人気ブログランキング |

あんず干し

d0034609_16302410.jpeg

ウィーンからのお客さまにお土産でいただいたのが、お手製の梅干しならぬあんず干し! すごいなぁ。私は梅干しづくりはまだやったことがありません。
食べてみると、ふんわりあんずの味がしますが、これはこれで美味しい。
っていうか、梅干しってやっぱり梅味だったんですね。
最近P子が梅干し好きになったので、この少し甘い味を喜んでいます。




# by suna-chan | 2019-07-17 17:00 | Days in Geneva | Comments(0)

夏休み第2週と最後の!?お客さま

7月第2週、P子は毎日日帰りでデイキャンプに行っていました。
元気に身体を動かし、色々な体験をさせてくれるキャンプ。
今年は去年よりハードな内容だったそうで、初日はスカッシュと水泳で疲れきって帰ってきてちょっと心配しました。が、その後はボーリング、カヤック、インドアスカイダイビングなどを体験してきました。

私はその間、お出かけや片づけをしたかったのですが、税務署2回、領事事務所で在外投票、引っ越し業者さんの資材搬入、、など、ほぼ連日予定が入ってしまい、やりたかったことは消化不良で終わりました。

そして週末はお客さま。
ウィーン時代にお世話になったご夫婦です。

ジュネーブの市内をひと通り案内し、湖のほとりのレストランで会食。
d0034609_04302494.jpeg



d0034609_04444771.jpeg

Restaurant la Perle du lac というお店。雰囲気もお料理も良いところでした。
私は仔牛のステーキにしましたが、お肉の焼き加減もソースも満足行く味でした。


翌日は、湖沿いをちょっとドライブしてヴヴェイに行きました。
チャップリンの博物館。人生の後半生を過ごしたお屋敷が博物館になっています。
私は最近P子と一緒に『ライムライト』を見たくらいで、詳しくは知らなかったのですが、大スターであり、政治家や音楽家、科学者など多方面の人との交友があり、真摯に映画づくりに向き合った人であり、、偉大さが伝わってきました。

ちょうど今年が生誕130年で、世界のあちこちで(日本でも)チャップリンの劇などが上演されているそう。ご夫妻は芸術家なので、そんなこともご存じで、予想以上に喜んでくれてよかったです。

館内のあちこちにろう人形が置かれているのですが、

d0034609_04304712.jpeg
アインシュタインがバスルームにいたのには驚きました。洗面台の鏡には来館者は映らず、みんなでのぞき込む、の図。




d0034609_04312536.jpeg
ランチはフォンデュ、馬の干し肉など王道のスイス料理を。
ヴヴェイの La Mazot というお店でしたが、ここはフォンデュも干し肉もサラダも優しい味で(特にフォンデュは全然チーズ臭さもアルコール臭さもなく)、かなりの穴場でした。

この小さな街には、世界的企業ネスレの本社があり、博物館などもあります。


d0034609_04315070.jpeg
レマン湖にフォークが刺さっている場所は人気の撮影スポット。

昔、語学学校で一緒だったスペイン人のおじさんが、このフォークに突き刺される写真を撮って見せてくれたのを思い出し、みんなで刺されている写真を撮りっこしました。

いや、私いつもはそういうことしないんですけどねー。楽しかったです。





# by suna-chan | 2019-07-16 07:00 | Days in Geneva | Comments(2)

ロンドンの本屋さん

ロンドンに行くと必ず寄るのがフォートナム&メイソンですが、その隣に、イギリス王室ご用達という本屋さんがあります。
今回は少しP子の本を買って帰ろうということで、ここに初めて入ってみました。
ハッチャーズ。



d0034609_18055528.jpeg
格調高い入り口。


d0034609_17360296.jpeg

狭い店内に、本がぎっしり並んでいます。隅々まで美しいのが好印象。

流石に時代の波には逆らえず、ここも大きな書店に買収されているようですが、文化遺産として保全してもらいたいですね。


児童書のコーナーは、クラシックなタイトルがずらりと並んでいました。メアリー・ポピンズとケストナーとか。

P子が、インターの同級生が来年度にミュージカルをする予定の「ジャングルブック」を読みたがっていたので、店員さんに聞いたところ、何種類もあってびっくり。人気なんですね。



d0034609_18061141.jpeg
他にもロアルド・ダールの本を選び、階段を降りて行ったら、踊り場にベアトリス・ポターのコーナーが。
ピーターラビットの絵本シリーズ、ここの本屋さんで限定バージョンを出しているのだそう。好評につき増刷、みたいな広告が出ていました。
P子はピーターラビットにはさほど興味を示してこなかったのに、ここでは座り込んでしまい……。なぜか「りすのナトキン」を選んで買いました。


d0034609_05081356.jpeg
今回のお土産。ナショナルギャラリーに行ったので、グッズ少々と、本、そして期間限定ニワトコのお茶。
荷物を増やせないので、これが限界ですが、十分に満足でした。




# by suna-chan | 2019-07-12 06:00 | 子連れで旅行 | Comments(2)

夏休み第1週

夏休み第1週は、ほとんど予定がなかったのですが、インターのお友達に声をかけてもらって2日連続で午後中遊んだ後、週末は遠方のお友達がP子送別会を兼ねたプレイデートを計画してくれました。
「一日中遊びたい」という子供たちのリクエスト通り、朝から晩までを覚悟して、と言われました。

かんじんのP子は土曜日は補習校だったため、みんなには遅れて合流。お迎えには午後9時ごろ来てね、と言われたので「ほとんどお泊まり会だね」と言ってしまったら、
「そうね、ほんと、P子に泊まってもらおうかしら!」とお返事されてしまい、冗談のつもりが本当に泊まることになってしまいました。

お庭でバドミントン、トランポリン、その後はニヨンのプールに行ったそう。


d0034609_04364805.jpeg
湖に面したプールだったそうです。壮観!

ここ、公営のようですが、人気の高いプールだそうです。ジュネーブからニヨンまでは車で30分ほどかかるので、今まで知りませんでした。

この日は昼すぎに雷雨があったので空いていたそうです。シーズン中は駐車場が満車で入れないこともよくあるとか。

今回、女子4人で夜遅くまで遊んだのですが、そのうちの一人が自分は養女だとカミングアウトしたそう。育てのご両親はとても明るいいい人たちなのですが、その女の子は実の親に会いたがっており「18歳になったら会えるんだ」と楽しみにしているそうです。

P子、これまでそういう話を直接体験者に聞いたことはなく、かなり驚いたようでした。学校だけでは、なかなかそんな深い話までできないもんね。。。
そんな話も含め、忘れがたい週末になったようです。





# by suna-chan | 2019-07-09 05:00 | Days in Geneva | Comments(0)

ロンドン再び(食事編)

ロンドンでの楽しみは食事です。

今回は2泊でした。初日の夕食は飲茶。
d0034609_17345348.jpeg
Ping Pongというお店に行きました。今風のお店。
P子がスペアリブを気に入って、ほぼ独り占め。私は蒸したブロッコリーと青島ビールの中瓶(初めて見た!)で満足でした。ホテル騒動があったのでぐったり〜食欲なかったです。


翌朝は、散歩して見かけたカフェへ。

d0034609_17353036.jpeg

P子はパンケーキ。

d0034609_17351059.jpeg
私はコンチネンタル。
クロワッサンも甘いパンも、フランスやオーストリアの方が美味しいですが(やっぱりトーストにするべきだったかな)、このプレゼンは可愛い。

ここから「もしかして、このアフタヌーンティー用のトレー(こちらではケーキスタンド というそう)結構使えるかも?!」とP子と盛り上がってしまい、その後いくつかお店を見たりもしました。
これと思う物には出会わず、買いませんでしたが……引っ越し中なのでよかった、と言うべきかな。


そして、日曜日の午後遅くには、ローストビーフを。

前回来たときに、「サンデーロースト」といって、日曜日の昼間にはローストビーフを格安で提供するお店があるのを知って、是非行ってみよう!と思ってました。
P子の用事が終わったのが午後3時半。レストランの予約は午後4時だったので直行しました。

行ったのはHawksmoorというお店。



d0034609_17593588.jpeg
出てきたのがこれでーす。
お肉の後ろは、ヨークシャープディングと言って、シュークリームの皮のようなもの。

添えられてきたグレイビーソースと一緒にいただきます。
かなりのボリューム。でもお肉がしっかり赤身で、でも固くなく、とても美味しい。
P子は特にお肉とソースが気に入って、キッズメニューをほぼ完食しました。

食後は、

d0034609_18085927.jpeg
名前を忘れてしまいましたが、キャラメルトフィープディング、だったかな? 手つなぎおにをキャラメルトフィーとか呼ぶらしく、P子が食べてみたがったので、ひとつ頼んでみました。
あったかいソースがプディング(フォンダンショコラみたいなケーキ)の上にかかっています。
さすがに私もP子も少し食べただけでギブアップ。食後に食べるものじゃないでしょう〜。

このサンデーロースト、前日の飲茶と金額的には同じくらいでした。かなりコスパがいいです。

ロンドン、選ぶのに迷うくらい各国料理のレストランがあって、「イギリスは美味しい」が私とP子の結論でした。







# by suna-chan | 2019-07-06 19:00 | 子連れで旅行 | Comments(0)

ロンドン再び(トラブル編)

週末はP子と二人、またもや所用でロンドンに行ってきました。
ロンドンへの飛行機は夕方の便だったのですが、午後になっていきなり、ホテルを予約した旅行サイトから「クレジットカードが使えません。2時間以内に別のカードを登録してください」というお知らせがあり、別のカード情報を入力したのに、ジュネーブ空港で待ち時間中に「予約はキャンセルされました」のお知らせが!

ホテルに電話をしてみるも、すでに手遅れで、慌てて探してみるも、夏休み初日だったのでほとんどの宿は埋まっているか、猛烈に高いか……。
予約サイト経由ではなく、直接ホテルに予約できるところを探し、ロンドンはあまり土地勘もないので知っている場所に限って(つまり都心部)、なんとか搭乗前に宿を確保しました。

あー、クレジットカードトラブル、あるあるです。

当初予約していたホテルは前回と同じ宿だったのですが、携帯やタブレットの充電が、プラグを使わず(イギリスとヨーロッパ大陸ではプラグの形が異なります)、部屋にUSBのジャックがあって直接充電できました。

で、今回もそのつもりだったので。アダプターを持っていかなかったのです。
バッテリーはひとつ持っていて、携帯だけなら3日分くらいはなんとかなりそうだったのと、P子のタブレットを充電しても、今ハマっているコナン三昧になるのが予想できたので、省エネ旅行にすることに。

ちょっと地図を見るだけでもかなりバッテリーを使ってしまうのでストレスがありましたけれど。


d0034609_21012432.jpeg
今回は結構バスに乗りました。いつも二階の一番前を目指してしまう典型的なおのぼりさん。でも楽しい。


大陸は猛暑ですが、ロンドンは快適でした。




# by suna-chan | 2019-07-03 22:00 | 小さな旅 | Comments(0)

学業、終わり!

金曜日の正午に学校終了しました! 3年間、お世話になりました。

出迎えのとき、P子はちょっと涙ぐんでいました。最後に友達から送別のプレゼントとかお手紙をもらったそうです。
最近は連日のように「あと1年(来年が小学校の最上級生なので)いたかったな」と言われていますが、まあ仕方ないよね。。それだけ名残惜しい学校生活が送れてよかったね。


お昼ごはんは、そのまま帰宅してもつまらないので公園でパンを食べました。

ちょうどローカルの学校の子たちもお昼休みだったようで(こちらはランチタイムは2時間あって、一度帰宅してご飯を食べるのが一般的)、ピクニックをしている人が多かったです。


d0034609_21455078.jpeg

水遊びしている子が多数。水風船、水鉄砲、ペットボトル、、とにかく元気に走り回っていました。私も水をかけられた……。


というわけでこちらは夏休みシーズンに入ります。

皆さまも良い週末を!




# by suna-chan | 2019-06-29 00:00 | Days in Geneva | Comments(0)

TGV ランチ

ヨーロッパ、猛暑の1週間という予報です。今日のジュネーブは34度くらい。エアコンがないのと日没が午後9時半くらいなので遅くまで暑いのが難点。

さて、先日のパリの話の続き。
温暖化対策、また渋滞緩和策として、ヨーロッパでは最近鉄道が見直されつつあるそうです。夜行列車も復活する傾向があるとか。

ジュネーブとパリ間は、一番便利なのは鉄道です。で、今回、最後だし、というのでTGVの一等車限定のランチを試してみることにしました。

d0034609_23223042.jpeg
飛行機の機内食に似てるかな? パリを出て間もなく、こんなメニューとおしぼりが配られます。


d0034609_23203280.jpeg
飲み物、パン、とサーブされてからの、前菜。甘めのトマトソース味のペースト。結構美味しい。



d0034609_23204891.jpeg

私のメインは、盛りつけが崩れてしまっていますが、ラム。ポレンタ添え。ソースが凝っているのがさすがフレンチ。


d0034609_23211252.jpeg
デザートはさっぱりとグレープフルーツにしました。

飛行機では食事するほどの時間はありませんから、列車ならではの付加価値の付け方かもしれませんね。ネットがつながるから仕事もできるし。

社会科見学気分のランチでした。




# by suna-chan | 2019-06-28 00:00 | 小さな旅 | Comments(0)

修了証書

私のフランス語の授業は、5月以降すっかり休んでいたのですが、最後の修了証書授与式に先日参加してきました。

地元の自治体主催の講座、年額150フラン(1万数千円)は破格の授業料でした。
当日、クラスメイトから電話をもらい、「子どももいるし、夕ご飯食べさせなきゃだし」などグズグズ言っていたのですが、結局行くことに。

平日の夕方、地元の公民館で。


d0034609_03462545.jpeg
複数のクラスがあり、私たちの先生は不在でしたが、クラスメイトたちには会えました。ひとりずつ名前を呼ばれて証書をいただきました。

ご覧の通り、飾り付けが何もないシンプルなセレモニー。

d0034609_03475267.jpeg
その後、玄関ホールで歓談。
ワイン、りんごジュース、お水、そしてプレッツェルなどがサービスされました。
ワインもジュースもスイス産。注いでくれた人がワインの銘柄の説明をしてくれ、スイス人の愛国心の強さを再認識しました。
スイス、愛国心が強い人が多い気がします。お肉や野菜も、フランスでは買わず、倍以上の値段がするのに「スイス産の方が品質がいい」と断言する人、結構いますし。

ともあれ、久しぶりにクラスの友人に会えて、夏らしいアペロの時間を楽しむことができました。

語学自体は一向に上達しない3年間でしたが、日本でも引き続き勉強しようと思っています。



# by suna-chan | 2019-06-23 05:00 | Days in Geneva | Comments(6)

ポンピドゥーセンター

日々変わらずなので、荷出し前に行ったパリの話を。

今回は、メインの用事がありましたが、ちょっと観光もしました。
初日は10度くらいの寒い日で大雨でしたが、翌日は初夏の良いお天気。

初日、なんとなく行ったギャラリー・ラファイエットの食品館。

奥のワインコーナーに行ってみたところ、高級ワインがずらり。


d0034609_05124017.jpeg
五大シャトーのコーナー。
夫が最近一緒に食事をした人がワインマニアだったそうで、その時話に出てきたキーワードが「五大シャトー」。実物を見られました。
お値段は、数百ユーロから、高いと1万ユーロ以上。マグナムなどの大きなボトルも含めてのお値段でしたが、350ユーロ(約5万円)のワインなら安いね!、と錯覚しそうな価格帯でした。

d0034609_05130266.jpeg
ヴィンテージのシャトー・デュケム。目の保養〜。


翌日は用事を済ませてから、ポンピドゥーセンターへ。


d0034609_05131821.jpeg
近現代アートの美術館。
ルーブルなどと違って空いていました。


d0034609_05135499.jpeg
透明なチューブ状のエスカレーターからはパリが一望できます。きれい。


d0034609_05133667.jpeg
バルセロナ旅行ではスキップしたミロ。もう古いかも?と思っていましたが、全然そんなことはなく。

d0034609_05141320.jpeg
私の大好きなマティス。

d0034609_05153685.jpeg
ルオーの作品も充実していました。こんなにたくさん見たのは初めて。

d0034609_05155307.jpeg
ブルーを使っていなくても、シャガールとすぐわかりますね。


d0034609_15574012.jpeg

ルソー。ちょっと笑いを誘う筆致。作品名を記したプレートには名前に全て「税官吏」と肩書きが書いてありました。

d0034609_05160942.jpeg
もう少し最近の作品もあって、これは舞踏会、といったタイトルの抽象画。色づかいが鮮やかでした。

パリが芸術の都でモンマルトルにピカソたち芸術家が集って、というのは知識としては知っていても、パリの美術館で彼らの作品をじっくり鑑賞する機会はこれまであまりありませんでした。ここは、まさにそんなパリの底力を感じさせる場所! 行ってよかったです。

本当はバルテュスを目指して行ったのですが(夫が)、今回は見られませんでした。

d0034609_05163693.jpeg
パリ、最後に来られてよかった。
d0034609_05165019.jpeg

そう遠くないので、先日火災があったノートルダムまで歩いてみました。辺り一帯は封鎖中で、川の対岸から写真を撮る人多数。
夫に呆れられながらも、、やっぱり気になりますよね。
どんな風に修復されるのでしょうか。



# by suna-chan | 2019-06-19 16:00 | 小さな旅 | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る