飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:育児生活(9歳) ( 14 ) タグの人気記事

引きこもりすぎて、何の話題もない日々ですが、土曜日はちょっと出かけてみました。

最初の行き先は、オーボンヌAubonnneのアウトレット。
ジュネーブから高速に乗ってローザンヌ方向に走ると、30分ほどでオーボンヌという場所にさしかかるのですが、そこにアウトレットがあるのだそう。
高速沿いにイケアIKEAがあり、その隣がアウトレットです。

d0034609_17530536.jpg

d0034609_17534277.jpg
フロアは2階あり、どこもセール中でした。

今回は、ほぼ視察で来ましたが、お目当てはブルックス・ブラザーズ。
夫がここのシャツを愛用しており、先日のNY出張時に向こうの店舗で数枚購入したところ、店員さんが「スイスだったらうちのアウトレットがある」と教えてくれたのだそう。

ジュネーブには店舗がなく、てっきり買えないものと思っていたのでびっくりでした。

といっても、物価の高いスイスのアウトレットでしょー?なんて思っていたのですが、Yシャツ39フランというのに、またまたびっくり。今シーズンの物ではないようでしたが、この値段だったらいいかも。
まあ、当面買う予定はありませんが、、またの機会に。

***

その後はローザンヌまで足を延ばして、美術展へ。エルミタージュ美術館というところで開催中のビュールレ・コレクションを観に行きました。
美術館のサイトはこちら。

ローザンヌは急な坂の町で、運転しにくい。。。しかし、この坂は高級住宅地ならでは、かも。

果たして坂の上に美術館はありました。

d0034609_18150261.jpg

はるか下にレマン湖、大聖堂の屋根も下に見えます。
d0034609_18191248.jpg

以下はP子がポスターを接写したものですが、ルノワールのこの絵、
d0034609_18195559.jpg
セザンヌの赤いチョッキの少年、ゴッホの種をまく人、ドガの少女像、、、。
美術の教科書で見たことがある、でも実物見たことなかった、の作品ばかりでした。

ココシュカに描かせたビュールレ氏の肖像画もあり、見ていくうちに、あー、スイスにはこんなにたくさん絵画をコレクションできるお金持ちがいるのねーという気分になりました。だまされて購入してしまった贋作(ゴッホとレンブラントの自画像)を展示したコーナーにも、なんだか余裕を感じたのは私だけではないはず。



このコレクション、来年だったか日本でも巡回するそうです。


d0034609_18293952.jpg
P子はつまらながっていましたが、最後お絵描きコーナーでご機嫌直してました。



[PR]
by suna-chan | 2017-07-23 18:54 | Days in Geneva | Comments(0)

日々

d0034609_02042674.jpg
Y君たち滞在中は、毎朝テラスのテーブルでお勉強タイム。
先に勉強が終わる弟君がいつも、P子のお気に入りのぬいぐるみを窓辺に立たせてました。見守ってる? じゃなくて、空を眺めているそうです。


d0034609_17005611.jpg
食材、医薬品、いろいろ持ってきてもらいましたが、とりわけ嬉しいのが本とこぎん刺し用の布。
富士日記、学生時代の友人が上巻をお餞別にくれたのは、アメリカに引っ越す時だったかな。
最初は普通に読んだだけでしたが、あとからじわじわ、おもしろさがわかってきました。これから中巻と下巻を読むのが楽しみ。

d0034609_17051770.jpg
色が飛んでますが、P子にスニーカーを買いました。今の靴がスリッポンで、ハイキングなどのアウトドアには向かないので、という訳ですが、こんな靴欲しくない、もっとかわいい靴か、革のサンダルが欲しい、と泣かれる羽目に。。。

長ズボン、スニーカーなどを買うときは、しょっちゅう反発され、ほんと買い物疲れます。。。凹。


d0034609_17111592.jpg
買い物時のランチはBalexertの中のトルコ料理のお店で。いつも混んでいて、今回が初めてでしたが美味しいお店でした。値段もリーズナブル。

日本は3連休ですね。猛暑とか豪雨とか、気象ニュースが気になりますが、よい休日となりますように。。。



[PR]
by suna-chan | 2017-07-16 17:24 | Days in Geneva | Comments(0)
4日目は、午前中は家でゆっくりし、午後からフォシーユFaucilleに遊びに行きました。
スキー場がある場所ですが、夏場には子供の遊び場になっていると聞いたので。。。

行く前に、プチサコネのイタリアンLuigiaでランチ。

d0034609_05353126.jpg

ピッツァマルゲリータ、カルボナーラ、アーティチョークのサラダ。
美味しかったのに、子どもたちはさっさと食べると、子ども向けのコーナー(ミニシアター)に直行して遊んでました。
食べるより遊ぶ方がいいのねー。

ジュラ山脈を登って、フォシーユには40分ほどで到着。陽射しは強いけれどジュネーブより涼しい。

d0034609_05360150.jpg
樹上アスレチック、まずはこんな装備を装着します。


d0034609_05362703.jpg
開始直後。Y君はさっさと進んでしまいましたが、弟君とP子はカラビナを移動させるのに苦戦。高さに足がすくみ、半泣き状態に。。。。

他の家族連れは、親も一緒に樹上に登っていましたが、てっきり子どものためのアスレチックと思い込んでいたので、私もY君ママもフラットシューズで来てしまい、下から大声で指図して、、声が枯れました。
見かねたよそのパパが手助けしてくれたり、スタックしたときは係の人が来てくれたり。。。
あー、間違えた、と正直思いました。笑。

d0034609_05380702.jpg
でも、ここまで来てしまうと、あとはロープを滑車で滑り降りるしかありません。
半泣きで拒むP子。着地点まで林を駆けて、遠方から大声出す私。。。

おそるおそる滑ってみると、これが楽しかったそうで。

d0034609_18323100.jpg
これで心の余裕を取り戻し、あとは楽しく遊べるようになりました。

樹上では基本カラビナ2つで落下防止をしているのですが、カラビナの使い方も見知らぬ人が教えてくれて、どんどん動作が俊敏になっていきました。

最後、一番元気にアスレチックをしていたY君が、滑車を使うところをカラビナにしてしまい、滑れず宙釣りになるアクシデントがありましたが、これも近くの人が手を伸ばして引っ張ってくれ、なんとかもとの場所まで帰ることができました。
このとき、P子と弟君が係の人を呼びに行ってくれたのですが、二人ともなんとか意味を伝えられたようで、すでにY君は救出された後でしたが、係の人も駆けつけてくれました。
後でなんて言ったのか聞いてみると、弟君はあやしい外国人アクセントの日本語で「Yガ ウゴケマセーン」みたいなことを言ったそう。本人は英語で伝えられたと自信たっぷり(^^)。かわいいね。そう、自信持つのは大事!

樹上アスレチックの後は、ローラーコースターへ。

d0034609_05400166.jpg
スキー場の斜面に、こんな線路があって、まずは右側を自動で登り、左のレーンを上からカートで滑り降りてきます。
カートの画像がありませんが、二人乗りです。
弟君はかたくなに拒むので、P子とY君が、それぞれ保護者同伴でトライしました。

下りは一部らせん状の場所もあってちょっと怖いー。けど結構楽しい、なんて思ったのですが、ここでまさかのアクシデント発生。終了地点で、私とP子のカートに、後ろから来た男性2人乗りのカートが激突〜。

注意書きには、前との差を25m空けること、とあったんですけどね。。。。係の人に怒られてました。

ギャラリーがいる場所での追突で、Y君ママの動画には事故の瞬間こそ写っていなかったものの、体格のいい大人2人のカートが突っ込んでくる様子が記録されており、ショックで私がぼーっとしてる間に、相手の人の連絡先まで聞いてくれました。。

P子は全然平気で、「楽しかった!もう1回! お願い!」と私をぐらぐら揺すって怒られ、見かねたY君ママがP子ともう一度滑ってくれました。

あー、びっくりした。。。


弟君は結局一度も滑らず、Y君、P子が何度か滑ってから、家に戻りました。

夜ごはんは、子どもたちがそんなに食事に興味なさそうなので、帰りがけにカルフールでお寿司やフライドチキンを買い、あとはレトルトカレーとごはんを温めて、近所の公園でピクニックにしました。

日が長いのがありがたい。子どもたちはごはんをさっと食べて、早速遊具で遊んでました。


d0034609_19060092.jpg


弾丸ツアーだったので、この翌日にY君たちは帰国の途に。
上の画像は翌朝撮ったものですが、この日もギリギリまで公園で遊びました。

何が一番思い出に残ったか、いつか聞いてみたいな。モンブランより近所の公園って言われそうだけど。。。

はるばる遠くから、来てくれてありがとう!





[PR]
by suna-chan | 2017-07-15 20:04 | Days in Geneva | Comments(0)

ジュネーブの午後

国連、大噴水と市内観光の後は、P子と同年代の男子3人+小さい子2人が遊んでいるところに合流しました。

いま、知り合いでジュネーブに残っている日本人は、ほとんど男子。。でP子はふだんは行きたがらないのですが、行ってみたら、主に小さい子たちとですが、それなりに楽しく遊べたようでした。
大きい男子はスケボーしたり、丘をキックスクーターで滑り下りたり、遊び方豪快だったなぁ。。

まだ陽射しは残っていましたが、6時半すぎにはおいとまして、プチサコネのカフェドソレイユで牛の干し肉、フォンデュ、メレンゲのゴールデンコース。

d0034609_17444848.jpg
お肉しか画像ありませんでした。。

Y君たちの口に合わないかも、とダメもとで行ったのですが、結構食べてくれた上、Y君ファミリーと我が家共通の知り合いであるお友達のパパが偶然にも近くのテーブルで会食に来ていて、Y君たちと日本以来の再会、というハプニングが。

そんなこんなで、夜まで充実の2日目でした。





[PR]
by suna-chan | 2017-07-13 17:59 | Days in Geneva | Comments(0)

発表会

d0034609_17580862.jpg
日本でお世話になっていたピアノのお教室の発表会があり、P子はスカイプで参加しました。リボン結び曲っててごめん💦。

最後の1週間はレッスン追い込みの予定だったのに、補習校の宿題が多すぎてP子に余裕がなく、、、でもまあ、少しずつでも続けてくれればいいな、と思っています。

こちらで先生を探すことも考え、知人経由でリサーチもしていたのですが、P子、日本の先生がいいというし(本当に素敵な先生です)、まだしばらくはこんな形のレッスンが続きそうです。
朝からスタンバイだったので緊張しましたが、なつかしい人たちのピアノも聞けて、楽しい発表会でした。





[PR]
by suna-chan | 2017-07-09 18:06 | Days in Geneva | Comments(0)

勝手に丑の日

夏休みに入りました!

お客様があったり、アヌシーまでP子とお出かけしたりもしましたが、基本的には夫は出張中だしお友達も次々一時帰国していて、P子と二人きりの日々。。。勉強をみて、運動嫌いのP子を外に連れ出してバドミントンして、、、疲れが早速たまってきてます。

今週は、隔日で補習校に通っていますが、容赦なく宿題が出ていて、P子半泣き。。。

そんなわけで二人ともどんよりしており、今日は、補習校の後、うなぎが食べたい、というP子のリクエストもあって、外でランチにしました。

d0034609_00132659.jpg
うなぎ食べたの1年ぶりでした。
長い夏休み、がんばろー。



[PR]
by suna-chan | 2017-07-05 00:17 | Days in Geneva | Comments(8)

最後の1週間

インター校は今週いっぱいで授業が終わり、長い夏休みに入ります。
成績表も先日送られてきて、あとはイベントが続いて終わりになりそうです。

成績は、まあ可もなく不可もなく。。。面白かったのがびっくりするほど苦手な体育の評価で(私よりひどいです、ほんと)、日本なら2とか3になりそうなとこが意外に評価が高く、「楽しく取り組んでいる」「チームワークができる」という点が評価の対象になるのが日本と違うなぁと思いました(それとも最近の日本では評価のポイント変わってるかもですが)。
せっかく楽しく学べるチャンスなのだから、積極的にやればいいのにねぇ。

また、美術の先生からのコメントでは「時間内に完成できないことも多く……」とあり、思わず笑ってしまいました。ほんとのんびりというか動作がゆっくりというか緩慢というか、、のろいので!

やることが多いのにいちいち無駄に時間がかかり、さらにやるのが嫌になる。これが最近の悪循環で、今後の課題です。

そうそう、こちらのアートの授業で取り組んだのはセザンヌの模写、ジャコメッティ風人物像の制作、マティス風の切り絵などで、図画工作とは違うアプローチをしているのが日本と違うな、と感じました。図画工作にも良さがあり、美術の授業にも違う良さがあるように思います。

ともあれ、一年分の作文や絵画などを持ち帰ってくると、結構勉強してたんだなーと感心します。長い人生で振り返っても、P子には思い出に残る1年になることでしょう。

私は、刺激を受けるような出会いも少なく、新鮮な感動もなく正直退屈していますが、、まあやることはいっぱいあるので、2年目も粛々とP子のマネジャーやりますかね。

ってネガティヴな終わり方ですね……。テンションの低さは隠せないけど、1年無事に終わって正直ホッとしました。笑。ではでは、また。



[PR]
by suna-chan | 2017-06-28 20:38 | Days in Geneva | Comments(4)

ピーターと狼

d0034609_20591789.jpg
土曜日、たまたま通りかかったオペラ座に、こんな幕がかかってまして、ん、もしやPIERRE ET LE LOUPというのは「ピーターと狼」なのでは?と思って調べたら、その通り。
子ども向きの作品なのです。しかも、この週末にある!
で、早速ネットでチケットを取り、日曜日に家族で出かけて来ました。

この曲、NYで幼児向けの音楽教室に通っていたときに知りました。弦楽器、木管、金管、打楽器とひと通りの音が、それぞれの登場人物を表すのに用いられていて(ピーター、おじいさん、オオカミ、小鳥etc.)、わかりやすく、楽しい曲です。
ディズニーでアニメ化もされており、デビッド・ボウイのナレーションがついている動画で予習してから向かいました。

オペラ座は旧市街にあるのですが、現在工事中のため、中心部からちょっと離れた国連の近くで、仮設の劇場で運営されています。ふだんオペラを観に行く機会もなかなかないので、行くチャンスができてよかった。

d0034609_20594475.jpg
早めに着いたのでドリンクを。シャンパンにしました。

d0034609_21002380.jpg
夫と私は、ちょっときれい目な格好にしたのですが、他のお客さんはかなりカジュアルな人が多くてびっくり。しかも、パンとコーラでご飯にしてるようなグループも多くて、まあ、休日の国連付近なんてカフェも閉まっているので当然なのかもですが、ウィーンのオペラ座のエレガントな感じとは違いすぎて、戸惑いました。。

後で知ったのですが、今回は演奏が大学生のオーケストラだったり、地元の子どもたちが合唱で参加したり、というイベントだったからかもしれません、、。
d0034609_21004531.jpg
会場はこんな風です。
ほぼ満席でした。

休憩なし、トータル1時間のプログラムは、プロコフィエフの「冬のかがり火」という曲とピーターの二本で構成。ナビゲーター役の男性が全編を通じて身ぶりを交えつつ解説し、音楽は半ばBGMのような時もありましたが、子どものコンサート入門としては、これくらいの方が敷居が低くて親しみやすいかもしれません。
フランス語がほとんどわからない私たちには、どんな内容だったのか憶測しかできないのが残念ですが、子どもたちの笑いを誘っている場面もありました。
小学生以下の子どもがたくさん来ていましたが、騒ぐこともほとんどなく、感心。
P子も言葉がわからなくてもステージに集中していました。

会場やオーケストラの演奏が完璧でないとはいえ、生の音楽、やっぱり贅沢だな、と思った夜でした。


コンサートが終わったのは8時半。自宅近くのお店で軽い夕食にしました。
セルビア風のメニューがある店です。
前菜。ザワークラウトがなつかしの味。

d0034609_21010857.jpg
d0034609_21012950.jpg
チェバピ(ひき肉料理)。香辛料が効いていました。

P子はカルボナーラ。

d0034609_21015024.jpg
こういうお店のパスタはたいていはずれなのですが、ここのは結構おいしかったです。

金曜日に続き、またもや夜ふかししてしまった週末でした。

[PR]
by suna-chan | 2017-06-26 23:26 | Days in Geneva | Comments(0)

ケルメスKermesse

土曜日はインター校のお祭り、ケルメス Kermesseでした。
各国の父母会が出すブース、遊びのコーナー、ステージがある、と聞いていましたが、百聞は一見に如かず。どんな雰囲気なのか、当日までよくわからないままでした。

ケルメスのスタートは10時半でしたが、P子はお昼すぎまで補習校があり、終わってからインターに向かいました。

d0034609_23163462.jpg
着いてみるとこんな感じ。学校は斜面にあり、これは一番下の校庭を見下ろした画像ですが、青い屋根のブースが、それぞれの国のお店になっていて、両側にずらりと並んでいます。

d0034609_23194189.jpg
混雑具合がわからず、軽くお昼を食べて来ましたが、 ブラジルの肉プレートとかインド料理とか、あちこち美味しそうでした。

ステージでは、生徒たちのバンドやダンスがあり、一年の総まとめ、という感じでした。
途中、ブラジルのサンバの生演奏(ダンサーつき)があり、「え、保護者?!」とみんなでザワザワしましたが、ジュネーブで活動するサークル、とのことでした。楽団の指揮者が、この学校で音楽の先生をしていらっしゃるそうで。

サンバの時は、私は販売担当中、日本ブースの様子も、あまりブログに出せる画像がありませんが、お寿司やラムネが人気で、あっという間に売り切れてました。ふだんなかなか顔を合わせる機会がない人たちとも雑談などでき、楽しいひとときでした。

簡単な販売といえども英語でのやり取りは必須で、ちょっと何を言われたかわからない時もあったのですが、ボランティアで入ってくれた上級生の日本人生徒がテキパキ対応してくれたり、P子くらいの年齢の子たちでも、普通に英語を話していたりして、感心しました。

P子は、仲良しのお友達と遊びっぱなしで、ほとんどほったらかしでした。お金(チケット)がいるので、全くお任せ、というのも難しいのですが、日常生活で現金に触れる機会が少ないので、お買い物体験などもできてよかったかな。
エアすべり台、ペイント、えんぴつをデコレーションするといった工作系を楽しんだようです。

夕方帰宅した時には疲労度マックスでしたが、夕食はせっかくなので、と街なかに新しくできたお寿司屋さんに出かけました。

d0034609_23465877.jpg
d0034609_23474117.jpg

ソフトシェルクラブの天ぷら。夏ですね。

d0034609_23481183.jpg
お寿司はP子の好み優先で。私はサバとたくわん巻きで満足するチープな人でした。。っていうか、疲れていて食欲落ちてます。
大人よりP子の方がよく食べていました。

シックな店なので、さすがに知り合いはいないだろう、と思ったら、カウンターで召し上がっていた男性が、一緒にフード販売をした人でした! お子さん抜きでご夫婦で来ていらしたようで、声をかけられるまで全然わからなかった……。世間狭いです(^^;)。

盛りだくさんの楽しい1日でした。



[PR]
by suna-chan | 2017-06-18 23:56 | Days in Geneva | Comments(0)

歴史好き

さて、旅行から戻ってきてからの1週間は、P子の補習校の宿題に追われて、あっという間に終わりました。
通信教育も難しくなり、ちょっと疲れているようす。
旅行で1日補習校を休んだら、イコール宿題の締切が延びた、と思ったのか、宿題全然終わらず、今週は2週間分の宿題をやりました。泣きながら勉強することもあり、「勉強は好きだったのに、やることが多すぎて嫌いになった」とも言われ、無理をさせているのはわかっていますが、なかなかしんどい時間でした。

ともあれ、ブログの旅行記をさくっと仕上げ、補習校もなんとか終わった土曜日。。明日からは、また火曜日まで連休になるので、今度はP子と2人でアルザスまで行ってきます。
アルザスは、ブザンソンのもっと先、という場所です。
夫は仕事があるのでお留守番、という。。

連休が2週間のうちに2回、と把握していたのですが、気がついたら毎週末旅行する計算でした。
とにかく宿題が悲惨な1週間だったので、また旅行をすると来週つらいかも、と、P子にキャンセルを持ちかけたのですが、意外にも「行きたい!」と。

ごはんが楽しみなのか、ホテル泊が嬉しいのか、、。

でも、喜んでくれるうちは、できるだけ出かけようかな、と思って行ってきます。


歴史好きのP子なので、意外とお城とか博物館を楽しんでいるのかもしれません。


d0034609_22283590.jpg

P子の歴史好きについては、なかなか書く時間が取れないでいましたが、もともと伝記好きではありました。
で、昨年春からEテレで始まった「ねこねこ日本史」というアニメにハマり、そこからだったかな? 歴史関連の本やマンガも読むようになりました。

日本史の知識は、もはや私より上かも? (高校時代の日本史の先生が弥生時代が専門で、奈良時代以降の歴史をほとんど学ばなかったという。。。)

マンガもそうですが、上の画像にある「たのしく読める 日本のすごい歴史人物伝」という本、これは引っ越しの前にまとめ買いした中にたまたま入っていたのですが、P子が気に入って何度も読み返しています。(失礼ながら)意外に骨太な本で、人物の選定、読者へのメッセージなど随所に、監修している伊藤純郎さんという筑波大教授の歴史への熱い思いが伝わってくる良書でした。

P子、スポーツもアウトドアも、子ども向けプログラミングゲームもディズニーもレゴも、私が期待を込めて提供したものには全然興味を示さなかったのですが、好きなものって、結局自分で見つけるものなのかもね。

ではでは、みなさまよい週末を。



[PR]
by suna-chan | 2017-06-03 22:58 | Days in Geneva | Comments(2)