飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

透き通る個性

絵の好みは、音楽やお酒と同じく、年齢によって変わっていくのかも。モディリアニは、初めて見たころは好みではなかったけれど、最近はしみじみいいなと思うようになりました。


その絵が展示されているというので、本日は、号外が飛び交う駅前を抜け、渋谷・Bunkamuraで開催中の『ピカソとモディリアーニの時代』展へ。
が、予想以上にほかの画家の作品が多く、ちょっとがっかりでした。

しかし、ポスターにも使われている「母と子」の絵は、静けさと温かさをたたえた、いい絵でした。きちんと技術を習得した上で、誰にでも彼の絵と一目で分かる個性的な線と色づかい。
これはやっぱりすごいなぁ、、、と、自分の立場に置き換えてしまった、画家の仕事ぶり。

ルオーもあったのが、小さいながらも、嬉しい驚きでした。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-06 23:28 | Days in Tokyo | Comments(2)

うちごはん

帰宅して、うちごはん。

空腹だったので手早くできるもの、、、ということでパスタ。ソースはレトルトです。全然いばれないけど、それでもうちごはんって幸せ〜。
ほかに、豚薄切り肉のソテーとにんじんサラダ。
サラダは、にんじん、ツナ、ナッツが入ったお手製(というか残り物なんだけど)。
豚肉は、友人からもらったハーブソルトと胡椒で味つけをして、レモンを添えただけのもの。

そして、ロゼワイン!  
週末用に冷やしておいたのだけれど、飲むチャンスを逃してました。

別に素敵なごはんでもなんでもないけど、食べたいものを食べるうれしさ。


さて、これからコーヒーをいれたら、読書タイムです♪
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-05 22:12 | Days in Tokyo | Comments(0)

Y・O・N・S・A・M・A

午前中は丸の内の丸善へ。探していた洋雑誌は見つかりませんでしたが、小説のコーナーでは、翻訳書の世界が広がっていることにびっくり。中近東の小説も結構翻訳されているんですね。

昨日、新聞の書評に偶然、イラン女性が書いた小説が2冊紹介されていたので、両方読もうと思ったのですが、あいにく1冊しか見つかりませんでした。
『柘榴(ざくろ)のスープ』 白水社

まだ数章読んだだけですが、なかなか面白そうです。


ところで、それとは別に、韓国に行ってきた知り合いから、お土産をもらいました。
ヨン様の顔が刺繍してある靴下…それも「YONSAMA」の文字まで入ってる!

「チャングムエプロン」というお土産があるとは聞いていましたが、、、いろいろ工夫してるんですね〜。
よくも悪くも、ヨーロッパではお土産のための土産品とか流行品といったものはあまりなかったので、こういうグッズは新鮮です。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-04 23:55 | Comments(2)

初校了


すでに日記のトーンが変わったので、お気づきの方もいると思いますが、
先週から新しい仕事がはじまりました。
雑誌編集の仕事です。

昨日が校了日でしたが、なんとか終了〜!
ドイツ語も、去年、ちょっとだけかじった校閲記号も、無駄にはならなかったのね、と思うと、ちょっと感動です。

ところで、編集者と言われて最初に思い浮かぶのが、
ペンを片手にゲラを読む、という姿でしたが、あれは、

鉛筆(赤or青)を片手に、文字数を数えている

というのが実態だったんですね〜!!(驚)

そして、雑誌のページが、最後の1行まで文字できっちり埋まっているのは
文字数を数えて調整しているからだ、と身にしみてわかった2週間でした。

数学、というかそれ以前に算数が苦手で、四則計算すらダメな私は、初めてのゲラで文字数を思いっきり数え間違え、
文字が1段分足りない(紙面最後の4分の1が空白)
という状態に。。。(大汗)

その場は笑って済まされましたが、ふつう、最初からこんな大失敗をしないでしょう……(爆)。おかげで、2度目のゲラは、想像を絶する煩雑さでした。

ちょっと先が思いやられますが、そんなスタートです。

平日は気がはりつめていたせいか、ひたすら1日眠ってしまった土曜日でした。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-02 22:28 | Days in Tokyo | Comments(2)

朝食の一皿

d0034609_1140527.jpg


グレープフルーツは、一房ずつ手でむいて
ミントの葉を散らして、
仕上げにウオツカかシュナップスをほんの数滴。

これがずっと食べたかったんです〜。

売っていないので、自分でつくるしかなく。

グレープフルーツにウオツカをたらすのは、
ポーランド旅行での”発見”でした。

ミントは、ベランダに大量に生えているのを入れてみたら
香りがよくて、以後我が家の定番に。


でも、ソルティードッグみたい、と言われてしまえばそれまでかな(笑)。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-31 11:42 | Days in Tokyo | Comments(8)

深夜に車で

といってもタクシーで。
真夜中に、山の手線内を静かに縦断する感じ。

非常に無口な運転手さんでした。
楽しく会話をしてくれる人もいいけれど、放っておいてくれる運転手さんもいい。
ジャズが小さく流れていて、葉巻の香りがするタクシー。。
お酒がほしくなるなぁ〜(笑)。
葉巻きも、いい香りでした。

市ヶ谷、信濃町、外苑西通りを通って広尾。
学生時代にアルバイトをしていたり、いつか誰かと通った道だったり、
きれいにつながる記憶があると、東京も嫌いじゃなかった、と思います。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-31 02:59 | Days in Tokyo | Comments(2)

もう、こんな時間だ〜

短くてもいいから、ブログらしく、日々の出来事を、、と思っていたのですが、
ちょっと切羽詰まってきて時間ナシ、です。
あっというまに1日が終わってしまって、仕事が全然はかどらない。。。。(大汗)

メダカの餌をやるために、フードタイマーなるものを使い始めました。
時間がくると、餌をまいてくれるシステムで、ずいぶん便利です。
が、前は人が近寄ると、餌を期待して集まってきたのに、最近はあんまり寄ってこなくなってしまった。。さびしーです。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-30 01:57 | Days in Tokyo | Comments(2)

閏月7月5日


どういう話の流れだったか、一緒に食事をしていた人と月の話になり
「先週が新月だったから」
というひとことで、最近月を見ていないな、と思った夜。

帰宅してから調べてみたら、今日は旧暦で閏月の7月5日でした。
そういえば今年は7月が2回ある閏月。
9月に入っても旧暦で潤7月というのは、なかなか新鮮ですね。

それにしても外食続きで、なんだかストレスがたまる今日このごろ。
……以前はそんなこと、なかったんだけどなー。
食べたいものを食べたいように食べる、ということの贅沢に気づきつつあります。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-28 02:06 | Days in Tokyo | Comments(0)

苦痛のショッピング

服とかファッションといったものにはあまり興味がなくて、
デパートに行っても、インテリアのフロアと食器、
服をさっと見たら、あとはデパ地下、というのが
私にとってのゴールデンコースなのですが、
あまりに外出時に着る服が足りないので買いに行くことに。

ああ、Tシャツとジーンズで毎日過ごせたらラクなのに。。。
あるいは、誰かが毎日服を選んでくれるとか。

本日はデパートの中を2時間ほどぐるぐる回り、
ジャケット1枚、インナー1枚をようやく買いました。
うひ〜、疲れた!!
だいたい、鏡の中の自分を見るのが好きではないのです。
たぶん、自意識過剰の裏返しで。

どの服と組み合わせるとか、靴はどれにするとか、
そういうこまごましたことは、明日以降に考えます。

でも、ほんとは、ボトムと靴を買いにいったはずだったのに??
明日の朝、また服と靴とで悩むかも……なんて、考えただけで恐ろしい。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-27 23:53 | Days in Tokyo | Comments(2)

手づくり石けん、その後

前のブログに書いた「手づくり石けん」。
2週間ほど前から使い始めました。
かなり溶け崩れが激しいのが難点ですが、そして、初めて使ったときは、『お風呂の愉しみ』の著者、前田京子さんが書いていたほど、びっくり感動!! というわけではなかったのですが、確かにじわじわ、使い心地の良さがわかる石けんです。

本能的に、というか、身体が自然にこの石けんを求めるというか、どこがどうとは言えないのですが、いつの間にか、夫も私もこの石けんに完全シフトしてしまい、残っていた市販の石けんは全然使わなくなってしまいました。
でも、無意識のうちに選んでしまうというのは、きっと何かある、と思ったり。
すごく滑らかで気持ちのいい洗い上がりです。髪の毛を洗っても気持ちよく仕上がったのはびっくりでした。

寝かすのに時間がかかるので、すでにその後、2回石けんをつくりました。
ただいま乾燥中。
しかし、私の部屋は、メダカやら、乾燥中の石けんやらがあって、どこかの子ども部屋か、ちょっとした実験室か、といった感じです。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-26 23:19 | Days in Tokyo | Comments(0)