飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:インター ( 16 ) タグの人気記事

最後の1週間

インター校は今週いっぱいで授業が終わり、長い夏休みに入ります。
成績表も先日送られてきて、あとはイベントが続いて終わりになりそうです。

成績は、まあ可もなく不可もなく。。。面白かったのがびっくりするほど苦手な体育の評価で(私よりひどいです、ほんと)、日本なら2とか3になりそうなとこが意外に評価が高く、「楽しく取り組んでいる」「チームワークができる」という点が評価の対象になるのが日本と違うなぁと思いました(それとも最近の日本では評価のポイント変わってるかもですが)。
せっかく楽しく学べるチャンスなのだから、積極的にやればいいのにねぇ。

また、美術の先生からのコメントでは「時間内に完成できないことも多く……」とあり、思わず笑ってしまいました。ほんとのんびりというか動作がゆっくりというか緩慢というか、、のろいので!

やることが多いのにいちいち無駄に時間がかかり、さらにやるのが嫌になる。これが最近の悪循環で、今後の課題です。

そうそう、こちらのアートの授業で取り組んだのはセザンヌの模写、ジャコメッティ風人物像の制作、マティス風の切り絵などで、図画工作とは違うアプローチをしているのが日本と違うな、と感じました。図画工作にも良さがあり、美術の授業にも違う良さがあるように思います。

ともあれ、一年分の作文や絵画などを持ち帰ってくると、結構勉強してたんだなーと感心します。長い人生で振り返っても、P子には思い出に残る1年になることでしょう。

私は、刺激を受けるような出会いも少なく、新鮮な感動もなく正直退屈していますが、、まあやることはいっぱいあるので、2年目も粛々とP子のマネジャーやりますかね。

ってネガティヴな終わり方ですね……。テンションの低さは隠せないけど、1年無事に終わって正直ホッとしました。笑。ではでは、また。



[PR]
by suna-chan | 2017-06-28 20:38 | Days in Geneva | Comments(4)

ケルメスKermesse

土曜日はインター校のお祭り、ケルメス Kermesseでした。
各国の父母会が出すブース、遊びのコーナー、ステージがある、と聞いていましたが、百聞は一見に如かず。どんな雰囲気なのか、当日までよくわからないままでした。

ケルメスのスタートは10時半でしたが、P子はお昼すぎまで補習校があり、終わってからインターに向かいました。

d0034609_23163462.jpg
着いてみるとこんな感じ。学校は斜面にあり、これは一番下の校庭を見下ろした画像ですが、青い屋根のブースが、それぞれの国のお店になっていて、両側にずらりと並んでいます。

d0034609_23194189.jpg
混雑具合がわからず、軽くお昼を食べて来ましたが、 ブラジルの肉プレートとかインド料理とか、あちこち美味しそうでした。

ステージでは、生徒たちのバンドやダンスがあり、一年の総まとめ、という感じでした。
途中、ブラジルのサンバの生演奏(ダンサーつき)があり、「え、保護者?!」とみんなでザワザワしましたが、ジュネーブで活動するサークル、とのことでした。楽団の指揮者が、この学校で音楽の先生をしていらっしゃるそうで。

サンバの時は、私は販売担当中、日本ブースの様子も、あまりブログに出せる画像がありませんが、お寿司やラムネが人気で、あっという間に売り切れてました。ふだんなかなか顔を合わせる機会がない人たちとも雑談などでき、楽しいひとときでした。

簡単な販売といえども英語でのやり取りは必須で、ちょっと何を言われたかわからない時もあったのですが、ボランティアで入ってくれた上級生の日本人生徒がテキパキ対応してくれたり、P子くらいの年齢の子たちでも、普通に英語を話していたりして、感心しました。

P子は、仲良しのお友達と遊びっぱなしで、ほとんどほったらかしでした。お金(チケット)がいるので、全くお任せ、というのも難しいのですが、日常生活で現金に触れる機会が少ないので、お買い物体験などもできてよかったかな。
エアすべり台、ペイント、えんぴつをデコレーションするといった工作系を楽しんだようです。

夕方帰宅した時には疲労度マックスでしたが、夕食はせっかくなので、と街なかに新しくできたお寿司屋さんに出かけました。

d0034609_23465877.jpg
d0034609_23474117.jpg

ソフトシェルクラブの天ぷら。夏ですね。

d0034609_23481183.jpg
お寿司はP子の好み優先で。私はサバとたくわん巻きで満足するチープな人でした。。っていうか、疲れていて食欲落ちてます。
大人よりP子の方がよく食べていました。

シックな店なので、さすがに知り合いはいないだろう、と思ったら、カウンターで召し上がっていた男性が、一緒にフード販売をした人でした! お子さん抜きでご夫婦で来ていらしたようで、声をかけられるまで全然わからなかった……。世間狭いです(^^;)。

盛りだくさんの楽しい1日でした。



[PR]
by suna-chan | 2017-06-18 23:56 | Days in Geneva | Comments(0)

植物園

土曜日の午後、P子のクラスメイトの女の子の誕生会がジュネーブの植物園でありました。
日本人の知り合いは来ないというし、ふだんP子の会話に名前が出る子でもないので、どうなのかな?とも思いましたが、P子が行きたい、というので参加することに。

というわけで、補習校は、今日は4時間目が授業参観だったのですが、そのまま外で軽くランチして植物園へ。
ちょうど、この日は植物園の開園200年のイベントをしていたからか人が多く、パーティー会場みたいな東屋もあって、いったいどこが私たちの目指す場所??と、かなり迷ったのですが、なんとかたどり着けました。

集まったのは男女取り混ぜ7、8組だったかな。
P子の学年Y3になると、親が学校に出向く回数もぐっと減るらしく、送迎時の顔合わせもほとんどないので、新参者は他の子や保護者と知り合う機会があまりないのですが、たどたどしい英語でなんとか会話ができ、子供の顔や名前もわかってよかったです。
英語のネイティヴばかりではないこともわかり、ちょっとホッとしました。

P子は、相変わらずシャイでしたが、別のクラスのイタリア系の女の子と意気投合して、親たちに電話番号を交換するよう頼んできたり、英語面での成長を感じました。

残念ながらここにアップできる画像はないのですが、朝までの雨にもかかわらず晴れ、子供たちは、時々ヤブの中から出没するネズミ?を探すのに夢中で(黒っぽくて大きめなんですが、、、汗)、走り回って遊んでいました。

楽しく遊べたことが、少しはP子の自信になるといいなぁ。



[PR]
by suna-chan | 2017-05-21 05:37 | Days in Geneva | Comments(2)

今週のいろいろ

木曜日から11日間の日程でジュネーブモーターショーが始まりました。この会場が、我が家のすぐ近くなのですが、期間中は大渋滞、地区の細い道は通行止めにされて、車は住人であるという証明をしないと通してもらえない、、、などなど言われております。

金曜日の今日までは、そんな渋滞もなく、確かに敷地に入るには、ゲート(ができた)にいるガードマンに車検証を見せなくてはなりませんでしたが、むしろ敷地内の駐車スペースはいつもより空きがあるくらいで、運転しやすいくらいです。

って、週末以降が大変になるかもですが。。。

そんなわけで、今週は、食材をまとめ買いしたり、買い物を先取りしたり、してました。

d0034609_19433068.jpg
車で20分くらい? トワリーThoiryのモールにある料理の道具を売る店で、マフィンの型を買いました。
P子の学校ではアメリカの風習なのかイギリスの風習なのか?? 誕生日にクラスにカップケーキを持って行くのですが、こちらではカップケーキはそんなにポピュラーじゃないので、お店ではあまり見たことがない。。。

ちょうど、フランス語のクラスで「明日子供の誕生日なんだけど、カップケーキどこで買える?」とみんなに聞いた人が(=お子さんがP子と同じ学校)、「スイスにはない」と先生や他のクラスメイトに即答されていたり(多分スイスの学校ではやらないのかも)。知り合いの日本人ママが子供の誕生日に向けてマフィンをつくっていたので、私もつくることにしようかと。。。

サイズとか、持って行き方とか、P子に聞いても要領を得ず、今ひとつわからないんですよね。。。ふだんのおやつに、このサイズのマフィン追加ではちょっと多いと思うけど、、。
ほかの子に聞いたら、キャンドルを持って来る子もいるそうなので、事前に知り合いのママたちに聞いておかなくては。

P子の前に私の誕生日が控えているのですが、そこでマフィンを焼くのも気が進まないので、バナナブレッドを小さく焼いてみました。先日のお別れ会に差し入れて好評だったので。本当はクルミも入れるのですが、そうすると学校に持って行けないので外しました。


d0034609_19483769.jpg
お誕生日までに何度か使って、腕を上げておきますか。

ついでにもうひとつ。
学校で、再来週に音楽の発表会があり、P子が家で歌っています。




かわいらしい曲ですが、子どもが歌うともっとかわいい。P子もまだまだかわいい(笑)。

ではでは皆さま、良い週末を。







[PR]
by suna-chan | 2017-03-10 20:17 | Days in Geneva | Comments(4)

BONTAN AME

どうでもいい話ですが。

金曜日、学校に持って行くおやつをボンタンアメにしてみました。
これが日本人のみならず、クラスメイトたちにも評判がよかったそう。オブラートは、そのまま食べられるよ、などと教えてあげながら、和気あいあいと分けっこしたそうです。

考えてみると、ほどほどの甘さで柔らかい食感のお菓子、世界的に売り出せたりして?!

d0034609_05424318.jpg
うちの母がP子と同じくボンタンアメ大好きなのですが、母に言わせると、実家近くのスーパーで売っている10粒入りの箱は「ちょっと物足りない」のだそう。後日、14粒入りの箱をP子に買ってくれました。
順番で、先に買った方から食べているわけですが、次に持たせるときは大きい方がよさそうです。

ってほんとどうでもいい話ですね……。

ではよい週末を〜。








[PR]
by suna-chan | 2017-02-12 05:32 | Days in Geneva | Comments(2)

前期終了〜

d0034609_00012036.jpg
立春を過ぎたので、おひなさまを飾りました。お菓子は先日一時帰国した夫のおみやげの数々。「とよすのひなあられ」、チョコボール?が入っていて、それが奪い合いになるという思い出のお菓子だそうですが、関西に縁がある皆さんはご存じでしょうか。

さて、成績表に続いて面談をふたつこなし、ついでに先週末は補習校の授業参観もあって、これまでの学習を振り返った一週間でした。

以下つらつらと覚書。。
授業参観は、すっかり忘れていたのを当日ほかの子のお父さんに教えられ、ちょっと予定が狂うんですけど!と思いながらも1時間目を見学しました。

授業が始まる前に、クラスメイトのお母さんたちと雑談したのですが、お名前もお子さんの性別もわからないけど、駐在ではなくこちらに長く住んでいる人たち。スイス人と結婚して、という人もいれば、国連機関で働いていて、旦那さんも日本人とかほかの国の人とか、いろいろなおうちがあります。
で、そのママたちが、子どものクラスだけでなく、一学年上のクラスの授業も見てくる(授業も、もっとあっさりしてるらしく、発言しない子は当てられないらしい)、とか、高校生のクラスまで見学に行く人もいる!とか話しているのでちょっとびっくり。
先生は変わるし、他の選択肢もないのだから、そこまでしなくても??と率直に思いましたが、確かに、長期在住の家庭ではまさに補習校が頼みの綱であり、、、。親が国連機関の職員同士の場合は特に、子どもがスイスに永住できる保障はないし、両親とも日本人の場合、日本での進学や就職という選択肢をなくして(or狭めて)しまうのは抵抗がある、、のかもしれません。
公立校でも、学年が上がるに従ってドイツ語、英語と外国語の授業も増えるなか、どこまで日本語を勉強させるか、、うちのような短期滞在の家とは違う悩みがあるのだなぁ、、。

P子の授業参観自体は、算数の時間だったのですが、子どもたちが元気に手を挙げていて、なかなかほほえましかったです。でも、気をつけて見ていると、日本語力が追いつかず、授業の内容がわかっていないような子も。。。
どんな環境の子どもであれ、複数の言語、増して日本語とヨーロッパの言語のような隔たりのある言語を学ぶのは大変なんだと思った参観でした。


***

インターの面談は、先生方も前回よりP子の性格や学力を把握していたので、今後に向けてのアドバイスなど有意義な回答をもらえました。基本的に、母語を優先させてください、というのが英語クラスの先生の回答でしたが、成績表に繰り返し書かれていた「語彙を増やす」という課題については、自宅学習できる本の音読アプリを使うとか(学校で使っているものに自宅からもアクセスできるそう)、家にあるものにポストイットを貼って単語を書いてみる、とか、いくつか方法を教えてもらいました。

なんでもやたらと親がサポートするのではなく、本人が勉強したい、その方法が知りたい、と思ったときにちょっと手を貸したりアドバイスをする、というのが私の理想ですが、、、(といっても実際は宿題が多く、本人のやる気以前に勉強、勉強、と急かす立場なんですが)、先生の言葉を頭に置きつつ、様子見します。

長い一週間でした。私もP子もちょっと休憩です〜。




[PR]
by suna-chan | 2017-02-11 00:44 | Days in Geneva | Comments(2)

本日の噴水

d0034609_22093703.jpg

引き続き早春のような今日は、先延ばしにしていた用事を片付けに旧市街まで。
噴水がきれいでした。
ほんとの春が待ち遠しい。。。


***

午後になって、学校から前期の成績表が届きました〜。ネットからアクセスしてPDFファイルをダウンロード、という形で。
担任、英語の先生などから、英語、算数、音楽やアート、体育などについて評価があり、とにかく英語ができないことには始まらない、という印象を強くしましたが、約半年、よくがんばりました。P子は学校では慎重で真面目なんだなぁ。家ではのんびりわがままなので、なんか違う子のことが書かれているみたい(^_^;)。
先生からのコメントを読んだら、気分はもう再来週の休暇に飛びました。。。ゆっくり羽を伸ばさなくちゃね〜。



[PR]
by suna-chan | 2017-02-03 22:12 | Days in Geneva | Comments(4)

スキー場へ

盛りだくさんの週末が終わりました。
P子は、インターのお友達から招待されて、お誕生日パーティーに行きました。
「仲良しの子たちと一緒にボルダリングのレッスンを受ける」という、ちょっとユニークな企画でした。
会場には親は入れなかったのですが、上階からガラス越しに、高い壁に登っているP子の姿が見えました。

d0034609_05310158.jpg
お隣がバースデーガール。

その夜は日本人の友達ファミリーとルイジアというイタリアンで食事をしたのですが(夜間の外食なんていつ以来?!と思ってしまうほど、ふだんは家ごはんが中心です)、そこで、翌日スキーに行くけど一緒にどう?と誘われました。

えー、それは是非!
手袋も買ってないし、夫は、出張から戻ってまたすぐ翌日から不在になってしまうのですが、誘ってもらったときがチャンス〜。
P子も「行く!」と即答だったので、急きょスキーをすることになりました。

ファミリー客が多い、ジュラ山脈にあるスキー場。場所を教えてもらって現地集合で。
ジュネーブからは40分くらい? 基本ずっと山を登って行く、という感じで、くねくねした山道を走り(除雪は完璧でしたが)、ちょっと視界も悪い、、、。
とはいえ、駐車場は、雪の塊を乗り越えたり、雪の壁に向かってアクセルを踏む必要もなく、助かりました。

さてスキー。
私は20年ぶりくらい。板など一式を借り、手袋を買いました。
P子は、これまで3回スキーに行きましたが、まだ一番下のクラスで、ストックを使わずに滑っている、というレベル
いろいろ不安を感じつつ、お友達母子とまずは6人乗りのリフトで山頂へ。
結構上っていく上に、リフトを降りるときに板が交錯して、私と子どもたちが次々転倒、というハプニング。。。

d0034609_05504428.jpg
しかし景色はきれいでした。雲海の下はレマン湖とジュネーブが隠れているそう。。。

無事降りられるのか不安でしたが、意外にも、ストックを使わないP子が、こわがることなく、転ぶこともなく、すいすい下っていくのでびっくり。すごい。。。
P子以外にも、小学校低学年くらいの子どもで、ストックなしで滑っている子は結構いました。

d0034609_05524026.jpg

私も、最初は足を取られて転んだものの、だんだん慣れて、楽しくなってきました。
帰りのドライブが不安だったので、2本しか滑りませんでしたが、もっと滑っても大丈夫だったかも。
また行ってみます!





[PR]
by suna-chan | 2017-01-23 06:07 | Days in Geneva | Comments(4)

P子の初スキー

学校のスキー授業が始まりました。
これから月末まで、ほぼ週1のペースでスキーの日があります。

授業前日は、靴と板の着脱を家で練習しました。
どんな顔で帰って来るかと思ったら、意外にも元気いっぱいで、とても楽しかった、とのこと。子どもたちはレベル分けされ、P子は初心者クラスでしたが、ゲレンデの下の方のゆるいスロープを繰り返し滑ったそうです。ロープにつかまって上まで行き、滑ってくる、と言っていて、なんかそういう子供用の設備があるのかもしれません。

となると、私もP子を連れて行くためにスキーウエアを買うべきか。。。
フランス語のクラスメイトに、日本在住歴もあるアメリカ人男性がいて、ちょうど今週、「今なら半額になってるし、買いだよー」と言われたこともあり(ほんと日本語が堪能!)、ちょっと考え中です。

いくら近くにスキー場があるとはいえ、行く場所を探し、子供を連れてドライブして駐車して、さらに一緒に滑って、って、全部私ひとりでやるの??っていうのが、腰が重くなる大きな理由なんですが、、。

ともあれ、スキーもスケートも、どちらも楽しめているので、なるべくチャンスはつくってあげたいな、と思ってます(誰かに頼もうか。。。)。





[PR]
by suna-chan | 2017-01-13 16:37 | Days in Geneva | Comments(2)

早くも次の休みが……

冬休みが終わったと思ったら、2月半ばにはまた1週間(というか、10日間も!)のお休みがあり、スキー休みというらしいのですが、周囲の皆さんは、もう早速旅行の計画を立てています。

というか、すでに夏休みの旅行も視野に入っている人が多く(一時帰国とかの事情があるにしても、すごいー)、いつも行くカルフールでも、ホリデーシーズンが終わるや否や、旅行ガイドがずらりと並び、とにかくこちら在住の日本人もヨーロッパの人たちも旅行への熱意はすごいなぁ、と感心してしまいます。

といっても我が家の場合は、夫のスケジュールの目処も立たないし、旅行するにしてもP子と二人旅が前提になりますが……。真冬にずっとジュネーブにいても仕方ないので、やはり旅行を検討しています。
車も使いたい、となると、いったいどれくらい遠くまで行けるものなのか、途中泊をする移動型の旅行がいいのか、、。
とりあえず、候補地のホテルを予約してみました。私が好きで、P子も楽しめそうな、とある街です。笑。
またいろいろ決まったら続きを書きますねー。



[PR]
by suna-chan | 2017-01-12 00:30 | Days in Geneva | Comments(0)