!

d0034609_15424089.jpeg

海苔とカニカマ入りの卵焼き、ちくわの磯辺揚げなど、美味しかったです。

来た当初にお世話になった人たちは少しずつ減っていき、次は我が家の番、と思うこの頃です。



[PR]
by suna-chan | 2018-09-17 15:56 | Days in Geneva | Comments(0)

新年度スタート

d0034609_19371392.jpeg



8月の半ばのことですが、夫の誕生日パーティーのために、リヨンまで食料の買い出しに出向きました。50歳の節目の年ということで、キャビア、フォアグラのパテなどでちょっとゴージャスにお祝いしました。ついでに、フランスの典型的なお惣菜、と言われる「フロマージュ・ド・ テット」にもトライ。豚の煮こごりなのですが、マスタードと添えると感動的な美味しさでした。
フランスの食文化、こちらにいる間にもっと探求しなくては。。。


d0034609_20035094.jpeg




d0034609_20013125.jpeg



d0034609_20021756.jpeg



d0034609_20024065.jpeg



ブリニ、じゃなくてミニ・パンケーキはP子が焼きました。


さて、P子の2カ月にも及ぶ夏休みがようやく終わりました。
8月下旬は曇りがちで、朝晩は冷え込むようになり、すでに秋の気配が感じられます。まさにBack to School の季節。

最後の週は、もうすぐ引っ越してしまうお友達が、弟君と一緒に泊まりに来ました。P子たちは何度もお泊まり会をしているので(海外だと、おじいちゃんおばあちゃんの家に行けないので、お泊まり会はお手軽なイベントなのです)、慣れたものですが、小2の弟君は大興奮。シャワーの前には全裸で走り回ったり、かと思えば、着替えは絶対見られたくない!と、みんなを一室に押し込めてひとり廊下でこっそり着替えたり、エアベッドを出したらすぐ飛び乗ったり、、、していました。笑。
P子がこちらに来て、最初にうちでお泊まり会をした時も、みんなこんな感じだったなー。


d0034609_19360871.jpeg
引っ越し作業で忙しいママからは、手つかずだったスパイスのセットをいただきました。
スパイス、いつも結局使いきれないので買わないようにしていました。嬉しい。早速アニス(八角)を使って中華風の煮物をつくりました。次はカレーを作ってみよう!


d0034609_19354853.jpeg
学校初日の今日は、P子を送ってから、少し遠くのショッピングセンターまで。
スプレッドナイフと紙ナプキンを買いました。家で愛用のはちみつが固めなので、このナイフ、すぐにも活躍しそうです。

さあ、新年度がんばろー。



[PR]
by suna-chan | 2018-09-03 19:56 | Days in Geneva | Comments(0)

シャンパングラス

d0034609_05440357.jpeg
パリから戻ってきました。
今回は、またもや健康診断、そして3家族で遊んだほかは、パリはほとんど観光せず、1日だけ日帰りで(ジュネーブからの友人ファミリーと一緒に)シャンパンの街ランスというところに行ってきました。

画像は、パリに行くたび、しつこく訪れているビストロでの1枚。
スパークリングワインを2杯頼んだのですが「今スパークリング用のグラスが出払ってひとつしかないから」という理由で!、スパークリングを1杯しか出してもらえませんでした。
ほんの数ユーロのグラスワインなのに、しかもワインはあったのに、、びっくり。
グラスだけでそんなに違うのかな、、これまで、スパークリングワインやシャンパンを飲む時に、あまり深く考えたことはありませんでしたが、飲む時に、ちょっと気をつけてみようっと。

そんなわけで私はこの時白ワインにしたのですが、よく冷えていて量もたっぷり、美味しくいただきました。


日本ほどではありませんが、ヨーロッパも今年は暑い日が続いています。家にエアコンがないのと、日没が遅いので夜まで気温が下がらず、著しく能率が落ちている、、、。夏だから、そんなものですかね。


ではではまた。


[PR]
by suna-chan | 2018-08-06 06:01 | 2018夏 パリ | Comments(0)

母帰る

d0034609_20043235.jpeg
花屋さんの店頭も真夏仕様。

d0034609_20594279.jpeg
鉢植えには青もみじやイチョウもあって、日本の夏を思い出します。


母たちは2週間あまりのスイス旅行を終え、大満足で帰っていきました。ニューヨーク、そしてウィーン時代にも二人で遊びに来てくれて、特にウィーンの時は、私がドライバーになって、まだ当時観光地として名前が知られ始めたばかりのドブロブニクを始め、旧ユーゴ地域を周遊したりもしたのですが(大平原の真ん中に農家が出しているスタンドで地元産のはちみつを買ったり、地元の知り合いの海辺の別荘に泊めてもらったり)、今回の旅行が一番楽しそうでした。

お天気に恵まれて、どこも満喫できたのも理由でしょうが、自力で移動して、時に電車に乗り間違えたりしたのも、とても楽しかったようです。人にやってもらうより、その方が思い出に残るのでしょうね。

今回、母たちには通信手段がなかったため(日本のガラケーはこちらでは使えなく)、P子のiPad を貸してインターネットへのアクセス方法を教え、フリーメールのアドレスを取って、毎日連絡を取るようにしたのですが、使ってみたらとても便利で驚いていました。
画像を撮って日本の知人に送ったり、ニュースを見たり、滞在中に使い方もかなり上達したようです。


最後の夜は、P子がカレーをつくって、うちでごはんを食べました。みんなに絶賛してもらってP子も嬉しかったよう。ふだん、手放しでほめる機会がなかなかないので、こうしておばあちゃんやそのお友達に絶賛してもらってよかったです。

カレーの画像がありませんが、私がポテトサラダなど数種類の副菜をつくり、P子はトマトとモッツァレラを切ってサラダをつくりました。

楽しい時間はあっという間にすぎて、月曜日はお見送り。火曜日はさびしくなりそうでしたが、P子のお友達と地元のプールに行き、たっぷり遊びました。
公営のプールですが十分楽しめ、なんといっても近いのが魅力で、この夏何度か通いそうです。


d0034609_21010695.jpeg
おまけに……夫がつくった寒天。こういうあっさりしたお菓子は、夫の方が得意です。


ではまた。



[PR]
by suna-chan | 2018-07-04 21:52 | Days in Geneva | Comments(0)

エスニックなスペアリブ

旅行後は、マダムのお料理教室にも行きました。
暑くなってきたので、と、この日のメニューはエスニック。スペアリブはレモングラスナンプラーなどにひと晩漬け込み、オーブンで焼きます。

d0034609_17531655.jpeg

d0034609_17532944.jpeg
付け合わせはオレンジとにんじんのサラダ、そしてシンガポールチキンライス(風のライス、しょうががいい香り)でした。

d0034609_17534544.jpeg
パクチー、ピーナッツ、干しエビ、そしてかに缶をたっぷり。

d0034609_17535930.jpeg
簡単で美味しくて見栄えもするメニューです。

ちょうど直後の週末に、2家族、計9人のお客様をお迎えする予定だった我が家。子どもの年齢も幼児から中学生と幅広く、メニューを決めかねていたのですが、このレシピならぴったり!!

というわけで、早速レシピを送っていただき、スペアリブ、つくってみました。
レモングラスを省いてはちみつを追加し、にんじんサラダはお手頃なツナ缶で。ご飯はとうもろこしごはん。あとはコロッケ、枝豆、うずら卵とプチトマトなど。
初対面の人もいたのですが、お料理が好評で話が弾みました。

私のは、こんなにきれいな盛りつけではありませんでしたが、、、。

持て余し気味のナンプラーをたくさん使えるレシピです。この夏何度かつくってみよう!



[PR]
by suna-chan | 2018-06-10 00:00 | Days in Geneva | Comments(0)

アムスの朝ごはん&風車見学

ランチの後はホテルでひと休みし、夕方から1時間の遊覧船に乗りました。プチトランもそうですが、乗ったまま観光できるのって本当に便利。。。

興味深かったこと。アムスにレンガ造りの建物が多いのは、土地柄、石が採掘できないからだそう。
NYもかつてはニューアムステルダムと呼ばれ、同じような赤レンガの建物がいっぱいありますが、、P子にその話をしたけど、リンクしたかなぁ、、、。

ランチが遅かったのと、良さそうな店が見つからず(なぜか大人がテラスで飲んでいる店をP子がとても嫌がり)夕食はホテルのパブで。名前は違ったけれど、コロッケのようなものとシーザーサラダでした。あ、私はそれにジントニックも。ジンもオランダゆかりのお酒だそうです。

今回、ホテルは朝食の評判がいいところにしたのですが、

d0034609_05011741.jpeg
フレッシュジュースもあり、毎回しっかり食べました。

d0034609_05013585.jpeg
注文すると焼きたてを持って来てくれるワッフル。甘い甘い味。

この日はアムステルダムから電車で15分ほどの、ザーンセ・スカンスへ。
ちなみに、キューケンホフのチューリップ祭りは1週間前に終わっていました。

アムスは朝から雨が降っていましたが、こちらはずっと晴れでした。

d0034609_05015192.jpeg
オランダの伝統的な民家や風車を移築してできた村。
入場料などはなく、ちょっと驚きました。

d0034609_05020958.jpeg
この地方特有の家と、民族衣装の女性。

d0034609_05023312.jpeg
敷地内は羊など動物がいて、P子楽しそうでした。
d0034609_05025494.jpeg
白鳥の親子。

d0034609_05031163.jpeg
私ひとりだったら、もっと予定を詰め込んでしまったと思いますが、のんびりオランダを体感できた小旅行でした。




[PR]
by suna-chan | 2018-06-09 06:20 | 2018初夏 アムステルダム | Comments(2)

完了〜

d0034609_13074135.jpeg
大鍋に2回で、瓶6個分のジャムができました。
煮るだけで4時間以上かかり、目を離したら焦げつくという失敗も。汗。
まだ残っているのは、どうしようかなー。

[PR]
by suna-chan | 2018-06-07 13:14 | Days in Geneva | Comments(0)

あんずの季節♪

d0034609_17151256.jpeg
今週はわりとひまなので、呑気に買い物に行ったら、、うっかり、あんずを箱買いしてしまいましたっ。
いやー、今ってジャムづくりの季節だし、ジャム用って書いてあったし、アプリコットジャムはウィーンの定番ジャムだし。

で、2kgくらいかな?と買ったこの箱、家に帰ってよく見たら5kg入りでした。どーするんだー!!と自分にツッコミつつ、、せっせとジャムをつくってます。さすがにこの量になると保存容器も足りず、わざわざ瓶を買うことに。。。引っ越しの時はまた捨てなきゃなんですが。凹。
無駄づかいですが遊びと思うことにしよう。。
でも家中に甘いあんずの香りが漂っていて、なかなか楽しいです。




[PR]
by suna-chan | 2018-06-06 17:26 | Days in Geneva | Comments(2)

バクラヴァ

通い続けたフランス語のクラスも、とうとう来週でA2が終了します。
で、去年と同じく、今年もコース最後に持ち寄りパーティーをすることになっていたのですが、月曜日に台湾人の友達から連絡があり「木曜日じゃなくて、明日が持ち寄りになったよー」とのこと。先週の授業を休んでいたので知りませんでした。。。

去年は唐揚げと枝豆を持っていきましたが、今年は健康への意識が高そうな女性が多いので、軽く一口サイズのおにぎりにしました。塩むすびとしそわかめ。

7、8人の生徒が、パイやケーキを中心に持ち寄りをしたのですが、びっくりするほど美味しかったのが、こちら。


d0034609_17553356.jpeg

バクラヴァ、という中東などでポピュラーなお菓子です。
エジプト人の女性が持ってきてくれました。
まず見た目がきれい!
そして、バクラヴァはナッツの入ったパイをたっぷりのシロップに漬けるのが一般的ですが、彼女のは、シロップがほとんどない!
ので、薄いパイが香ばしく、ふだんは甘すぎると敬遠している人たちも、口々に絶賛の美味しさでした。

余った食べ物は分け合って持ち帰ったのですが、案の定P子もこのバクラヴァを喜んで食べていました。
つくってー、と言われたけれど、難しそう。けれど、絶対お店では食べられない味なら、チャレンジしてもいいかも……。






[PR]
by suna-chan | 2018-05-02 18:49 | Days in Geneva | Comments(0)

ウサギの煮込み料理とか

春休みを前に、予定ぎゅうぎゅうの日々が続いています。。。ヘアカット(P子と私と別々に)、持病の検査、ビザの件で役所に出向いたり(ひたすら待つので半日つぶれた。。機会があれば詳しく書きます)、食事会のお誘い、PTAのミーティングなどなど。
用事が立て込んだ日は、P子より先に寝てしまうことも。

楽しい用事も入っていまして、先日はマダムのお料理教室に参加しました。
強い北風が吹く雨の日で、トレンチコートで出かけたら凍えました。

いつものように、つくるのを見るだけ、食べるだけの会です。
今回のテーマ食材はウサギ。

こちらでは、よく、皮をむかれた生々しいウサギの姿を見かけますが、今回はカットされたお肉を使用。レーズンとともに甘い白ワインで煮込み、仕上げにマスタードを加える一皿でした。

d0034609_01244433.jpeg

前菜は2種。グリルしたパプリカでクリームチーズを巻いたものと、最近スイスのスーパーで刺身用のサーモンのさくがよく売られているので(水揚げ後2時間以内に真空パックしました、とか書いてあって、本当に生で食べられそうなクオリティ)、それを使った一品。

d0034609_01253589.jpeg

d0034609_01250276.jpeg

d0034609_01261502.jpeg
前菜を盛り合わせたところ。
どちらも優しい味でした。パプリカ、美味しかったけれど、ちょっと凝っているので家でつくるのはハードル高そうです。でもまた食べたい、というジレンマ(笑)。


***3/23 追記:なんとメインのお料理を書き忘れていたという失態。。一部途中追加します。***

d0034609_01263400.jpeg

メインのウサギは、鶏肉ほどくせがなく、弾力のある肉でした。
もともとはクリームたっぷり、ベーコンやプルーンも加える濃厚なレシピだそうですが、軽めにアレンジしたそうです。
くどさがなく、食べやすい味でした。シャンツァイのトッピングがさわやか!



d0034609_01265558.jpeg
秀逸なシャンパンストッパーを教えてもらいました。ル・クルーゼのもので、泡がキープできる優れもの! これは買わなくては〜。






[PR]
by suna-chan | 2018-03-23 01:58 | Days in Geneva | Comments(0)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧