飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

その後、

水曜深夜で終わったと思い込んでいたのですが、実はその後、もうひとつ、小さな仕事が残ってました。

人のことは全然言えない私ですが、その記事は、書いた人の数字に関するセンスを疑ってしまう内容。複利のところを単利で計算していたり、同じ数字をあるときは切り上げたり、あるときは切り下げていたり……あり得ない!
引用だからそのまま使う、というわけにもいかず、出てくる数字の整合性を取るのにあたふた。 

ふぃ〜、疲弊しました。

締切が無事終わると、チームのメンバーで行く小さなバーがあります。
タクシーの道順ならなんとなく分かるけど、具体的な住所も名前もいまだに知らないワインバー。
イタリアワインが中心のお店なのですが、初めてここで飲んだときオーダーしたプロセッコは、「ほぼシャンパンと言っていいほどの味」とメニューに書いてあるだけあって、フルーティーで、ハチミツの香りが立ち上り、泡立ちもきめ細かでした。

2回目に行った先日は、そのプロセッコがなく、1ランク下のものをオーダー。
が、飲んでみてびっくり、過日のものとは雲泥の味。
まずい、ということではないのですが、最初のプロセッコがゴージャスすぎたのね。

ウィーンのSektもシャンパンには全然及びがつかなかったけれど、やっぱりシャンパンってほかのスパークリングとは一線を画してるのね、と改めて気づかされました。

さらにその店で数杯目に飲んだ赤ワインは、タンニンが強く、これはグラスではなく、ハーフボトルなりをデキャンタージュしてもらって、時間の経過を楽しみつつ飲むべきワインだったのではないかと。ちょっともったいない飲み方をした気分。

テーブル席だったのと、お店の人が遠慮してか席から離れていたせいで、言葉をかわす機会がほとんどなかったのですが、せっかくワインバーであるからには、ワインの話をしたい!と強く思った夜(夜明け?)でした。
[PR]
# by suna-chan | 2006-10-01 16:32 | Days in Tokyo | Comments(2)

おやすみなさい〜

次の号、無事校了しました〜。
全部終わったのは午前3時前でした。
で、またいつものように、飲みに行ってしまい、帰宅はこの時間。
日の出タイムでしたよ。空が明るかったです。

おかげで、明日の予定がすっぽり空いてしまいました。
会社は行くけど、その前にどこか寄り道していこうかな。


ともあれ眠いです。続きはまた後で。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-28 06:06 | Days in Tokyo | Comments(0)

「いせや」取り壊し

吉祥寺の焼き鳥店「いせや」、取り壊しだそうです。

古い一軒家で、煙がもうもうとしてて、中央線沿線(のちょっと外れ)の大学に通っていたころ、行ったことがあるお店。確か初めて日本酒を飲んだのは、ここだったような。
で、飲んだのはワンカップだったような(笑)。

取り壊し後は、14階建てのビルになるそうです。
お店のほうは、ビルが完成するまで、引き続き場所を変えて営業中だそう。

ニュースに触れて、当時のことを思い出した訳ですが、
社会人になってから行ったあちこちのお店は忘れていたりするのに、
すべてが物珍しかったころの記憶は鮮明なんだなぁ〜。

っていうか、カップ酒片手に焼き鳥食べたいな〜。
そんなスポット、我が家の近所にも結構ありそうなんですが(笑)。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-27 01:35 | Days in Tokyo | Comments(5)

ひとりイタリアン

締切週です。

これから1週間、たぶんまともな夕食ができないと思うと気持ちはブルー。
っていうか、ウィーンでのんびり過ごした3年間で、ずいぶん食に執着するようになりました。

で、今日の夕食は、社員食堂へのお誘いを断って、ひとりで外出。
いつもタクシーで通りかかるイタリアンのお店があったので、そこでパスタを食べようかと。
店に着いてみたら、意外とおしゃれなお店でした。
外のメニューを見た限り、夜はコースが主流のようですが、でもまあいいや、と入店。

で、前菜にポルチーニを巻いた鶏肉(ガランティーニという名前がついていた)、
それからリボン型のパスタをオーダー。

「ガランティーニ」というのは、初めて食べたのですが、予想に反して冷製でした。
上品なお味でしたが、ポルチーニは、ペースト状になっていて、味も食感もあまり分からなかった。。。
思いっきり食べていたウィーン時代がなつかしい。

このメニューなら本当はワインも頼みたいところでしたが、仕事の続きがあるので我慢
(しかしこれは、食事途中でグラスをオーダーしようかと思ったほどストレスフルでした)。
デザートをゆっくり食べる気分でもなかったので、デザートもパス。

せっかくのお店でも、せわしない気分で行ったら十分味わい尽くせないものだね、と反省した夜でした。

今週は仕事に励んで、ゆっくり食事が楽しめる時に再訪だなぁ〜。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-26 01:35 | Days in Tokyo | Comments(2)
週末は、東京ビッグサイトで開催されていた、オーガニック&ナチュラル製品の見本市へ。

この見本市は、オーガニックEXPO(Bio Fach Japan)、ナチュラルプロダクツEXPO、そしてナチュラルEXPOという3つのイベントが同時開催という形で行われていました。このような形式になったのは今回が初めてだそうで、予想以上の規模の大きさでした。

ちなみに、Bio Fachの本家は、ドイツ・ニュルンベルクで開かれる大規模なオーガニック製品の見本市です。日本語表記は「ビオファ」としているようでしたが、「ビオファッハ」のほうが現地の発音に近い気が……。

この3つのイベント、若干趣旨が異なるようで、すべてがオーガニックや有機農産物にこだわっている訳ではなく、例えばナチュラルEXPOの出展者は、「健康」をキーワードにした食品やサプリメントを扱っているところが多いようでした。
試食コーナーがあったせいか、このコーナーは人気集中。

オーガニックEXPOコーナーでは、有機の認証を取った製品が目立ち、ナチュラルプロダクツEXPOは、タイやマレーシア、米国などの輸出振興局や開発公社、業界団体単位での出展が多く見受けられました。

オーガニックが一大ムーブメントに、と言いたいところですが、見ての印象は、健康産業、それに付随してオーガニックが若干脚光を浴びているのかなぁ、という感じでした。

さて、会場で久しぶりの再会を果たしたのが、フリージャーナリストの木村麻紀さん。
彼女も、通信社記者→フリー、そしてドイツ(ミュンヘン)滞在という、私とちょっと似た経歴の持ち主ですが、語学に堪能、そして、まだ帰国後1週間なのに、このようなイベントの取材に来てしまう、という、とてもエネルギッシュな女性です。
ウィーンでは呑気に、帰国後も2か月くらいは何もしなかった私とは大違い……(大汗)。まあその辺りは個人差ということで。

初めてお会いしたのは、お互いが長野支局に勤務していたころ。
その後、取り立てて連絡を取ることもなかったのに、偶然に偶然が重なってネット上で「再会」。世間って狭い〜。

麻紀さんのサイトはこちら。
http://makikimura.blog55.fc2.com/

今後のご活躍、すごい楽しみです。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-25 00:27 | Days in Tokyo | Comments(2)

昨日は

ロンドンからの画像データが届くのを待っていた。
やり取りを担当してくれる人がいるので、仕事をするのはその人で私はただひたすら待っているだけなのだけれど、待つのも仕事のうち。

スムーズに行かなかったのは、どうやらネット上に問題があったかららしい。
ロンドン側の相手は、週3日だけ勤務のエージェント。水曜日に送ったというはずの資料が届いておらず、確認は金曜日に持ち越しに。

そして、金曜日も問題は解決しなかったのであった。

午前1時ごろ、担当者が電話で何度目かのやり取り。
会話の感じだと、どうやらギブアップ。そして
「今日はもう退社時刻だから、来週送りましょう」
といった展開になったらしい。

そうだよねー、イギリスはただいま午後5時。

そして電話は切られ、担当者の仕事は終わり、私の仕事は終わらないまま、終わり。。。

いやはや、イギリス人より終業時刻が遅くなるとは。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-23 22:34 | Days in Tokyo | Comments(2)

朝帰り

ただいま、5:30。

仕事が一段落ついたのは2時前だったと記憶しているのですが、同世代女子と4人で中華料理店に飲みに行ってしまい、気がついたらこの時間。。
朝はずいぶん涼しくなっているんですね。

さすがに眠い。。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-23 05:25 | Days in Tokyo | Comments(0)

春菊のサラダ風

本日は、うちごはん。
そのつもりで、朝から「今日は絶対うちごはんだ〜」と狙っていました。

生の春菊とイカのおさしみの和え物を食べたかったのですが、
スーパーに到着したころには、お刺身コーナーはほとんど空っぽ。。
盛り合わせのパックがあったので、それを買いました。
中身はマグロ、帆立貝柱、ハマチ、イカ。そしてイクラが少々。

春菊を初めて生で食べたのは、四谷の日本料理店だったかな。
もう何年も前のことですが、細長い器に、ざくざく切った春菊、その上にイカが乗っていて、目にも鮮やかな取り合わせでした。
今日は、お刺身を一口大に切って、春菊とあえたところにスダチとお醤油。
本日の見た目は、お店のそれとは全然違います(笑)。

それから、先日宮城在住の人からお土産でいただいた、一口大のさつま揚げ。甘みが強かったので、しょうが醤油はやめて、かるくあぶっただけで何もつけずに。
本場ならではの食べ方もあるのかな……?


d0034609_21573864.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-09-20 21:59 | Days in Tokyo | Comments(5)

いいんじゃない?

今夜は、とあるレセプションパーティーへ。

日曜夜から、外食続き(=飲み続け)です。。。
酒量オーバーで、ちょっと身体が疲れている感じ。

ところで、コンビニで割り箸が一部有料になるのだそう。
国産が1膳5円、とのことですが、割り箸にしても、ビニール袋にしても、資源は限りがあるのだし、有料にしていいんじゃないかなー。

私は、my箸をなるべく持ち歩くようにしているけれど、忘れることもあるし、使わないこともあります。ちょうど歯ブラシを持ち歩くのに似ていて、あって使ったら気持ちがいいけど、なければないで、すごく困ることもないというか。

持ち歩いているのは、昔買ったプラスティック製のもの。エコな感じでもなければ、おしゃれでもないけれど、外食続きで1日2回も割り箸を使う生活のなかで、自分でちょっと変えられる部分があるというのは、なかなか嬉しいです。

ま、お箸のことを心配するだけじゃなくて、アルコールの大量消費を改善したほうが、よっぽど身体にも(フードマイレージが大きくて)環境にもいいじゃないかと思いますけど。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-20 00:39 | Days in Tokyo | Comments(6)

おめざ

音羽の群林堂で、豆大福を買いました。

そして、今朝は煎茶と豆大福がおめざ。

d0034609_10405346.jpg


風が強い秋晴れの朝。
清々しいなー。
ちょっと頭が痛いけど。

というのも昨晩は浴びるようにワインを飲んでしまったのです……。
朝、目が覚めて深く反省。最近このパターンが多いかも(嫌)。

さ、気を取り直して行ってきまっす。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-19 10:20 | Days in Tokyo | Comments(4)