飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生イーストでパンづくり

先日遊びに来てくれた友人が、近所のスーパーマーケットでこんなものを見つけてくれました。

d0034609_18233676.jpg
生イーストでした。

私、ふだんの買い物では、気づいてなかった。。。パイ生地などの冷蔵棚にありました。

よく、パン用小麦粉を売ってる割には、日本でポピュラーなサフのようなドライイーストがよく分からなかったのですが(今のところ、カルフールのハラルフードのコーナー?で青サフを見かけたのみで、いつも使っている赤サフは日本で買ってきたものです)、そうか、生イーストが一般的に売られていたのかー。

d0034609_18240588.jpg
で、ひとつ買ってみました。
d0034609_18302421.jpg
開けるとこんな感じ。粘土くらいの固さです。

d0034609_18322657.jpg
これを適量取り分けて、砂糖と水を加えて混ぜます。


d0034609_18334050.jpg
すぐにぷくぷく、発酵し始めました。香りも強いです。

***

で、発酵させたら使わなきゃ、なのですが、パンづくりは計量が要なんですよねー。
しかも、簡単にドライイーストを生イーストに置き換えれば済むわけではなく、、、これが私にはとっても大変で。

最初にイーストの重さを計り、材料の水と砂糖から少量とって予備発酵するのがよかったのですが、適当にやってしまいました。。。わかっていたんですけどね。

で、見た感じがホシノの生種に似てるので、ホシノを使ったレシピでつくってみることに。

d0034609_18433714.jpg
一斤分の生地を三分割して焼きたくなり、1・5斤の型を使ったので高さ足りませんが(これもパンづくりではご法度ですね)、焼けました。

d0034609_18455528.jpg
生地がやや黄色っぽく仕上がりましたが、しっとりしていい感じです。でも何かが足りない……(一次発酵かな???)。

パンづくり、いろんな製法があり、それぞれにレシピがあり(私が最初に興味を持ったのは中種法でした)、私のような算数が苦手な初心者がアレンジするのはハードルが高かったりもしますが、せっかく生イーストが手軽に入手できる環境にあるので、たまには生イーストも扱ってみることにします。まずは正しい計量からですね。。




[PR]
# by suna-chan | 2017-07-29 19:00 | Days in Geneva | Comments(0)

焼き鳥SUMO

本当にびっくりするくらい動かないP子。
毎日、宿題したりドラえもんを見たり本を読んだり漫画を見たり、、、していますが、ほとんど外に出ません。

買い物にもついてこないので、留守番させて出かけていますが、、やっぱり落ち着かないので、せいぜいスーパーマーケットか生鮮品専門スーパーのどちらかに出かけて直行直帰、、、寄り道もできず、ストレスフルです。

そんなわけで先日、夫に頼んで夜を外食にしてもらいました。夏休み、外食の回数が増えてます。
この日も一日家から出なかったので、パキ地区の焼き鳥屋さんSUMO(スモウ)まで歩きました。
片道4km弱、雨でしたがちょうどいい距離。

パキは、娼婦のお姉さんたちがずらりと道端客引きしていたりして、あまり治安のいい地区ではありません。
が、この日、P子が排気口の上で足を滑らせ転倒したのですが、通りすがりの人が「大丈夫? 雨の日は足下が滑るから気をつけて」というようなことを言ってくれて、ちょっと心温まりました。

ともあれ、無事お店に到着。
焼き鳥屋ラブなので、遠慮なく頼んでいきまーす。さつま揚げ、冷奴、枝豆からの焼き鳥〜。

d0034609_20500468.jpg
炭火で焼いた串はどれも美味しい。王道の焼き鳥でした。
レモンサワーと一緒に♪


私は焼き鳥だけでお腹いっぱいに。。。久しぶりに食べすぎました(^^;)。
P子はデザートを所望し、メニューにあったガリガリ君アイスに引かれていたのを「フルーツシャーベットにしたら?」と差し向けたのですが、P子が食べたいメロン味がなく、結局ガリガリ君に。

d0034609_21303807.jpg
8フラン(約920円)でしたよー。。。スイスですから!

しかし、さすがにアイスは日本から持って来てもらうわけにもいかないものねぇ。
食べられてよかった、と思うことにしますか。

大人も子供も、ちょっと贅沢した夜でした。






[PR]
# by suna-chan | 2017-07-28 21:41 | Days in Geneva | Comments(4)

P子の夏休み

2か月もの夏休みの間、ほぼジュネーブにいることになりそうだけど、P子は何したい? と夏休み前に聞いたところ、P子の答えは「毎日新しい本を読みたい」。

で、夫がネットで購入したのがこちら。
d0034609_20385712.jpg
去年の夏、引っ越し前に本屋さんで見たときは、ちょっと難しいかな?と思いましたが、、。今でもちょっと難しめですが、結構読んでます。
私はこういうの、順番に読みたい方なんですが、P子はランダムに読んでます。わかるのかな??

d0034609_21492042.jpg
タイミングよく、知り合いから本をどっさりいただきました。ちょうどP子の年齢にぴったりの本で嬉しい。

これらの本から、1日1冊ずつ初めての本を選べて、P子幸せそうです。

d0034609_21523721.jpg
ぬいぐるみを使って、歴史の劇をしてくれたりもします。このときは豊臣秀吉だったかな。違和感あるけど楽しいらしい。。

あと、算数の問題を解いているとき、間違ってると「うーん、無念!」とか言っていて、それってどうなの?と思うんですが、「武士はそう言うんだよ」とのことでした(^^;)。歴女になりつつある?!

ちょっと前までは、すぐに「つまんない」「退屈」と言っていて、相手をするのが大変でしたが、ちょっとはひとりで遊べるようになってきた感じがします。

来週からいとこたちが遊びに来るので、それまでもう少し、静かな時間が続きます。。。





[PR]
# by suna-chan | 2017-07-26 22:18 | Days in Geneva | Comments(2)
引きこもりすぎて、何の話題もない日々ですが、土曜日はちょっと出かけてみました。

最初の行き先は、オーボンヌAubonnneのアウトレット。
ジュネーブから高速に乗ってローザンヌ方向に走ると、30分ほどでオーボンヌという場所にさしかかるのですが、そこにアウトレットがあるのだそう。
高速沿いにイケアIKEAがあり、その隣がアウトレットです。

d0034609_17530536.jpg

d0034609_17534277.jpg
フロアは2階あり、どこもセール中でした。

今回は、ほぼ視察で来ましたが、お目当てはブルックス・ブラザーズ。
夫がここのシャツを愛用しており、先日のNY出張時に向こうの店舗で数枚購入したところ、店員さんが「スイスだったらうちのアウトレットがある」と教えてくれたのだそう。

ジュネーブには店舗がなく、てっきり買えないものと思っていたのでびっくりでした。

といっても、物価の高いスイスのアウトレットでしょー?なんて思っていたのですが、Yシャツ39フランというのに、またまたびっくり。今シーズンの物ではないようでしたが、この値段だったらいいかも。
まあ、当面買う予定はありませんが、、またの機会に。

***

その後はローザンヌまで足を延ばして、美術展へ。エルミタージュ美術館というところで開催中のビュールレ・コレクションを観に行きました。
美術館のサイトはこちら。

ローザンヌは急な坂の町で、運転しにくい。。。しかし、この坂は高級住宅地ならでは、かも。

果たして坂の上に美術館はありました。

d0034609_18150261.jpg

はるか下にレマン湖、大聖堂の屋根も下に見えます。
d0034609_18191248.jpg

以下はP子がポスターを接写したものですが、ルノワールのこの絵、
d0034609_18195559.jpg
セザンヌの赤いチョッキの少年、ゴッホの種をまく人、ドガの少女像、、、。
美術の教科書で見たことがある、でも実物見たことなかった、の作品ばかりでした。

ココシュカに描かせたビュールレ氏の肖像画もあり、見ていくうちに、あー、スイスにはこんなにたくさん絵画をコレクションできるお金持ちがいるのねーという気分になりました。だまされて購入してしまった贋作(ゴッホとレンブラントの自画像)を展示したコーナーにも、なんだか余裕を感じたのは私だけではないはず。



このコレクション、来年だったか日本でも巡回するそうです。


d0034609_18293952.jpg
P子はつまらながっていましたが、最後お絵描きコーナーでご機嫌直してました。



[PR]
# by suna-chan | 2017-07-23 18:54 | Days in Geneva | Comments(0)

ゆるーい夏の日。。。

7月に入るなり、ジュネーブ周辺は閑散としています。
道路も空いてるし、スーパーもガラガラ。
今がバカンスシーズンなんですね。


Y君ファミリーが帰国後、我が家は引きこもり生活が復活。P子ほとんど出かけないし、車でスーパーに行っても車内で待つと言って出てこないし。。

まあ、暑いことだし、だらだらしますかね。筋肉なくなりそうだけど。。。

d0034609_19473593.jpg
早速新しいこぎんに取り掛かりました。またもや総刺し。
取り掛かる前に、アルザスで買った、小さいクロスステッチのキットに挑戦しようとしたのですが、こぎんを刺す以外、まつり縫いもろくにできない私には、クロスステッチの図案は読み解けず。。。そのうち再チャレンジすることにします。

こぎん、ちょっとずつもようが出てきて、このくらいが一番楽しいところかも。
あとは気長に刺すだけです。

ではでは、また。






[PR]
# by suna-chan | 2017-07-18 20:02 | Days in Geneva | Comments(2)

日々

d0034609_02042674.jpg
Y君たち滞在中は、毎朝テラスのテーブルでお勉強タイム。
先に勉強が終わる弟君がいつも、P子のお気に入りのぬいぐるみを窓辺に立たせてました。見守ってる? じゃなくて、空を眺めているそうです。


d0034609_17005611.jpg
食材、医薬品、いろいろ持ってきてもらいましたが、とりわけ嬉しいのが本とこぎん刺し用の布。
富士日記、学生時代の友人が上巻をお餞別にくれたのは、アメリカに引っ越す時だったかな。
最初は普通に読んだだけでしたが、あとからじわじわ、おもしろさがわかってきました。これから中巻と下巻を読むのが楽しみ。

d0034609_17051770.jpg
色が飛んでますが、P子にスニーカーを買いました。今の靴がスリッポンで、ハイキングなどのアウトドアには向かないので、という訳ですが、こんな靴欲しくない、もっとかわいい靴か、革のサンダルが欲しい、と泣かれる羽目に。。。

長ズボン、スニーカーなどを買うときは、しょっちゅう反発され、ほんと買い物疲れます。。。凹。


d0034609_17111592.jpg
買い物時のランチはBalexertの中のトルコ料理のお店で。いつも混んでいて、今回が初めてでしたが美味しいお店でした。値段もリーズナブル。

日本は3連休ですね。猛暑とか豪雨とか、気象ニュースが気になりますが、よい休日となりますように。。。



[PR]
# by suna-chan | 2017-07-16 17:24 | Days in Geneva | Comments(0)
4日目は、午前中は家でゆっくりし、午後からフォシーユFaucilleに遊びに行きました。
スキー場がある場所ですが、夏場には子供の遊び場になっていると聞いたので。。。

行く前に、プチサコネのイタリアンLuigiaでランチ。

d0034609_05353126.jpg

ピッツァマルゲリータ、カルボナーラ、アーティチョークのサラダ。
美味しかったのに、子どもたちはさっさと食べると、子ども向けのコーナー(ミニシアター)に直行して遊んでました。
食べるより遊ぶ方がいいのねー。

ジュラ山脈を登って、フォシーユには40分ほどで到着。陽射しは強いけれどジュネーブより涼しい。

d0034609_05360150.jpg
樹上アスレチック、まずはこんな装備を装着します。


d0034609_05362703.jpg
開始直後。Y君はさっさと進んでしまいましたが、弟君とP子はカラビナを移動させるのに苦戦。高さに足がすくみ、半泣き状態に。。。。

他の家族連れは、親も一緒に樹上に登っていましたが、てっきり子どものためのアスレチックと思い込んでいたので、私もY君ママもフラットシューズで来てしまい、下から大声で指図して、、声が枯れました。
見かねたよそのパパが手助けしてくれたり、スタックしたときは係の人が来てくれたり。。。
あー、間違えた、と正直思いました。笑。

d0034609_05380702.jpg
でも、ここまで来てしまうと、あとはロープを滑車で滑り降りるしかありません。
半泣きで拒むP子。着地点まで林を駆けて、遠方から大声出す私。。。

おそるおそる滑ってみると、これが楽しかったそうで。

d0034609_18323100.jpg
これで心の余裕を取り戻し、あとは楽しく遊べるようになりました。

樹上では基本カラビナ2つで落下防止をしているのですが、カラビナの使い方も見知らぬ人が教えてくれて、どんどん動作が俊敏になっていきました。

最後、一番元気にアスレチックをしていたY君が、滑車を使うところをカラビナにしてしまい、滑れず宙釣りになるアクシデントがありましたが、これも近くの人が手を伸ばして引っ張ってくれ、なんとかもとの場所まで帰ることができました。
このとき、P子と弟君が係の人を呼びに行ってくれたのですが、二人ともなんとか意味を伝えられたようで、すでにY君は救出された後でしたが、係の人も駆けつけてくれました。
後でなんて言ったのか聞いてみると、弟君はあやしい外国人アクセントの日本語で「Yガ ウゴケマセーン」みたいなことを言ったそう。本人は英語で伝えられたと自信たっぷり(^^)。かわいいね。そう、自信持つのは大事!

樹上アスレチックの後は、ローラーコースターへ。

d0034609_05400166.jpg
スキー場の斜面に、こんな線路があって、まずは右側を自動で登り、左のレーンを上からカートで滑り降りてきます。
カートの画像がありませんが、二人乗りです。
弟君はかたくなに拒むので、P子とY君が、それぞれ保護者同伴でトライしました。

下りは一部らせん状の場所もあってちょっと怖いー。けど結構楽しい、なんて思ったのですが、ここでまさかのアクシデント発生。終了地点で、私とP子のカートに、後ろから来た男性2人乗りのカートが激突〜。

注意書きには、前との差を25m空けること、とあったんですけどね。。。。係の人に怒られてました。

ギャラリーがいる場所での追突で、Y君ママの動画には事故の瞬間こそ写っていなかったものの、体格のいい大人2人のカートが突っ込んでくる様子が記録されており、ショックで私がぼーっとしてる間に、相手の人の連絡先まで聞いてくれました。。

P子は全然平気で、「楽しかった!もう1回! お願い!」と私をぐらぐら揺すって怒られ、見かねたY君ママがP子ともう一度滑ってくれました。

あー、びっくりした。。。


弟君は結局一度も滑らず、Y君、P子が何度か滑ってから、家に戻りました。

夜ごはんは、子どもたちがそんなに食事に興味なさそうなので、帰りがけにカルフールでお寿司やフライドチキンを買い、あとはレトルトカレーとごはんを温めて、近所の公園でピクニックにしました。

日が長いのがありがたい。子どもたちはごはんをさっと食べて、早速遊具で遊んでました。


d0034609_19060092.jpg


弾丸ツアーだったので、この翌日にY君たちは帰国の途に。
上の画像は翌朝撮ったものですが、この日もギリギリまで公園で遊びました。

何が一番思い出に残ったか、いつか聞いてみたいな。モンブランより近所の公園って言われそうだけど。。。

はるばる遠くから、来てくれてありがとう!





[PR]
# by suna-chan | 2017-07-15 20:04 | Days in Geneva | Comments(0)

特製パスタ

d0034609_19000024.jpg
モンブラン観光の夜は、家でごはん。無理にお願いしてY君ママにパスタをつくってもらいました。
手順を見せてもらうと、やっぱり私より数段手が込んでるいる!
缶詰のホールトマトは手で握りつぶし、にんにくはつぶしてじっくり火を通し、エビとトマトソースは別々につくって合わせるという、、、。美味しくて食べすぎました。
ワインも結構当たりでよかった。
ごちそうさまでした。



[PR]
# by suna-chan | 2017-07-14 19:04 | Days in Geneva | Comments(0)

モンブランへ


さて、あまり見どころのないジュネーブ。
いったいどこに連れて行ったら喜んでもらえるかな、といろいろ考え、アヌシーやグリュイエール? 予報では雨がちの1週間だったので、その場合は歴史博物館とシオン城と、、ヴィタムViamの室内プール??
でも、どこも旅行のハイライトとしては今ひとつ弱い。。。

ゲスト到着の前日も地図とガイドブックを見ていて、ひらめいたのがモンブランです。

モンブランはフランスとイタリアの国境にあるのですがスイスに近く、アルプスなので、この地ならではの景色が楽しめそう、、、そして、スイスアルプスは遠いけれど、モンブランなら日帰りもできる!

天気予報から雨マークが消えたこともあり、晴れそうな滞在3日目に行くことにしました。

まずは車で1時間半ほどかけてシャモニまで行き、ロープウェイを乗り継いで、標高3777mにある展望台、エギュイユ・デュ・ミディまで登る、というコースです。

夏のハイシーズンはロープウェイが要予約で、前日、うまくネットで予約できずに苦戦しましたが、なんとか午前11時20分に取ることができました。

展望台を満喫するには、ちょっと遅い時間ですが、子連れだし、いいかな、と。

フリース、コート、そしてどこかで水遊びをするかもしれないので水着やタオルも積んで、大荷物で向かいました。

d0034609_18184598.jpg
朝9時に出発したのに、ギリギリで乗り込むことになりましたが、ロープウェイの中間駅ではこの景色でした。



d0034609_18203004.jpg
しかし、エギュイユ・ドゥ・ミディへのロープウェイでは、雲行きがあやしくなった。。。山の天気は変わりやすいです。

中間駅で少し休んだにもかかわらず、展望台に着くなり、P子絶不調に。
ユングフラウでもそうでしたが、高所に弱いようです。。
お昼ごはんを途中で切り上げて私とP子は中間駅まで戻り、Y君たちだけ展望台に行ってもらいました。
急かせちゃったせいもあるかもですが、あまり景色も見えなかったそうで残念です。


d0034609_18243777.jpg
後から戻ってきたY君たちと、少し山道を歩いて遊びました。これくらいの高度(2000m以下)なら大丈夫なんですが、エギュイユ・ドゥ・ミディは富士山より高く、登る速度も速いので身体への負担が大きかったようです。

d0034609_18254639.jpg
フリーパスを買ったので、モンタンヴェール登山電車にも乗りました。

d0034609_18265972.jpg
このときは真っ青な空!
この光景も見応えあります。

d0034609_18282388.jpg
終着駅からは氷河が臨めます。かなり後退している印象。
下まで降りていくロープウェイもありましたが、3時半ごろにはもう運転終了してました。

d0034609_18312253.jpg
なので、駅の周りをうろうろしただけで戻ってきたのですが、この駅併設の土産店が、かなりおしゃれでした。エコバッグや石けん、ペンやマグなど素敵なデザインの商品がたくさんありました。





[PR]
# by suna-chan | 2017-07-14 08:54 | Days in Geneva | Comments(2)

ジュネーブの午後

国連、大噴水と市内観光の後は、P子と同年代の男子3人+小さい子2人が遊んでいるところに合流しました。

いま、知り合いでジュネーブに残っている日本人は、ほとんど男子。。でP子はふだんは行きたがらないのですが、行ってみたら、主に小さい子たちとですが、それなりに楽しく遊べたようでした。
大きい男子はスケボーしたり、丘をキックスクーターで滑り下りたり、遊び方豪快だったなぁ。。

まだ陽射しは残っていましたが、6時半すぎにはおいとまして、プチサコネのカフェドソレイユで牛の干し肉、フォンデュ、メレンゲのゴールデンコース。

d0034609_17444848.jpg
お肉しか画像ありませんでした。。

Y君たちの口に合わないかも、とダメもとで行ったのですが、結構食べてくれた上、Y君ファミリーと我が家共通の知り合いであるお友達のパパが偶然にも近くのテーブルで会食に来ていて、Y君たちと日本以来の再会、というハプニングが。

そんなこんなで、夜まで充実の2日目でした。





[PR]
# by suna-chan | 2017-07-13 17:59 | Days in Geneva | Comments(0)