<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出遅れた(汗)

P子の学校から業務連絡が来たので、サイトにログインしたついでに、放課後の課外活動に申し込もうとしたら、、希望のクラブはすでにキャンセル待ちになっていました💦。

当初の計画だと、習いごとが週4つ入ることになり、多いかな、回らないかな、と迷っていたのが悪かった。。。
コミュニケーションと問題解決を学ぶチーム活動のクラブだったのですが、去年は定員割れていたのになぁ、、。

というわけで新年度が始まる前から出遅れてしまいました。

私の歯医者、フランス語の授業、そして車のメンテナンスも9月中に予約入れなきゃいけないんですが、それも何もしてないし。
自分のやる気のなさを目の当たりにしております。。




[PR]
by suna-chan | 2018-08-29 01:46 | Days in Geneva | Comments(0)

ピアノの先生を変える

d0034609_21165412.jpeg

ジュネーブからよく見える大きな岩山、サレーブ山に登りました(車で)。噴水がよく見えました。


P子の学校は来週からですが、地元の学校は今週から新学期が始まっているようです。
去年は夏休みを持て余して新学期が待ちどおしかったけれど、今年は、また早起きしてお弁当を作ったり送迎するのか、と思うと、憂うつ。。。


さて、新学期に向けて、P子のスケジュールを組み立てなくてはなりません。
ピアノはこれまで、日本でお世話になっていた先生にスカイプでレッスンをお願いしてきました。海外在住経験がある先生で、P子の抱える苦労や悩みにも寄り添っていただいてきましたが、最近はP子にちょっと気の緩みが見られ、また、せっかくならば外国人の先生に教わるのもいいのではないか、と決心したのが7月のことでした。


しかし、知り合いが習っているのは日本人の先生だったり、また大きな音楽学校に問い合わせたところ、「英語で教えられる先生はいるが、音楽理論のグループレッスンはフランス語でやるのでわからないと困る」 と言われたり、公民館の音楽クラスには英語で教えてくれる先生がいると聞いたものの、空きがある先生に英語のメールを送ってもなしのつぶてだったり、、、。
また、日本の先生には、1年間お休みさせてくださいと申し出たところ、かなりショックを受けられてしまったようで、、、あちらもこちらも、思った以上に苦労しましたっ。

結局、個人レッスン仲介サイトで見つけた東欧系の音楽学生さんにお願いすることにして、今日がお試しレッスンでした。
小柄で可愛らしい先生、みっちり1時間レッスンし、終わると次の用事があるとのことで、ささっと帰ってしまいました。慣れないことなので、一応お茶の用意をしていたけれど、あっさりの方がやりやすいかも(^^)。

レッスンについては、テクニックを教えてくれる、という感じでしたが、教わるのは短期間でしょうし、こちらできちんとした教室に通ってしまうと、また発表会などにも時間が割かれてしまいますので、この先生の下、細く長く続けられればベストだと思っています。

目先が変わることで、P子のやる気がアップするといいんですけどね。学校の課外活動なども取る予定なので、忙しくなりそうです。



[PR]
by suna-chan | 2018-08-27 22:15 | Days in Geneva | Comments(0)

そろそろ平常運転

先週のキャンプでは、トレッキングやカヌーはしなかったものの、湖にボートを浮かべて遊んだり、レーザーゲームやインドアでのスカイダイビングを経験したり、目一杯遊んだP子。夜はぐっすり寝て、日焼けもして、夏らしい日々を過ごしてました。

その前後も、我が家にしては珍しく週末ドライブなどに出かけていますが、そろそろ勉強も再開です。

キャンプの間、「勉強しなさい」を禁句にしてみたのですが……。いや、何度か言ってしまいましたが、無理強いしないでいたところ、なんと本当に全然、一度たりとも勉強をすることなく1週間が終わってしまいました。。野外活動がこの週の勉強、読書もしているし、とは思ったものの、正直がっかり。勉強の習慣づけ、多少はできているのでは、と思ったけれど甘かったなぁ。


さて、月曜日。まずは理科からお勉強。

日本の学校で何をどう教えているのかわかりませんが、通信教育ではヘチマの花びらが5枚だとか、昆虫の身体のつくりなど、何やらいろいろ覚えなくてはなりません。しかし、ヘチマを見たこともなければ昆虫もやや苦手、さらにはレタスとキャベツ、カットして調理されれば葉物とピーマンだって見分けがつかなくなるP子に、こんな知識を教えて何になるのだろう、と思うことも多々あり。教えながらもジレンマを抱えていました。

さらには、7月、ちょうど川に遊びに行った翌日に、川の流れについての単元を勉強したのですが、S字に流れる川の内側と外側のどちらが速いか、などを覚えさせる段になって、ちょっと無理を感じ、ここは勉強面では後れをとっても実体験を積ませた方がいいのでは(なんといっても自然の豊かなところに住んでいて、かつ理科のテストで成績を競うような環境にはないので)、などと思ってから、1カ月、理科をやめていました。
代わりに、星座のアプリ(Star Walk 2)を入れて夜空にかざし、夏の大三角など星を探したり(これ、すごく楽しい! 私は初めて火星がわかりました)、NHK for Schoolのサイトで「香川照之の昆虫大好き!」の最新話(カブトムシの完全変態)を観たり。


d0034609_04430712.jpeg

7月に遊んだのはこんな川。私も都会っ子で、P子くらいの時に流れに関する知識なんてなかったなー。大人の目で見ると、淵やら流れの速いところが見えてきますが、P子に画像を見せて説明しても、ピンとこない様子でした。ちなみにこの日P子はモンシロチョウを捕まえて大興奮でした。


そんな夏を終えて、また座学に戻ったわけですが、まあとりあえずはあまり嫌がらずにやっていたかな。

この1カ月、いろいろ遊び、それが体系だった知識までにはなっていないと思いますが、そして、学校や受験などのテストには間に合わないかもしれませんが、長い目で見よう、と自分に言い聞かせています。。。




[PR]
by suna-chan | 2018-08-22 04:19 | Days in Geneva | Comments(2)

デジャヴ

d0034609_01365750.jpeg
チューリヒ夕景。
ジュネーブからチューリヒまでは車で3時間。
先日スイス東部を旅行した時に拠点とし、少しだけですが観光もしました。

ジュネーブより大都市ですが見所はさほどなく、有名なのはシャガールのステンドグラスがある教会、って1週間前にランスで見たばかりですが!?と思いながらも鑑賞に行きました。

ここのステンドグラスは撮影禁止でしたが色ごとに5枚あり、どれもシャガールらしい筆致でした。

そして広場に出ると、


d0034609_01363939.jpeg
あ、逆さまの象(像)が!

これもまた1週間前にポメリーのセラー見学の時に見たものでした。
セラーではなく、エントランス入ってすぐのロビーにあったのですが、見た中でも一番印象に残った作品でした。

気になったので製作者の名前をチェックして帰宅し、調べてみたところ、スペイン出身の有名な芸術家のようです。この象も、NYのユニオンスクエアなどあちこちに出没しているそう。

彼の代表作として挙げられているのが、ジュネーブの国連本部人権理事会の天井と知り、またもびっくり。


d0034609_01583823.jpeg
ちょうど1年前に見学に行った場所でした。ジュネーブの国連本部の観光スポットになっているのです。モワモワとした造形が、この作者の持ち味なのでしょう。

ランスは、シャンパンのほかは藤田嗣治の礼拝堂を目的に行ったのですが、ちょうどこの時期届いたニュースメールで、今年は彼の没後50周年に当たるそうで、東京で回顧展が開かれていると知りました。

ジュネーブには大きな美術館がなく、観劇やコンサートも含め芸術とはあまり縁のない日々を送っていますが、こんなデジャヴがあると、やっぱり普段からいろいろと見ておかなきゃ、と思います。



[PR]
by suna-chan | 2018-08-17 02:08 | Days in Geneva | Comments(0)

おもちゃのリサイクル

d0034609_17371305.jpeg

家の近くに、こんなボックスがあります。

いらなくなったおもちゃや本を入れておくと、欲しい人が持っていく、というシステム。大人用の物もありますが、子ども用品が多いかな。


d0034609_17553736.jpeg
画像を撮ったときは、ぼろぼろの本や文具、子どもの服まで突っ込まれていて、ちょっと……ですが(衣類のリサイクルボックスは別にあります)、結構物の入れ替わりがあり(特に夏)、皆さん活用しているようです。

この夏は何度か、P子がもう使わなくなったおもちゃを持っていきました。
レゴは分解して元の箱に入れ(我が家の場合、レゴはつくったらそれで終わりです。その後全然遊ばない)、未使用の風船が100個くらいあったのでそれも、あと音の出るぬいぐるみなども(これも、ほぼ未使用状態のものがいくつか)、夫がきれいに透明な袋でラッピングして持って行ったところ、無事なくなっていました。
持っていく人、いてくれてよかった……。
ぬいぐるみはフィレンツェで買ったイノシシや、モロッコ土産のラクダ、国連のお土産物のクマなどでしたが、記念に買った/もらった時は喜んでいたから、その後遊ばなかったら潔く手放してもいいのかな、などと思いました。

棚は、いつも割ときれいなんですが、きっと定期的に整理や処分をしているのだと思います。たまに、どうみても誰も欲しがらなさそうなものもありますが、でもだいたいは再利用されているんじゃないかな。

我が家も、こちらでの生活が丸2年となり、物がたまってきました。少しずつ片付けなきゃ、です。


[PR]
by suna-chan | 2018-08-15 17:57 | Days in Geneva | Comments(0)

夏を遊びつくす

猛暑が収まり、雨から始まった月曜日。
今週P子はデイキャンプの予定が入っていて、毎日日帰りであちこちで遊んでくる予定です。私も久しぶりに目覚ましをかけてお弁当をつくりました。
カヤックやトレッキング、レーザーゲームなどをするそうで、いっぱい動いて楽しんできてくれますように。

パリから帰って来た後も、チャンスがあってスイス国内を少し旅行(ハイジの里、マイエンフェルトに行き、その後は足を延ばしてリヒテンシュタインまで)、今年の夏は遊び倒しています。

去年は、来客が2組あったほかはほとんど旅行もせず、P子はひたすらユーチューブでドラえもんとサザエさん、あと有名ユーチューバーの動画を見ていた記憶しかないのですが。。。

で、今日は自由時間を手に入れたので、めちゃめちゃ久しぶりに手ごねでパンを焼きました。が、うーん、何かが違う💦。今週の貴重な時間を割いて、リベンジしようか迷い中。

今週が終われば、あとはビッグイベントもなく、P子の勉強をかたづけて夏休み終了、かな。夏の終わりが見えてきました。

ではでは、また。






[PR]
by suna-chan | 2018-08-13 21:58 | Days in Geneva | Comments(0)

シャンパンの街へ

パリからTGVで45分。向かったのはシャンパーニュ地方の中心都市ランスReimsでした。

いつか、シャンパーニュ地方を回ってみたいと思っていたのですが、P子と二人旅をしても、P子は喜ばないだろうし、私も運転があると飲めないし。。で、今回、少しだけ行くことにしたのでした。

d0034609_03501183.jpeg
歴史ある街並み。このノートルダム大聖堂などは世界遺産に登録されています。


d0034609_03503744.jpeg
シャガールが手がけたステンドグラス。


どこのメゾンを見学するか(=飲みに行くか)迷いましたが、街中からほど近く、古いセラーが見られ、かつ、現代アートも展示してあって、子どもも楽しめそう、という理由でポメリーを選びました。


d0034609_04595210.jpeg
英語で1時間のツアーに参加。

d0034609_03513720.jpeg
長い階段を下りて、セラーへ。

d0034609_03515838.jpeg
暗くて、あまり綺麗に画像が撮れませんでしたが、一年を通じて気温が10度に保たれているそうです。


d0034609_05052315.jpeg

セラーには現代アートの作品が点在していて、子どもたちもちょっと興味を引かれていた、かな?(汗) あまり印象に残る作品はありませんでしたが……。


d0034609_03522497.jpeg
ヴィンテージワインの収納庫。一番古いシャンパンは1本6000ユーロ、とか。

解説を全部は聞けませんでしたが、シャンパンの甘い口当たりはお砂糖が入っているため、というのはちょっと驚きでした。


d0034609_03524471.jpeg
見学の後はお待ちかねの試飲タイム。
普通のとヴィンテージと飲み比べができるコースを選んで申し込みましたので、

d0034609_03530429.jpeg
子どもたちはフルートグラスでぶどうジュース。とっても濃い(甘い)ジュースで美味しかったそうです。

シャンパンは飲み比べてみたものの、そんなにはっきりと違いがわかるほどではなく、自分の舌にちょっとがっかり……。でも美味しくいただきました。


d0034609_03540573.jpeg
もう一か所、行きたかったのが藤田嗣治が最晩年に手がけたフジタ礼拝堂。

ジュネーブに来る直前、フジタの生涯を描いた映画を見たり、展覧会に行ったりしたので、是非来ようと思っていたのでした。
内部は思ったより小さく、日本人は私たちだけでしたが思った以上に見学者が多く来ていました。中は一面にフレスコ画が施されていて、シャンパンメゾンのパトロンがいてこその教会なのですが、職業(商業)画家としての気概も感じられ、行ってよかったです。そして、もっと日本で評価されてもいい画家だと改めて思いました。


という具合に一日ランスを満喫し、重たい、とわかっていたけど、やっぱりここはシャンパンを買って帰らなくては。

駅の近くで偶然入った酒屋さん。若い男性が接客をしていたのですが、どれを買ったらいいか相談に乗ってもらいました。

ヴィンテージシャンパンのコーナーがあったのですが、「その辺のシャンパンはどれも日本でも買えるから」と言われて深く納得。

そして、好みを伝えて小さなメゾンのシャンパンを選んでもらい、P子の生まれ年もヴィンテージに当たるという話だったので、その年のシャンパンも2本。

P子が成人したら開けようかな。それまでもつかわかりませんが(品質的には長期保存可、とのことでしたが、まだ引越しもあることだし、、、ねぇ)、飲んでみるのが楽しみです。

d0034609_05245513.jpeg
パリで買ったお土産とともに。




[PR]
by suna-chan | 2018-08-08 05:43 | 2018夏 パリ | Comments(0)

シャンパングラス

d0034609_05440357.jpeg
パリから戻ってきました。
今回は、またもや健康診断、そして3家族で遊んだほかは、パリはほとんど観光せず、1日だけ日帰りで(ジュネーブからの友人ファミリーと一緒に)シャンパンの街ランスというところに行ってきました。

画像は、パリに行くたび、しつこく訪れているビストロでの1枚。
スパークリングワインを2杯頼んだのですが「今スパークリング用のグラスが出払ってひとつしかないから」という理由で!、スパークリングを1杯しか出してもらえませんでした。
ほんの数ユーロのグラスワインなのに、しかもワインはあったのに、、びっくり。
グラスだけでそんなに違うのかな、、これまで、スパークリングワインやシャンパンを飲む時に、あまり深く考えたことはありませんでしたが、飲む時に、ちょっと気をつけてみようっと。

そんなわけで私はこの時白ワインにしたのですが、よく冷えていて量もたっぷり、美味しくいただきました。


日本ほどではありませんが、ヨーロッパも今年は暑い日が続いています。家にエアコンがないのと、日没が遅いので夜まで気温が下がらず、著しく能率が落ちている、、、。夏だから、そんなものですかね。


ではではまた。


[PR]
by suna-chan | 2018-08-06 06:01 | 2018夏 パリ | Comments(0)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧