飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:コルマール ( 2 ) タグの人気記事

コルマールでの食事

ストラスブールから、夕方にはコルマールに戻ってきました。

1日目、そして2日目は夕食をコルマールでとりました。
シュークルートが美味しそうでしたが、P子が食べなさそうなので、今回は食べられず。。またの機会に、です。

初日の遅めのランチは、運河に近い、Wistub Brennerというお店で。

混んでいましたが、お店の人が親切に対応してくれました。

d0034609_20465777.jpg
何はさておき、アルザスワイン♪

d0034609_20480371.jpg
注文の仕方がわからなくて、ランチのセット価格が書いてあったので、前菜とメインをひとつずつ頼み、P子とシェアするつもりでしたが、2つのお皿は同時に運ばれて来ました。
P子エスカルゴでオッケー。

私はサワークリームが添えられたポテトを。

d0034609_20511435.jpg
サワークリーム美味しい。
でも、かなりお腹いっぱいになりました。

遅めのランチだったので、その後観光してもお腹は空かず、だけど、旧市街にはクラッカーやサンドイッチを売るようなお店も見当たらないので、疲れ果てたP子をなだめ、無理無理外食。。私はご飯抜けない性格なので。
軽く、ということでお寿司にしました。
店員さんもお客さんも、アジア系の人がいない。。Sushiは本当にグローバルな料理になったなぁ。。。
d0034609_20575698.jpg
d0034609_20582180.jpg


ほとんど私が食べました。P子、食が細い。。。

このお店で興味深かったのは、これ。


d0034609_20594774.jpg
テーブルのソース2種。「しょっぱいソース」「甘いソース」とありまして、前者が普通のしょうゆ、甘い方は照り焼きソースみたいな味でした。


ストラスブール観光の日の夕食は、教会前の広場に面したお店で。

d0034609_21032879.jpg
d0034609_21051912.jpg

d0034609_21063332.jpg
Hansiのグラスに、お店のレモネード。気に入ってよかったね。

ここでもP子はエスカルゴ。

d0034609_21060516.jpg
隣の、P子より少し大きい男の子を連れたファミリーが怪訝そうな顔で見るので
「うちの娘はエスカルゴが大好きで」と言ったら、私たちのテーブルにパンが来てないことを気にして、パンのかごを回してくれました。

d0034609_21091807.jpg
私の前菜はシーザーサラダ。頼んだワインはちょっとゲブルツトラミネールでちょっと甘すぎました。

d0034609_21105911.jpg
メインはアルザスピザ。
生地が薄くてカリカリです。
これも名物です。

朝食はホテルでコンチネンタルだったので、全体にやや地味でした。
うーん、やっぱりシュークルート食べるべきだったなー。

でもまあ、食の面はさておき、楽しく二人旅ができたので、良しとしましょう。




[PR]
by suna-chan | 2017-06-14 21:15 | 2017初夏 アルザス二人旅 | Comments(2)

コルマール

あっという間に1週間終わってしまいましたー。

補習校の教材取り違え、インター校の日本人ママランチ会、授業参観(といっても、子どもが親に、これまで授業で取り組んだ算数のすごろくや自分で書いたおとぎ話、絵や工作を披露する、といったもの。誰か保護者が来ないと、その子どもは1時間手持ち無沙汰になりそうなプログラム)、スカイプでのピアノレッスン(7月上旬に発表会があるのです)…… そして、こんな時にかぎって、学校で子ども同士のトラブルがあり、先生から報告が、と、若干多すぎ!の1週間でした。


さて、書きそびれていたアルザス旅行の記録を。。。
今回はP子と二人、2泊3日の旅でした。
バーゼルで国境を越えて、コルマールまで、ジュネーブからトータル3時間半。さらに先のストラスブールまで行きました。
スイスの高速道路は年間40フラン(4000円ちょっと)のシールが必要ですが、フランスの高速(自動車専用道路というのかな)は今回料金が不要で、片道300キロくらいあるのに、ちょっとびっくりでした。

d0034609_23072007.jpg

d0034609_23091174.jpg
d0034609_23111346.jpg
旧市街は、とにかくこんな街並みが続きます。

直前までの天気予報は外れて、さわやかな青空でした。

日曜日なのにお店が開いているし、レストランもノンストップのところが多くて旅行者には嬉しい。

d0034609_23312364.jpg
d0034609_23320014.jpg
d0034609_23324308.jpg
あまりお腹が空かなかったので、少し街を歩いてからランチ。食べ終わったのは4時でした。
一度ホテルにチェックインして、また夕方から街歩き。
P子の希望で、プチトランで日本語ガイドを聞きながら旧市街をぐるっと回りました。

d0034609_23355367.jpg
陽がかげると急に冷え込みます。
忠告を聞かずに上着を置いてきたP子は鳥肌立ててました。。。

この電車、石畳の上を走るときは、かなり揺れます。でも、詳しく観光案内が聞けて、路地もあちこち入ってくれるので、徒歩だけの観光より良かったかも。

d0034609_23531286.jpg
自由の女神像の制作者は、コルマール出身だそうで、道路に埋め込まれた観光スポット案内のサインは自由の女神でした。




[PR]
by suna-chan | 2017-06-10 23:55 | 2017初夏 アルザス二人旅 | Comments(0)