上野へ 生命大躍進展

雨の木曜日、上野の国立博物館に行ってきました。目指すは「生命の大躍進」展。

私はノーチェックだったのですが、同世代の子供を持つ友人たちが声をかけてくれて行くことに。
終了後リンクが切れてしまうかもですが、一応リンクを →こちら

生命の誕生後、時代ごとに繁栄、大量絶滅を繰り返し、現在の人類の繁栄に至るまでの壮大な歴史をDNAレベルから解説していて、多少難しいところもありましたが、子供より大人のほうが夢中になれる展示でした。

d0034609_17225651.jpg



d0034609_17231996.jpg



雨だったせいもあってか、かなりの混雑。特別展を見るだけで3時間近くかかりました。外国人旅行者らしき人たちを含む親子連れも目立ちました。

ランチ後も、まだ常設展を見たい、という子供たちの希望もあり、引き続き。
大人同士は積もる話があったので360度シアターを見ませんでしたが、これ、とても楽しかったようです。
その後日本館も見たら、閉館の時間ぎりぎりでした。10時到着だったから、7時間近く?! みていた計算です。
d0034609_17233415.jpg


朝、出発前にP子に「今日行くのはどんなところ?」と聞かれて「恐竜の骨格標本とかがあるところ」と答えたら、「そういうの興味ないんだよねー」と冷たく言われてしまい…、もし私とP子だけだったら、雨だし行くのやめようか、となりそうでした……。でも、そんなP子も実際に見たら感動したようす。ほらね!!と言いたくなるのを抑え、よかったね、と声をかけておきましたー。笑。

特別展では、ほかの子の真似をして、ノートを取ったP子。みんな自由帳など持ってきていて、電車内で読むマンガしかもたせてこなかったのを後悔。お友達がノートをちぎってくれましたが、書きたらなさそうだったので、結局私の手帳に書かせました。


d0034609_18281688.jpg


会場での画像は携帯で撮ったので小さく、この画像だけ大きいのはアンバランスなのですが、P子のメモの写し。メモを取りながら展示を見る、という難しいことにチャレンジしたのだな、と思わせますが(P子がこんな形でメモを取ったのは初めてかも?) イーダ、という4700万年前の霊長類の化石を描いた図。本当にきれいに骨格が残っていて(未消化の木の実まで見える!)美しい標本でした(これも特設サイトに画像あります)。

もう1度行きたいくらいの展示でした。
[PR]
Commented by at 2015-08-25 11:14 x
生命大躍進、ATもずーっと行きたがっているのですが、
「宿題が終わってから」「空いてから」と後回しになっております。
アノマロカリス、すんごく見たがっているのですよね・・・。
涼しくなってきたし、そろそろ行ってみようかな。
P子ちゃんも感激したのですね!連れていった甲斐がありましたね!
やはり子供が喜ぶとこちらも嬉しいですね。

そして田中農園!羨ましすぎる〜!
Commented by suna-chan at 2015-08-26 14:37
>葵さま、
AT、こういうの好きそう! 模型も大きくて迫力があり、見応えある展示でしたよ〜。
sueちゃん、Hiro君には厳しいでしょうが(そして妊婦さんにも、途中あまり座る場所ないのできついかな)、連れていけるといいですね。
行ったらATに感想聞きたい!!
by suna-chan | 2015-08-22 18:33 | Days in Chiba 2 | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧