飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランチ in アークヒルズ

昼すぎ、アークヒルズをぼーっと歩いていたら、友人に遭遇〜。
そのときは本当にぼんやりしていたので、いきなり目の前に知りあいがいて驚きでした。。よく考えたら、彼女はこのビルで仕事をしているから、それほど驚かなくてもよかったんだけれど。

近くでさくっとランチでも、ということで、 オーバカナルへ。友人は魚、私は鶏肉をオーダー。
女性はフレンチ、嫌いじゃないですよね。女性に比べると、男性は和食志向が強いんじゃない? などと四方山話をしつつのランチでした。

携帯の画像、何度送っても、選んだ画像と違う画像が送られてくるので参ります。。どうして〜? 故障? それとも操作が悪いのかなぁ。

そうそう、本日は、オーガニックなボジョレーヌーボー(昨年もブログに書きましたが、同じワインです)を予約してきました。今年もボジョレーを飲むことになります。楽しみ〜。

d0034609_2275077.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-09-12 02:29 | Days in Tokyo | Comments(0)

すだちの味

徳島出身者から、スダチをたくさんいただきました。

今の時期なら、やっぱり秋刀魚でしょう! ということで、初物の秋刀魚を焼きました。
ほかには、青じそを載せた冷や奴、オクラとアスパラガスの胡麻ドレッシング和え、なめことねぎのみそ汁、玄米ご飯。

地味なごはんでしたが、自宅できちんとごはんつくるのは久しぶり。
こういうごはんは、心に沁みるな〜。

スダチは、秋刀魚にかけるだけではなくて、お味噌汁にもたっぷり絞り込みました。
香りが立って、とっても美味しい!

ささっと焼いて、熱々を食べたので、写真はナシです。

残暑がぶり返しているけれど、もう秋ですね。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-12 01:38 | Days in Tokyo | Comments(2)

再会in横浜

週末は去る。

あっという間に月曜日が終わってしまいました……。

今更ながら、週末のごはん記録など。

土曜日は、サンディエゴから一時帰国中のはっちーを囲んでの、ごはん会。
場所は、かもすけ邸。丘の上のマンションで、海が見える抜群のロケーションでした。
お部屋も、アジアンテイストでまとまっていて、素晴らしい居心地〜♪
ほかに、バリバリのキャリアウーマンわっしー。
そして、はっちーのもうすぐ4歳になるジャイ子ちゃん。

日本のデパ地下の味をはっちーにも、ということで(?)
料理はデパ地下で購入。……いや、日本在住者も楽しめるメニューです。

携帯画像(まだ携帯から直接アップできない……汗)のメニューはこんな感じ、でした。

気軽に集まれる、こんなスタイルも、ホームパーティの形としていいんじゃないかな。

d0034609_1264747.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-09-12 01:15 | Days in Tokyo | Comments(0)

本日のランチはキッシュ

ほうれん草のキッシュ

初トラックバック☆ ウィーン在住の友人marcoちゃんのブログを読んだら、あまりにおいしそうだったので、本日のランチはキッシュに決定!

有楽町のVinpicoeurまで。

行ってみたら、サラダとポタージュがついたセットがあったので、それを。キッシュは数種類あり、私はサーモンとほうれん草のキッシュをオーダー。

ほんとはワインが欲しかった。。。が、昼間ゆえ、飲めない事情もありまして。

食後は、コーヒー&ブラックチェリーのタルトを追加注文。

タルト、ボリュームがあって、しっかり甘かったです。

強烈なインパクトはないけれど、こういうお店が近くにあったら通うな〜。

以下、写真は携帯画像です。

d0034609_0114538.jpg
d0034609_0135372.jpg
d0034609_0141325.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-09-09 00:09 | Days in Tokyo | Comments(0)
新しい業界の専門用語は、今ひとつ分からなかったりするのですが、レイアウトは(たぶん)、私が今のところ最も克服しなければいけない苦手な作業(のひとつ)。

雑誌のページをレイアウトするときに、見出しや写真の位置やサイズはこんなふうに、ということを伝えるのに絵を描きます。
別に、難しい絵ではなく、四角い枠のなかに、四角とか棒線をひっぱるだけでもいいのですが、つくりたいページのイメージをデザイナーに分かってもらうのが一番重要です。
もちろん、上手い人はいるもので、ページにちょっとしたアソビゴコロを加えたり、写真のシルエットを描いてしまう編集の人もいるんですよね。描いている人も楽しそうだし、見せてもらうこちらも、思わず笑顔になってしまいます。

が、、、私は、といえば、絵心は全くといっていいほどない人間。
思えば、小学校の図工も、つくれないとき、描けないときは全然ダメで、さんざんな成績を取ることがありましたっけ。。

そうだ〜、苦手だったのは算数だけじゃなかった〜(汗)。

新しいページのラフを描くのに、1時間ほどかけました。
が、何度やっても、あまりに下手なので我ながらショック。
幸いというか、何が入るか説明だけしてくれれば、前後のページとの兼ね合いでレイアウトを決めます、とデザイナーさんが言ってくれたので、その下手な絵を出さずに済んだのですが、
……これって、練習すればうまくなるものなのでしょうか(疑)。


いや、、絶対無理だと思う。。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-07 23:26 | Days in Tokyo | Comments(2)

透き通る個性

絵の好みは、音楽やお酒と同じく、年齢によって変わっていくのかも。モディリアニは、初めて見たころは好みではなかったけれど、最近はしみじみいいなと思うようになりました。


その絵が展示されているというので、本日は、号外が飛び交う駅前を抜け、渋谷・Bunkamuraで開催中の『ピカソとモディリアーニの時代』展へ。
が、予想以上にほかの画家の作品が多く、ちょっとがっかりでした。

しかし、ポスターにも使われている「母と子」の絵は、静けさと温かさをたたえた、いい絵でした。きちんと技術を習得した上で、誰にでも彼の絵と一目で分かる個性的な線と色づかい。
これはやっぱりすごいなぁ、、、と、自分の立場に置き換えてしまった、画家の仕事ぶり。

ルオーもあったのが、小さいながらも、嬉しい驚きでした。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-06 23:28 | Days in Tokyo | Comments(2)

うちごはん

帰宅して、うちごはん。

空腹だったので手早くできるもの、、、ということでパスタ。ソースはレトルトです。全然いばれないけど、それでもうちごはんって幸せ〜。
ほかに、豚薄切り肉のソテーとにんじんサラダ。
サラダは、にんじん、ツナ、ナッツが入ったお手製(というか残り物なんだけど)。
豚肉は、友人からもらったハーブソルトと胡椒で味つけをして、レモンを添えただけのもの。

そして、ロゼワイン!  
週末用に冷やしておいたのだけれど、飲むチャンスを逃してました。

別に素敵なごはんでもなんでもないけど、食べたいものを食べるうれしさ。


さて、これからコーヒーをいれたら、読書タイムです♪
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-05 22:12 | Days in Tokyo | Comments(0)

Y・O・N・S・A・M・A

午前中は丸の内の丸善へ。探していた洋雑誌は見つかりませんでしたが、小説のコーナーでは、翻訳書の世界が広がっていることにびっくり。中近東の小説も結構翻訳されているんですね。

昨日、新聞の書評に偶然、イラン女性が書いた小説が2冊紹介されていたので、両方読もうと思ったのですが、あいにく1冊しか見つかりませんでした。
『柘榴(ざくろ)のスープ』 白水社

まだ数章読んだだけですが、なかなか面白そうです。


ところで、それとは別に、韓国に行ってきた知り合いから、お土産をもらいました。
ヨン様の顔が刺繍してある靴下…それも「YONSAMA」の文字まで入ってる!

「チャングムエプロン」というお土産があるとは聞いていましたが、、、いろいろ工夫してるんですね〜。
よくも悪くも、ヨーロッパではお土産のための土産品とか流行品といったものはあまりなかったので、こういうグッズは新鮮です。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-04 23:55 | Comments(2)

初校了


すでに日記のトーンが変わったので、お気づきの方もいると思いますが、
先週から新しい仕事がはじまりました。
雑誌編集の仕事です。

昨日が校了日でしたが、なんとか終了〜!
ドイツ語も、去年、ちょっとだけかじった校閲記号も、無駄にはならなかったのね、と思うと、ちょっと感動です。

ところで、編集者と言われて最初に思い浮かぶのが、
ペンを片手にゲラを読む、という姿でしたが、あれは、

鉛筆(赤or青)を片手に、文字数を数えている

というのが実態だったんですね〜!!(驚)

そして、雑誌のページが、最後の1行まで文字できっちり埋まっているのは
文字数を数えて調整しているからだ、と身にしみてわかった2週間でした。

数学、というかそれ以前に算数が苦手で、四則計算すらダメな私は、初めてのゲラで文字数を思いっきり数え間違え、
文字が1段分足りない(紙面最後の4分の1が空白)
という状態に。。。(大汗)

その場は笑って済まされましたが、ふつう、最初からこんな大失敗をしないでしょう……(爆)。おかげで、2度目のゲラは、想像を絶する煩雑さでした。

ちょっと先が思いやられますが、そんなスタートです。

平日は気がはりつめていたせいか、ひたすら1日眠ってしまった土曜日でした。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-09-02 22:28 | Days in Tokyo | Comments(2)

朝食の一皿

d0034609_1140527.jpg


グレープフルーツは、一房ずつ手でむいて
ミントの葉を散らして、
仕上げにウオツカかシュナップスをほんの数滴。

これがずっと食べたかったんです〜。

売っていないので、自分でつくるしかなく。

グレープフルーツにウオツカをたらすのは、
ポーランド旅行での”発見”でした。

ミントは、ベランダに大量に生えているのを入れてみたら
香りがよくて、以後我が家の定番に。


でも、ソルティードッグみたい、と言われてしまえばそれまでかな(笑)。
[PR]
# by suna-chan | 2006-08-31 11:42 | Days in Tokyo | Comments(8)