人気ブログランキング |

タグ:育児生活(10歳) ( 34 ) タグの人気記事

コンクールの結果など

3月最後の週末から4月1日月曜日までの数日間は、私的にはプロ野球開幕、サマータイム開始、P子コンクール、そして新元号の発表、と、盛りだくさんでした。

プロ野球は今年の楽天の開幕戦が対ロッテでマリンスタジアムだったので、千葉にいたら絶対行ったのに〜! じわじわと知らない選手も増えて来たので、今シーズン一度くらいは観戦に行きたいものです。
そしてサマータイムで時間は1時間早まったのですが、これが地味にきついです。若い頃は何ともなかったのに、年齢のせいでしょうか。。。

P子のコンクール。一応入賞、でしたが、出場者はみんなもらっているのかも……。全国大会には出られずに終わりました。
会場は、小さい部屋でオーディエンスは審査員とそれぞれの家族だけ。P子もさほど緊張せず弾けたようです(一度ぱたっと手が止まって焦りましたが)。ピアノはベーゼンドルファーで、こんな立派な楽器に触れることができて羨ましい。。控え室も立派でした。
P子達の前に審査を受けていたのがクラリネットとハープのデュオで、前衛的な音楽がロビーに聴こえてきて、ちょっと驚きました。色々なデュオがあり、どう比べるのか不思議。

で、審査結果は夕方、その小さい部屋に数十人が集まる中で発表されたのですが、終了後、フルートの女の子のママが審査結果の詳細を聞きに行き、途中から私達も同席することに。そうしたら、ペダルを踏む音が耳障りだったとか、メゾピアノで弾くべきところが音が大きすぎたとか、左手が強すぎたとか……。遅れて入ったので、フルートへの評価もその前に色々言われたのかもしれませんが、ピアノがデュオの足を引っ張ったのでは? と思うような指摘が続き、私はちょっと青ざめました。練習も不十分だったしね……。
会話はフランス語に時々英語、だったのですが、P子、聞いているのかいないのかボーっとしていて、審査員の質問への受け答えもはい、いいえくらいで、私は色々がっかりでした。

しかし、コンクールを受けさせることはできても、がっかりとか悔しい、次こそは、といった感情は、本人の中から湧いてこない限りはどうすることもできませんね。。
P子も何か思うところはあったのかも?ですが、はっきりとは伝わって来ず、私にはモヤモヤが残る一日でした。

ひとつ面白かったのは、P子の先生(東欧からの音楽留学生)がとても強気なことで、審査員のコメントを伝えても「それは審査員がハイレベルなことを求めていたのね。P子達の演奏は音がぴったり合っていて、それがアンサンブルでは一番大事なの!」と断言していたことでした。それくらいの精神力がないと、音楽の道は進めないかもしれませんね。


新元号。日本のニュースは今日はこの話題ばかりでしたね。徐々に慣れていくことでしょう。
我が家は一区切りついて、気持ちも新たに新年度のスタートです。





by suna-chan | 2019-04-01 23:00 | Days in Geneva | Comments(4)

コンクールのこと

d0034609_18040419.jpeg
アリアナ公園の桜もちらほら咲いていました。



この週末、P子はコンクールに出場します。これまでふつうにピアノをやってきたのでこの手のイベントとは無縁で、誘われるままに参加を決めてしまったので詳細がよくわかっていませんが、スイス国内のコンクールで、この週末が地区予選、予選に通過すると5月に本大会があるようです。

大会運営事務局から一度メールが送られてきましたが、文面はドイツ語とフランス語。でよくわからない……。ざっと目を通しただけで放置しています。

P子は同い年のフルートを吹いている女の子と組んでデュオでコンクールに臨みます。出場リストを見てみましたが、ピアノデュオ、ピアノとオーボエ、ハープとバイオリン、など色々な組み合わせがあり、他にもソロやカルテットでの出場がありました。
年齢ごとに分かれていて、3日間でジュネーブだけで50組、個人くらいが演奏するようです。会場はコンセルヴァトワール。バレエや音楽の専門教育をしているところ、という理解でいいのかな。。コンセルヴァトワールといえばパリ、というイメージでしたが、他の場所にもあるんですね。

ジュネーブでは街の真ん中に立派な建物がありますが、市内各地にレッスンできる部屋があるそうです。たとえばP子が通っていたのは、ジュネーブ東部の公立小学校の一室でしたが、コンセルヴァトワールのプレートがかかりピアノが置いてある部屋がいくつかありました。

去年、こちらでピアノの先生を探していた際、コンセルヴァトワールにも問い合わせをしたのですが、「レッスンは英語で受けられるが、集団で音楽理論を学ぶ際にはフランス語ができないと無理」と言われたことがありました。月謝も高いと聞いたことがあるし、なんだか敷居が高いイメージです。

そんなところに足を踏み入れる機会が訪れるとはね……。

そしてデュオですが、ピアノもフルートも子どもが演奏というのはハードルが高いかも。特にテンポが速い曲は、2人ともが先走ってしまって演奏の収拾がつかなくなったり、つっかえると立て直しが難しかったり、なかなか大変です。人によっては「組んだ相手のせいで思うような結果が出せなかった」と不満を抱きそう。汗。

よりによってP子はこのタイミングで風邪をひいてしまいました。わー、ノースリーブのドレスを用意しちゃったんですけど。ついでに、演奏の順番が日曜の朝で、P子は朝が弱いし、その日からサマータイムだから演奏時間は冬時間の午前9時前なんですが⁉︎ と、こまごま気になることがありますが、本人が満足できる演奏ができることを願っています。


では皆さま、良い週末を。



by suna-chan | 2019-03-29 18:12 | Days in Geneva | Comments(0)

花粉蜜とかスプラウトとか

陽射しは暖かいのですが、冷たい北風にコートが手放せない日が続いています。

今週末にピアノのコンクールがあり、それでイベント続きの2、3月が終わります。

この間、私はストレスたまりまくり、P子に言いたいことは山ほどありますが、かなり我慢してきました。私が黙っていたら、一日中YouTubeと漫画三昧で、勉強もろくにしない子だったんだなー、と、ちょっとがっかりしています。

通信教育も手つかずなので、考えた挙げ句、退会しました。P子に言うと「やればできる」と怒りそうなのでこっそりと。やる気が出たら、これまでたまった教材があるし、帰国までに終わることはないでしょうし。

他にも細かい用事が続いて、ローテンションの今日このごろです。

***

花粉を摂取して花粉症を制するという、ホメオパシーの理論を人に勧められ、ビオショップで花粉蜜(というのかな?))を買ってきました。


d0034609_17313430.jpeg
蜜というか、、花粉? 蜂が集めた花粉を顆粒にしたものです。ほんのりはちみつ味で、舌触りはきな粉みたい。
P子の花粉症が軽減できれば、ということで、とりあえず毎日ヨーグルトに混ぜて食べています。

久しぶりのビオショップは楽しくて、こんなものも買ってしまいました。

d0034609_17315644.jpeg
スプラウトの栽培キット!
種子はアルファルファ、豆など色々ありましたがブロッコリーにしてみました。



d0034609_17321744.jpeg
水に浸した種子をセット。

d0034609_17323960.jpeg
1日め。以下1日ごとの記録写真。

d0034609_17330621.jpeg


d0034609_17334432.jpeg
一気に生えてきて、楽しい〜。
今年はガーデニングは諦めているので、しばらくこれで遊ぼうと思います。





by suna-chan | 2019-03-27 17:42 | Days in Geneva | Comments(2)

オデッセイ・オブ・ザ・マインド

週末、P子のクラブ活動の大会がありました。活動の名前は「オデッセイ・オブ・ザ・マインド Odyssey of the Mind」といいます。アメリカ発祥のチームワークとひらめきを競う競技です。

P子たちは、8分以内の寸劇と、当日出された問題にひらめきをもって(?)取り組む練習をしてすごしてきました。

劇はいくつかテーマがあります。P子たちが選んだのはレオナルド・ダ・ヴィンチで、彼は豊富なアイデアの持ち主でグライダーやパラシュート、可動式の橋などの素案を残しているのですが、当時の技術の限界もあり、実現されないままのものがほとんどでした。
その様子を劇にし、セリフを考え、大道具などをつくる、というのがひとつ。

もうひとつの、ひらめきを競う競技は、例えば手を触れずに生卵を数メートル先のカゴに入れる、とか、同じく手を使わずにボーリングのピンを倒すとか、その場にある道具を使い工夫して方法を考える、しかもその際のチームの協調性もポイントの対象になるというものです。

検索すると「頭脳オリンピック」などと紹介されているサイトもあるようですが、それが的を射ているかどうかはさておき、多方面での想像力、創造力、チームワークが求められており、なかなかいい活動ではないかと思います。

***

大会当日、P子を送って行った私は、劇の時間までヒマだなー、と思っていたのが、舞台道具が壊れたからと駆り出され、気づけば1時間近くもグルーガンでダンボールのセットを修理しておりました。デニムで行ってよかった!
P子のチームメンバーは女子ばかりでしたが、みんな少々興奮気味で、セットの修理をしようともせず、衣装を見せ合っていて、手伝え〜!と思う私。こういう発想は日本人的なのでしょうか、


d0034609_19114842.jpeg
会場はこんな感じ。P子の学校の姉妹校(本家?)にあるシアターですが立派でした。

劇の後、審査員が子どもたちに作品の意図を質問します。

d0034609_19121866.jpeg
審査員が仮装していてお祭りっぽい雰囲気。

全部のチームの発表が見られた訳ではありませんが、チームごとに色々工夫がされていて面白かったです。

もうひとつの問題解決の方は非公開で見られませんでしたが、難しかったそうです。

上位のチームはロシアでのヨーロッパ大会、最上位だとアメリカでの世界大会に進めるのですが、P子たちのチームは残念ながら予選落ちでした。朝には興奮していた女の子たちは一転、号泣してました。P子はあまり表情には出していませんでしたが、やっぱり残念だったようです。
まだ競争経験の少ない子どもたち。負けるという経験もしておくのが、きっといいね。

朝から夕方まで丸一日のイベントで、とっても疲れましたが、充実した一日でした。



by suna-chan | 2019-03-07 00:00 | Days in Geneva | Comments(0)

怒涛の1週間

もうちょっと更新したいと思いながら、忙しさにかまけて金曜日。。。

まずはP子の前期の成績表が届き、それを受けての面談に行ってきました。
廊下で立ち話をしたのも含めて3人の先生と話し、「もっと積極的に発言してリーダーシップを発揮してほしい」というのが先生方の共通した見解でした。まあ、わかっているけれど、性格もあるしねぇ……。
でも少しずつ、着実に成長してるかと。


家での勉強は苦戦中。通信教育の内容が急に難しく、またボリュームが増えて、3月にピアノのコンクールや試験、クラブ活動の大会を控えているP子にはこなせない量になってしまいました。
P子はこちらの学校の方が楽しくなり、暗記や難しい算数に乗り気でないので、ますます進まない……。

こちらの学校では、「これからはAIの時代。計算も与えられた仕事もコンピューターの方が早くこなせるのだから、あなたたちに求められるものは創造力だ」とよく言われているそうです。そんな教えの後では、暗記は疑問に思ってしまうよね。。。

なので、まだしばらくはピアノやクラブ活動優先になりそうです。室内楽の音合わせは2回目があり、P子もフルートの女の子も前回より格段に良くなっていました。

そして今週が終わるとスキー休みに入ります。

では皆さま、良い週末を。






by suna-chan | 2019-02-15 17:54 | Days in Geneva | Comments(0)

バレエコンクール

ローザンヌ国際バレエコンクールのファイナルを観に行ってきました。

補習校から車で直行して1時間で到着。高速道路がスムーズで助かりました。
駐車場は会場の地下にあり、直結しています。暖かかったこともありますがコートは不要でした。開始1時間前に到着しましたが、スペースは十分にありそうでした。


d0034609_06254458.jpeg

開始前、ステージ上ではファイナリスト達がレッスンをしています。この段階から見るのも楽しそう。

会場ではパンフレットを買ったのですが、ファイナリストのリストはなく(前日にサイトにはアップされていたので)それを印刷してくればよかった、とちょっと後悔。まあ、上演中に見るわけではありませんが、こういう情報って手元に欲しい。

ちなみにお役立ち情報つながりですが、ロビーではパーキングチケットが売られていました(6フラン)。普通に駐車料金を払うと、数時間で10フランは超えてしまうのでお得です。

さてコンクールは、というと、こういうイベントの観戦自体が初めてだったのですが、本選の70数人から勝ち抜いた21人のダンサーが残っていて、まずはクラシック(ひとり2、3分?)を順番に、次にコンテンポラリーと一気に踊っていきます。
コンテンポラリーはかなりの確率で演目がかぶっていました。私はコンテンポラリー、結構好きなんですが、P子にはちょっと退屈だったようです。

カメラはフラッシュを焚かなければOKでしたが、スマホで撮影するにも限界があり、普通に観た方がいいかも…。周囲にも撮影している人はそれほどいなかったです。

終了後はパウゼ、そして10年前の優勝者で現在はパリ・オペラ座のエトワールという人のクラシック、そしてリヨンのオペラ座の男性ダンサー2人のコンテンポラリーで、このダンスは面白かったのですが、P子は退屈してしまい暴れる寸前でした(汗)。
こんなダンスです。ちょっと長いですかね。

そんなパフォーマンスを観てから、いよいよ入賞者の発表です。


d0034609_06255745.jpeg

審査員には現役引退を表明した吉田都さん、そして日本人は3人入賞の快挙でした。
入賞しなかったけれど、ジュニア部門の日本人の男の子もとてもよかったです。

パウゼの時に、P子と誰が良かったかを話したのですが、P子が気に入っていたアメリカ人の女の子がグランプリでした。確かに華がありました。

正直、こんなに楽しいならもっと前からくればよかった〜、と思った1日でした。





by suna-chan | 2019-02-10 20:46 | Days in Geneva | Comments(0)

楽器トライアル/音合わせ

P子の学校では今の年度の後半数ヶ月から吹奏楽の練習が始まるのですが、それに先駆けて楽器のトライアルがあったそうです。
トランペット、サックス、フルート、クラリネットをそれぞれ吹いてみたそう。
どれが楽しかった?と聞いてみたら「クラリネット」とのことでした。
全部音は出せたそうですが、トランペットは難しく、またサックスは肺活量が必要だったそうです。
楽器は自前が前提で、結構な出費になるため、我が家では帰国された上級生からフルートを譲ってもらっていたのですが、、クラリネットかぁ。どうしてもやりたいなら、中学生になってから吹奏楽部で始めるとかにしてほしいなぁ。
やりたい、という気持ちに応えてあげたくはあるんですけどね。

楽器トライアルの日は放課後、フルート奏者の女の子との音合わせでピアノのレッスンがありました。場所は、うちから遠い場所の公立小の教室。小さい子ども用のお昼寝ベッドがたくさん置いてありました。
女の子は先生とフランス語で会話、P子とピアノの先生は英語、そして先生同士はブルガリア語、という多言語でのレッスン。学校のピアノは我が家のピアノより大きく、P子はつっかえてばかりで、見ている私はハラハラ…。
3月のコンクールまで、あと数回音合わせをすると思いますが、がんばってほしいものです。




by suna-chan | 2019-02-03 04:37 | Days in Geneva | Comments(0)

P子近況

d0034609_16312033.jpeg


今朝の原っぱ。
今週は天気予報で雪マーク、気温も低くて冬一番の厳しい時期になりそうです。


週末、P子は二日連続でお呼ばれでした。
どちらのおうちにも小学生になるかならないかの小さい女の子たちがいるのですが、彼女たちにP子、大人気です。結構辛抱強く小さい子の相手ができて、それは私から見ても偉いと思う。。
土曜日に行ったおうちでは、もともとは一番上の子がP子の友達なのですが、午後から夜ご飯までごちそうになり、帰るという段になって、小さい子たちが大泣きしたり、すねたり、なかなか大変だったそう。
日曜日の訪問は私も一緒でしたが、帰り際には5歳の女の子がP子にぎゅっと抱きついて離れず、
昔からP子は年下の女子からモテるのですが、魅力健在といったところでした。

そんな場面を見て思い出したので、久しぶりにP子近況を。。。


最近は、ピアノも英語も、そしてP子は今年度から学校でフランス語の授業が始まったのですが、フランス語も、あっという間に私をに抜いていきそうな勢いです。
ピアノはこちらでは室内楽のコンクールに出ることになり、また日本の先生とのレッスンでも3月に検定試験を受ける予定で(ちょっと負担が大きいのですが、こういうのはお誘いを受けると断りにくく)、どちらかも3月なのでそれまではピアノ優先しようかと。
年齢で見るとまあ標準的なレベルだと思いますが、まだもう少し続けてもらいたいです。

語学は、どこかで急にレベルアップするタイミングがあるかと思うのですが、今がそのタイミングなのかも。英語で帰納法と演繹法の違いを勉強していて質問されたのですが、私は全く答えられず。汗。日本語でも無理〜。

他に、チームワークと発想力を鍛えるクラブ活動(説明しにくいんですが、そういうのがある)をしていまして、それもスイス大会が3月にあります。

たぶん、今年度で今が一番忙しい。そして、ここが(まだ帰国が決まったわけじゃないけど))P子のスイス生活の集大成になるのかな、と思っています。疲れがたまりつつありますが、あと少し、がんばれ、P子。




by suna-chan | 2019-01-29 16:53 | Days in Geneva | Comments(4)

レゴ展(The Art of the Brick)へ

d0034609_18282071.jpeg
Palexpoで開催中のレゴの展示“The Art of the Brick” を観に行きました。

P子が学校で観に行き、「とても良かったのでママにも見せたい」と言ってくれまして。同じ展示に2回も行くの?と思ったけれど、見ていない知り合いを誘って行くことに。

ネイサン・サワヤ Nathan Sawaya という有名なレゴビルダーがいて、彼の作品の展示でした。アメリカで弁護士だったのを辞めてレゴのアーティストになり、いろいろな作品を作っているのだそうです。

レゴ、今はスターウォーズとかハリー・ポッターとか、完成形が決まっているキットが主流なので、こういう本来のレゴらしさに立ち返った作品は新鮮!

d0034609_21554636.jpeg
入り口にはスイスの時計が。



d0034609_18284860.jpeg

記念撮影できるスポット。NYですね♪




d0034609_18290502.jpeg



d0034609_18292283.jpeg



d0034609_18294316.jpeg



d0034609_18300076.jpeg

この作品は見ているだけで悲しみが伝わってきました。。

絵画、写真のレプリカ。

d0034609_18302212.jpeg



d0034609_18310335.jpeg
モナリザは、全体の画像がブレていてアップだけですが、こんな風に作られています。


d0034609_18304463.jpeg
ムンクは立体的。


d0034609_18312520.jpeg


d0034609_21512918.jpeg
北斎も立体です。

ダビデ像、サモトラケのニケ?などもありました。
子どもたちがどんどん先に進んでしまって、あまりゆっくり見られませんでしたが、とても楽しい展示でした。何より、作り手の情熱が感じられたのが良かったです。





by suna-chan | 2018-12-21 22:01 | Days in Geneva | Comments(0)

錠剤デビュー

微熱、咳とはな、という症状ですが、風邪、ちょっと長引いています。

今回、P子は初めて錠剤を服用しました。
日本に一時帰国した時に買った薬ですが、10歳前後という年齢は微妙で、幼児用の薬(咳止めなど)は10歳までの服用量しか表示されていなかったり、大人用の風邪薬は「15歳以下の服用不可」となっていたり。
日本は、自治体の助成で、子供の医療費は数百円とか無料のところも多いから(これは本当にすごいけど、医療費安すぎるのでは、と思ったりもします)、市販薬を買う人は少ないのかもしれませんね。。。


さて、これまで粉薬とシロップしか知らなかったP子、意外にも、錠剤が飲み込めず大騒ぎに……。
1回に3錠服用の薬でしたが、まず1錠目を飲むのに、コップ2杯の水を飲んでも飲み込めず。この時点で私はかなりイライラ。やっぱり、こういうのって性格が出るのかなー。P子、慎重派で怖がりなので、心理的にかなり抵抗があるみたい。
私が横でとっても不機嫌にしているので、がんばってメロンパンをひとかけら口に入れてみたり、みかんと一緒に食べてみたりするも駄目。無理矢理飲み込んだ後は戻しそうになり、最後はヨーグルトと一緒に飲み込んでいました。

で、一度クリアできたから大丈夫か、というと、そうでもなく、毎回騒動で、その後夫が日本食料品店で買ってきたゼリーと一緒に服用していたのですが、噛み砕いていることがわかってびっくりしたり。。。あー、見ているだけでストレス〜。

自分は何歳くらいで飲み込めていたのかなぁ。すっかり忘れていますが、こんな風に悪戦苦闘して、、、いたのかな??



by suna-chan | 2018-11-24 22:27 | Days in Geneva | Comments(0)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る