滞在許可証(ペルミ)問題のその後

さて、スイスでの滞在許可証(滞在許可カード)が昨年夏に期限切れになり、特に書類などに問題はないと言われつつ、半年以上も更新待ちになっていた問題について。
年末の一時帰国、そして今回のアメリカ旅行の際に、2回ヴィザを取りました。
というのも、日本の航空会社などはチェックが厳しくて、片道切符だと滞在許可証などの提示が求められ、また、ジュネーブと日本間の直行便がないので、ヨーロッパの別の国で乗り継ぐ場合、そこの入国審査が厳しいと(ドイツなど)、許可証がないことについて、厳しく追及されると聞いていたからです。

ニューヨークとの往復にはスイス航空を使いましたが、帰りのJFK空港でも(スイスの事情に詳しいからか)、滞在許可証がないことを問題視され、ビザを見せても「これは有効期間が90日でしょ。そのあと日本に帰るなら航空券を見せて」などと言われ、押し問答に。汗。

結局、万が一に備えて携帯していた、期限切れの滞在許可証を見せ(一度は正式に許可されている、ということですね)、「これは期限切れだけれども、いま更新手続き中である」ともう一度言ったら、「そうそう、これを出してくれればいいのよー」と、あっさり笑顔でオーケーが出ました。。。
というわけで、同じような立場の方がいらしたら、期限切れでも滞在許可証を持ち歩くことをおすすめします。

肝心の更新中のカードは、といいますと、今回の旅行中にようやく届きました!
なんと、、、1年更新のはずなのに、新しいカードは、昨年夏からの2年分のパーミッション!

一応我が家は3年の予定で来ているので、これでもう更新手続きはしなくて済むかな?

しかし、この弾力的な発行はいったいどういうことなんでしょう。
「待たせて悪かったから、2年分出しておくね」ということなのか。
こういうトラブルが起きるのは、同じスイスでもきっちりしたドイツ語圏ではなく、いいかげんなフランス語圏だけ、というような話も聞きますが、真偽のほどは定かではありません。


***

ともあれ、新しい滞在許可証とパスポートを携帯し、フランスに買い物に行った本日、月曜日。
帰り道、田舎道をのんびり走っていたら、後ろに白いポルシェが。
羽つきのスポーツカーだったのですが、これが、いきなり蛇行運転を始めました。
わ、もしかして薬物中毒?! 一本道で逃げ場ないんですけど!

と思ったら、対向車が来るとまっすぐ運転をしていたので、どうやら、空いている道でドリフト走行のまね?をしていただけのようです。しかし、バックミラーで蛇行する後続車を見るのは怖かった。。。

なんとなく、「あー、ジュネーブに戻ってきたー」と感じたできごとでした。笑。


[PR]
Commented by KANAKANA at 2018-04-13 05:44 x
しかし、これだけの交渉ごとができてしまう、流石の語学力ですね。(^.^)
尊敬!

NY満喫されたようで、良かったですね。
P子ちゃんのお誕生日プレゼント、一人前のレディになったということですね。素敵です。
Commented by suna-chan at 2018-04-14 04:41
>KANAKANAさま
ほんと嫌なんですけど必死なので、とにかくがんばって伝えてるという感じです。
スイスに入国するときも入国審査で質問され、こちらはフランス語なので、「私はジュネーブに住んでいます」とひたすら繰り返したり。一度、困り果てて「英語はできますか」と大真面目に審査官に尋ねたら「話せるのはフランス語と、、、日本語だけ、なーんてね! ハハハ」と冗談を言われ、脱力したことが……。お国柄なんだすかね(^^;)。
by suna-chan | 2018-04-09 19:03 | Days in Geneva | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧