人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コンクールのこと

d0034609_18040419.jpeg
アリアナ公園の桜もちらほら咲いていました。



この週末、P子はコンクールに出場します。これまでふつうにピアノをやってきたのでこの手のイベントとは無縁で、誘われるままに参加を決めてしまったので詳細がよくわかっていませんが、スイス国内のコンクールで、この週末が地区予選、予選に通過すると5月に本大会があるようです。

大会運営事務局から一度メールが送られてきましたが、文面はドイツ語とフランス語。でよくわからない……。ざっと目を通しただけで放置しています。

P子は同い年のフルートを吹いている女の子と組んでデュオでコンクールに臨みます。出場リストを見てみましたが、ピアノデュオ、ピアノとオーボエ、ハープとバイオリン、など色々な組み合わせがあり、他にもソロやカルテットでの出場がありました。
年齢ごとに分かれていて、3日間でジュネーブだけで50組、個人くらいが演奏するようです。会場はコンセルヴァトワール。バレエや音楽の専門教育をしているところ、という理解でいいのかな。。コンセルヴァトワールといえばパリ、というイメージでしたが、他の場所にもあるんですね。

ジュネーブでは街の真ん中に立派な建物がありますが、市内各地にレッスンできる部屋があるそうです。たとえばP子が通っていたのは、ジュネーブ東部の公立小学校の一室でしたが、コンセルヴァトワールのプレートがかかりピアノが置いてある部屋がいくつかありました。

去年、こちらでピアノの先生を探していた際、コンセルヴァトワールにも問い合わせをしたのですが、「レッスンは英語で受けられるが、集団で音楽理論を学ぶ際にはフランス語ができないと無理」と言われたことがありました。月謝も高いと聞いたことがあるし、なんだか敷居が高いイメージです。

そんなところに足を踏み入れる機会が訪れるとはね……。

そしてデュオですが、ピアノもフルートも子どもが演奏というのはハードルが高いかも。特にテンポが速い曲は、2人ともが先走ってしまって演奏の収拾がつかなくなったり、つっかえると立て直しが難しかったり、なかなか大変です。人によっては「組んだ相手のせいで思うような結果が出せなかった」と不満を抱きそう。汗。

よりによってP子はこのタイミングで風邪をひいてしまいました。わー、ノースリーブのドレスを用意しちゃったんですけど。ついでに、演奏の順番が日曜の朝で、P子は朝が弱いし、その日からサマータイムだから演奏時間は冬時間の午前9時前なんですが⁉︎ と、こまごま気になることがありますが、本人が満足できる演奏ができることを願っています。


では皆さま、良い週末を。



by suna-chan | 2019-03-29 18:12 | Days in Geneva | Comments(0)

花粉蜜とかスプラウトとか

陽射しは暖かいのですが、冷たい北風にコートが手放せない日が続いています。

今週末にピアノのコンクールがあり、それでイベント続きの2、3月が終わります。

この間、私はストレスたまりまくり、P子に言いたいことは山ほどありますが、かなり我慢してきました。私が黙っていたら、一日中YouTubeと漫画三昧で、勉強もろくにしない子だったんだなー、と、ちょっとがっかりしています。

通信教育も手つかずなので、考えた挙げ句、退会しました。P子に言うと「やればできる」と怒りそうなのでこっそりと。やる気が出たら、これまでたまった教材があるし、帰国までに終わることはないでしょうし。

他にも細かい用事が続いて、ローテンションの今日このごろです。

***

花粉を摂取して花粉症を制するという、ホメオパシーの理論を人に勧められ、ビオショップで花粉蜜(というのかな?))を買ってきました。


d0034609_17313430.jpeg
蜜というか、、花粉? 蜂が集めた花粉を顆粒にしたものです。ほんのりはちみつ味で、舌触りはきな粉みたい。
P子の花粉症が軽減できれば、ということで、とりあえず毎日ヨーグルトに混ぜて食べています。

久しぶりのビオショップは楽しくて、こんなものも買ってしまいました。

d0034609_17315644.jpeg
スプラウトの栽培キット!
種子はアルファルファ、豆など色々ありましたがブロッコリーにしてみました。



d0034609_17321744.jpeg
水に浸した種子をセット。

d0034609_17323960.jpeg
1日め。以下1日ごとの記録写真。

d0034609_17330621.jpeg


d0034609_17334432.jpeg
一気に生えてきて、楽しい〜。
今年はガーデニングは諦めているので、しばらくこれで遊ぼうと思います。





by suna-chan | 2019-03-27 17:42 | Days in Geneva | Comments(2)

アヌシー

補習校が春休みに入り、貴重な連休だったので、P子と二人、40kmほど離れたアヌシーまでドライブをしてきました。
なんとなくラーメンがブーム中の我が家なので、Yatta!ラーメンというお店へ。

d0034609_06563511.jpeg
住宅街のビルの一角。

d0034609_06570625.jpeg

d0034609_06572648.jpeg
中も外も結構混んでいました。

メニューに餃子がない、とP子がっかりしていましたが、気をとりなおしてチャーシュー麺、に煮卵をトッピング。

d0034609_06574222.jpeg
味噌ラーメンでした。キャベツと人参は生のせん切りが乗っていて、日本のラーメンとは違いましたが、これはこれで美味しくいただけました。わりとあっさりして食べやすかったです。

王道の醤油ラーメンのほかは、ビーフとか海鮮、サーモンのラーメン、ベジラーメン、焼き鳥を載せた麺とかもありました。


d0034609_07222193.jpeg



締めくくりは抹茶のミニシュークリームとエスプレッソ(シュークリームは一皿に2個でした)。餃子はなくてもデザートはある……。

あ、あとこんなのも。


d0034609_07402143.jpeg
それぞれのラーメンに合うワイン、ビール、日本酒のおすすめリスト! さすがフランス。

食後は湖の方へ。
街中の駐車場はどこも満車で、停めるまでに時間がかかりました。


d0034609_07220499.jpeg

d0034609_07234133.jpeg
ボートや遊覧船をP子と約束しているのだけれど、今回はパス。

P子は旧市街は初めてです。

d0034609_07291633.jpeg


d0034609_07270716.jpeg
d0034609_07304704.jpeg
エイプリルフールはフランスでは魚の日、でしたっけ? こんなチョコレートを発見。


d0034609_07320899.jpeg

小さくても華やかな街なので歩いていて楽しい。
骨董品店に可愛いお皿があったり……今欲しいサイズや形ではなかったのですが、買えばよかったかなー。

色々気をもむことが多かった一週間でしたが、いい気分転換になりました。




by suna-chan | 2019-03-24 08:00 | Days in Geneva | Comments(0)

ドライブ日和

d0034609_06491762.jpeg

フルートとの音合わせも残すところわずか。
結局湖沿いの道を行くのが一番早いとわかったので、最近はこのルートを使っています。

レマン湖の向こうに旧市街、噴水、そして遠くにアルプスが臨め、ジュネーブが一番きれいに見えるルートかもしれません。


d0034609_06494266.jpeg



d0034609_06495910.jpeg

街路樹が変わった枝ぶり。
この辺りは高級ホテルが並んでいます。

d0034609_06502521.jpeg
横縞の山は私が大好きなサレーブ山。


渋滞なので結構写真が撮れました。偶然、知り合いの車が横を走っていて、お互い手を振ったり、ちょっと楽しいドライブでした。





by suna-chan | 2019-03-22 17:06 | Days in Geneva | Comments(0)

満月

d0034609_06225019.jpeg

明日が春分の日という夜に、大きな満月がかかっていました。
今年のイースターが4月後半なのも納得。

忙しさは収まりつつありますが、わさわさした雰囲気が残っていて落ち着かない日々です。家も気持ちも、片づけなくては。。


by suna-chan | 2019-03-21 06:28 | Days in Geneva | Comments(0)

あっという間の1週間

その後またバタバタしているうちに1週間が過ぎてしまいました。

P子のピアノは、日本での検定試験のビデオ提出期限が今週で、水曜午後のレッスン中に動画を撮影して終了♪、と思っていたのが、本人が緊張してしまって撮影できず、結局2時間かかり、夕方からはフルート教室のオーディション(って何?と思ったらミニ発表会でした)で片道40分かけて湖の向こう側に行き、と、午後中ピアノ漬け。そして翌日もまた音合わせ。

さらには雨が続き、家の周辺はジュネーブモーターショーで渋滞だらけでフランス側への買い物もあまり行けず、給湯器の断水が毎週のようにあり……、連日ドッと疲れて就寝、の日々でした。

土曜日は補習校の最終日で、お天気も良かったので放課後久しぶりに街なかへ。

姪っ子の高校進学祝いを探して、バッグなどを見たのですが、結局ジュネーブのメーカー、カランダッシュのボールペンにしました。ちょうど名入れのサービス中でした。

d0034609_18370225.jpeg

そして日曜日の今日は私の誕生日だったので、カフェで朝ごはん。

d0034609_18472157.jpeg
オレンジジュースを頼まなかったのでシンプルですが。

こんな疲れきった誕生日、記憶にないんですけど……。
今日はゆっくりして、また来週のために英気を養いたいところです。

ではまた。






by suna-chan | 2019-03-17 19:00 | Days in Geneva | Comments(4)

オデッセイ・オブ・ザ・マインド

週末、P子のクラブ活動の大会がありました。活動の名前は「オデッセイ・オブ・ザ・マインド Odyssey of the Mind」といいます。アメリカ発祥のチームワークとひらめきを競う競技です。

P子たちは、8分以内の寸劇と、当日出された問題にひらめきをもって(?)取り組む練習をしてすごしてきました。

劇はいくつかテーマがあります。P子たちが選んだのはレオナルド・ダ・ヴィンチで、彼は豊富なアイデアの持ち主でグライダーやパラシュート、可動式の橋などの素案を残しているのですが、当時の技術の限界もあり、実現されないままのものがほとんどでした。
その様子を劇にし、セリフを考え、大道具などをつくる、というのがひとつ。

もうひとつの、ひらめきを競う競技は、例えば手を触れずに生卵を数メートル先のカゴに入れる、とか、同じく手を使わずにボーリングのピンを倒すとか、その場にある道具を使い工夫して方法を考える、しかもその際のチームの協調性もポイントの対象になるというものです。

検索すると「頭脳オリンピック」などと紹介されているサイトもあるようですが、それが的を射ているかどうかはさておき、多方面での想像力、創造力、チームワークが求められており、なかなかいい活動ではないかと思います。

***

大会当日、P子を送って行った私は、劇の時間までヒマだなー、と思っていたのが、舞台道具が壊れたからと駆り出され、気づけば1時間近くもグルーガンでダンボールのセットを修理しておりました。デニムで行ってよかった!
P子のチームメンバーは女子ばかりでしたが、みんな少々興奮気味で、セットの修理をしようともせず、衣装を見せ合っていて、手伝え〜!と思う私。こういう発想は日本人的なのでしょうか、


d0034609_19114842.jpeg
会場はこんな感じ。P子の学校の姉妹校(本家?)にあるシアターですが立派でした。

劇の後、審査員が子どもたちに作品の意図を質問します。

d0034609_19121866.jpeg
審査員が仮装していてお祭りっぽい雰囲気。

全部のチームの発表が見られた訳ではありませんが、チームごとに色々工夫がされていて面白かったです。

もうひとつの問題解決の方は非公開で見られませんでしたが、難しかったそうです。

上位のチームはロシアでのヨーロッパ大会、最上位だとアメリカでの世界大会に進めるのですが、P子たちのチームは残念ながら予選落ちでした。朝には興奮していた女の子たちは一転、号泣してました。P子はあまり表情には出していませんでしたが、やっぱり残念だったようです。
まだ競争経験の少ない子どもたち。負けるという経験もしておくのが、きっといいね。

朝から夕方まで丸一日のイベントで、とっても疲れましたが、充実した一日でした。



by suna-chan | 2019-03-07 00:00 | Days in Geneva | Comments(0)

男子って。

週末にイベントがあり、前後バタバタしてました。

月曜日の今日は夕方P子を学校にお迎えに行ったのですが、お友達と校庭で遊んでいる間にちょっとしたハプニングが。

P子と遊んでいた男の子が、校庭に片方だけ落ちていたスニーカーを、なぜか校庭脇の斜面を覆っている笹やぶに投げ込んでしまいました。落ちているのが目障りだったのかな??

その靴の持ち主は高校生の男子で、友達数人と靴やバックパックを投げて遊んでいたそうで、全く何をやってるんだ〜、という感じなのですが、とにかく見つけないと、ということで、子どもたちも高校生の友達も(本人は靴がないので入れない)、私たち大人も、笹やぶの中を歩き回ることに。
葉は鋭いし、あちこち茎?が刈り込まれてとがっているし、、。上を見たり下をのぞき込んだり。全然見つからなくて夕暮れが迫ってきてどうなることかと思いましたが、なんとか明るいうちに見つけることができましたー。

ハイカットでレザーの赤いスニーカー。サイズは大きくて30センチくらいありそうでしたが、こんな靴を履いていても、中身は結構コドモなんだねー、と驚いたできごとでした。





by suna-chan | 2019-03-05 05:53 | Days in Geneva | Comments(0)

2月の料理教室

あっという間に2月が終わってしまいました。
春らしい陽気が続いていたのですが、P子、最近になって「目がかゆい」と言い出し、花粉症デビューかもしれませんっ。
こちらで病院に通うのも大変なので、とりあえず目薬などでだましだまし、なんとか乗り切ろうと思っています。
よく、外国では花粉症は発生しない、というけれど、こちらでも春や秋には不調を訴えている知り合いは多いです。

連日忙しすぎて、P子疲労困憊しています。今週末にクラブ活動の大会、再来週にピアノの検定試験、そして月末がコンクール。ひとつずつ終わっていくので、あと少し、、がんばれるかな〜。

さて、ちょっと前ですが、マダムのお料理教室に参加してきました。

この日のメニューはラザニア。

d0034609_20400318.jpeg




d0034609_20361167.jpeg
春のモノトーンもいいですね。

前菜2種はどちらもフルーツを使ったもの。

d0034609_20370744.jpeg
生ハムと柿。これは日本でもできますね。美味しい。


d0034609_20373047.jpeg
フェンネルとオレンジのサラダ。

ラザニアも2種類つくっていただきました。普通のミートソースと、ラディッキオをはさんだほろ苦いラザニア。
ワインを3種類も用意していただいたので、そちらに気をとられてしまいお料理画像がほとんどないという失敗を犯してしまいましたが、かろうじて取り分け後のラザニアの写真。


d0034609_20481056.jpeg
ラディッキオの方。さっぱり。後にお肉料理が続くなら(!)、こちらの方がいいかも。

d0034609_20483001.jpeg
ミートソースバージョン。

で、このミートソースがとっても美味しかったのです。聞けば、まずミルポワをつくってから牛ひき肉を1キロ、それから赤ワイン1本を投入して水分が飛ぶまで煮詰め、その後トマト缶2キロを入れて煮詰める、という豪快なレシピでした。
大量にできるので、パスタを茹でる用の鍋などの大鍋でつくる必要がありますが、数回は使える量ができます。

我が家では、いつもケチャップなどを入れて「なんか違う」というできばえなのですが、このレシピの味は夫とP子も好きかも、と思いつくってみたところ、予想以上に大好評でした。余計なものを入れないのがいいのかも。

ミートソースは、一応ラザニアの分量を取り分けて冷凍したました。ラザニアって、ほかにもホワイトソースが必要でまだまだハードルが高いのですが、そのうちつくってみようと思っています。







by suna-chan | 2019-03-01 20:58 | Days in Geneva | Comments(0)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る