人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

P子近況

d0034609_16312033.jpeg


今朝の原っぱ。
今週は天気予報で雪マーク、気温も低くて冬一番の厳しい時期になりそうです。


週末、P子は二日連続でお呼ばれでした。
どちらのおうちにも小学生になるかならないかの小さい女の子たちがいるのですが、彼女たちにP子、大人気です。結構辛抱強く小さい子の相手ができて、それは私から見ても偉いと思う。。
土曜日に行ったおうちでは、もともとは一番上の子がP子の友達なのですが、午後から夜ご飯までごちそうになり、帰るという段になって、小さい子たちが大泣きしたり、すねたり、なかなか大変だったそう。
日曜日の訪問は私も一緒でしたが、帰り際には5歳の女の子がP子にぎゅっと抱きついて離れず、
昔からP子は年下の女子からモテるのですが、魅力健在といったところでした。

そんな場面を見て思い出したので、久しぶりにP子近況を。。。


最近は、ピアノも英語も、そしてP子は今年度から学校でフランス語の授業が始まったのですが、フランス語も、あっという間に私をに抜いていきそうな勢いです。
ピアノはこちらでは室内楽のコンクールに出ることになり、また日本の先生とのレッスンでも3月に検定試験を受ける予定で(ちょっと負担が大きいのですが、こういうのはお誘いを受けると断りにくく)、どちらかも3月なのでそれまではピアノ優先しようかと。
年齢で見るとまあ標準的なレベルだと思いますが、まだもう少し続けてもらいたいです。

語学は、どこかで急にレベルアップするタイミングがあるかと思うのですが、今がそのタイミングなのかも。英語で帰納法と演繹法の違いを勉強していて質問されたのですが、私は全く答えられず。汗。日本語でも無理〜。

他に、チームワークと発想力を鍛えるクラブ活動(説明しにくいんですが、そういうのがある)をしていまして、それもスイス大会が3月にあります。

たぶん、今年度で今が一番忙しい。そして、ここが(まだ帰国が決まったわけじゃないけど))P子のスイス生活の集大成になるのかな、と思っています。疲れがたまりつつありますが、あと少し、がんばれ、P子。




by suna-chan | 2019-01-29 16:53 | Days in Geneva | Comments(4)

魔の山みやげ

この1週間、夫がスイス東部のダボスという街に出張していたので、私もこのチャンスを逃さじと、うちでのごはん会、友だちと外での夕食、と用事を詰め込み、さらには寒さが厳しくなって雪が降ったり、駐車場の水漏れで工事が入ったり(連日朝いちで車を移動させ、駐車場所を探さねばならず)……週末も珍しく連日予定が入って、過労気味の毎日でした。

夫のダボスみやげは、地元名産のくるみのトルテと、こんなパン。


d0034609_04110393.jpeg
Zauberbergbrot、ドイツ語で「魔の山パン」。

ダボスはトーマス・マンの長編「魔の山」の舞台となった場所なのだそうです。主人公ハンス・カストルプが入所する山の上のサナトリウム(結核患者のための療養所)の場所、ですね。


d0034609_04180662.jpeg

早速朝食にいただきました。ケーキのように切り分けてしまいましたが、ドライフルーツとナッツがぎっしり入っていて、お餅のように重たいです。味も濃厚。薄くスライスして、チーズなどを乗せて食べるのが正統かもしれません。

我が家では私しか食べる人がいないようなパンでしたが、サナトリウムがおかれるのにふさわしい、けわしい山奥の味わいでした。







by suna-chan | 2019-01-28 04:23 | Days in Geneva | Comments(0)

レーズンサンド


そういえば冬だし(?)レーズンサンド食べたいなーと思って検索したら、マルセイバターサンドを再現!というレシピを見つけたのでつくってみました。

1回目は手際が悪くて色々失敗。
リベンジの2回目。

d0034609_21453760.jpeg
ラムレーズンをつくり、サブレを焼き、バタークリームを挟み、、、その後もシロップを塗ったりして仕上げます。
再現っていうけどどんな味だっけ?と思っていたのが、食べた瞬間に「あー、確かに!」と納得しました。

日本にいたら絶対買う方がいいけど(笑)、海外で食べたい味が食べられるのは嬉しいことです。

by suna-chan | 2019-01-23 21:51 | Days in Geneva | Comments(2)

大家さん来る

大家さんから、新年の挨拶に行きたいというメッセージをもらい、来週以降は週末に何かと予定があるため、メッセージをもらった直後の今日、うちに来てもらうことになりました。

周囲に聞いても、大家さんとは面識がない人も多いなか、うちの大家さんはマメな人です。

しかし、来てもらうとなれば、やっぱりお掃除を念入りにせざるを得ず、換気扇回り、水回り、そしてテラスの排水溝を掃除してガラスも拭いて、と、、、抜き打ちテストを受ける学生の気分を思い出しました〜。

当日は時間ぴったりの訪問を受け、P子のピアノを披露し、水回りの怪しいところは早速業者を手配してくれるとか(不自由はないけど、いずれ数年のうちには修理が必要になりそうな案件。早い方がいいから、とのことでした)、換気扇のカーボンフィルターは私は取り外し方が分からず放置していたのを、今度替えのフィルターを持ってきて変えてくれるとか。家を点検してお茶をお出しして、、、の午後でした。

でもまあ、たまにはこういうことがあった方がいいですね。次回の訪問までに、まだもう少しキッチンを磨かなくては…。




by suna-chan | 2019-01-20 00:46 | Days in Geneva | Comments(2)

Cafe du Bourg de Four

友達とショッピングに行きました。
実際にすぐ買うわけじゃないけれど、友達が購入を検討中で見たがっていたので高級時計を色々と。
ウィンドウならぬ妄想ショッピングといったところでしょうか。

日本だと、デパートの時計売り場のようなところで、いろいろなブランドの時計が一度で見られますが、こちらではそれぞれのお店を巡ることになります。
入ってすぐカウンターに案内されるお店も多く、あまり気軽には見せてもらえません。

それでも、いくつかのお店を回りました。

d0034609_00530959.jpeg

画像はほとんどありませんが、友達がチェックしていたルイ・ヴィトンのタンブールという時計。発売から15周年で、限定フォルムの時計も出ているそう。ベルトが気軽に変えられる仕様になっていました。時計はすべてジュネーブで製造しているのだそうで、帰国の記念に買うのにいいかも。ベルト、フェイスの色が選べるので、こういう組み合わせでもいいし、替えのベルトを買ってもいいし〜、と二人して妄想が止まらない〜。
こういうハイブランドは観光客慣れしていて入りやすいけれど、逆にロレックスを見られるようなお店には入れずでした。

遊びながら、積もる話もして、お昼時を過ぎてから遅めのランチ。



d0034609_01265632.jpeg
Cafe du Bourg de Fourというお店。じゃがいも料理のロスティ(スイス料理、なのかな? ポピュラーなメニューです)が名物だそうです。

お料理はシェアすることにして、日替わり(ローストビーフ)とロスティのハムチーズ目玉焼き乗せにしました。


d0034609_01295428.jpeg

d0034609_01301943.jpeg

日替わりのサラダとメイン。20フラン。

d0034609_01284159.jpeg

千切りのジャガイモを焼いた上に、こんなトッピング。
確かに、ジャガイモが外はカリカリ、中はしっとり、チーズとハムが多すぎないので味のバランスが取れていました。なるほど。

どちらも美味しかったです。
店内もカフェっぽい雑多な雰囲気があり、観光の途中で立ち寄るのにも良さそうなお店でした。

普段から遊んでいるわけじゃないけどね、と言い訳しつつ……、たっぷり遊んだ1日でした。



by suna-chan | 2019-01-16 01:46 | Days in Geneva | Comments(0)

ガレット・デ・ロワ

学校再開の1週間は、なかなかにハードでした。

d0034609_17564848.jpeg
雪が降りました。翌日はうっすら歩道に残る程度でしたが、夜中に解けたのか、道が凍結してツルツルでした。


d0034609_17572819.jpeg
買い物に行ったら見つけてしまったガレット・デ・ロワ。
12月からの飽食が続いて、なぜにまたガレットなんでしょう〜、と泣きながら(比喩ですよ)購入。
今年は王道のアーモンドクリームにしました。


d0034609_19185291.jpeg


フランスでは人口と同じくらいのガレット・デ・ロワが消費されるそうですが、このお店だけでもフェーブの種類が7個も。

そして今年も大人気なく(といっても、切り分けたケーキをもらっただけで、狙ったわけじゃないんですが)、またフェーブを当ててしまった私でした。王様のフェーブでした。
P子ががっかりしていて、ちょっと済まない気持ちに…。

山にもようやく雪が積もってきて、P子は今日は学校でスキーです。




by suna-chan | 2019-01-11 19:26 | Days in Geneva | Comments(0)

ジョンクシオン

新しいiPadが届き、ようやくインターネット環境が元通りになりました。iCloudのおかげでデータのバックアップが取られていて、壁紙まで復元され、閲覧中だったウェブページまでそのまま残っていて、、すごい。本体よりもデータの方が貴重なので、これには本当に助けられました。

さて、お正月は、元旦こそヨーロッパらしい曇天でしたが、その後はカラッと爽やかな快晴が続いています。
2日にはP子より数歳下の女の子が遊びに来ました。友達の家に遊びに行くのは人生で2回目で、とっても楽しみにしていたと聞いて、ちょっとびっくり。任天堂のスイッチでゲームをしたり、公園で遊んだり、少し勉強もして、夕方からはお迎えに来たママと私でワイン→そのまま夕食、となり(夫は伏せっていましたが💦)一日遊んでお正月らしい日となりました。

そして今日はP子と二人で散歩。
ローヌ川にアルブ川が流れ込む地点ジョンクシオンを見に行きました。

d0034609_03081600.jpeg
白濁したアルブ川と青いローヌ川のコントラストが有名なのですが、季節によって色が違って見えるそうで。手前がアルブ川で、ちょっと色が違いますが、あまりよくわからない。。。

d0034609_03083764.jpeg



d0034609_03130305.jpeg

合流点の少し下流に橋が架かっており、上まで行ってみることにしました。

d0034609_03145214.jpeg
こんな道を登ります。時々ランナーや散歩中の人とすれ違いました。


d0034609_03161513.jpeg

登って降りて、坂は結構な傾斜です。

d0034609_03171448.jpeg
橋の上に着きました! 横は線路。


d0034609_05355781.jpeg
見下ろすと、川はこんな色合いでした。うーん、もうちょっとくっきりした色目を期待していたのですが。

また違う季節に来てみようかな。

風は冷たかったものの、気持ちいい散歩でした。




d0034609_05394324.jpeg
近くには小さな動物園がありました。

d0034609_05410894.jpeg



d0034609_05401249.jpeg
ニワトリやヤギ、ヒツジなど、見慣れた動物ばかりでしたが、いい気分転換になりました。









by suna-chan | 2019-01-05 05:43 | Days in Geneva | Comments(2)

明けまして2019

d0034609_02345672.jpeg


新年明けましておめでとうございます。
旅行後に夫が体調を崩して寝込み、大掃除もおせちもほとんどできずに終わりました。P子だけ、熱心に自分の部屋を片づけて、漫画などを潔く手放すのに内心びっくり。引っ越しの時はほとんど持ち帰れないからね、と常々言っているせいでしょう。

トップ画像の花瓶、もしかしたら自分の持ち物で一番好きかも?と思う花瓶にバラを生けました。華やかすぎて花がいらない花瓶なんですが、バラを見るたびに気持ちが華やぎます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆さまにとって良い1年となりますように。



by suna-chan | 2019-01-02 02:34 | Days in Geneva | Comments(4)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る