旅先での理想の1日

今回の旅行では、カフェで新聞を読む、というのも大きな目的でした。
朝、ホテルを出たらカフェに行き、午前中はずっとカフェで新聞を読み、その後友達とランチ、場所を変えてお茶をして、夜はオペラかディナーへ、、というのが理想のパターン。
実際は……毎日とはいきませんでしたが、そんなリズムで過ごす日が多かったです。

朝食は、ホテルで摂ってから出かけ、カフェではコーヒーとケーキ、というのが一番好きなパターン。好きなカフェには、必ずといっていいほど好きなケーキがあるものですし。
新聞は、たいていのカフェには木製のバインダーにはさまれたものが置いてあるので、それを読めばいいのですが、私は辞書を引いたり、線を引いたりしながら読むので、カフェに行く前に新聞を買っていました。コーヒー1杯だけで長時間いても嫌がられないのもカフェの特徴ですが、住んでいたころは、そんなにのんびりすることがありませんでした。今回、実際にカフェに長時間入り浸って、それが本当なんだと実感した次第。

ちなみに、写真の左奥に見える鞄は、隣の席に座った人のもの。書類であふれてますね。

d0034609_23343698.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-11-24 23:39 | 2006秋 ウィーンへの旅 | Comments(0)

カーレンベルクの丘へ

d0034609_1254240.jpg


以前住んでいた場所を訪れるというのは、どこか後ろめたい気がします。もはや関係のない場所に、わざわざ行かなくても、と思うのですが。

ふたたび訪れたグリンツィング。
ウィーンの北部、19区の丘の中腹です。
すぐ裏手はぶどう畑で、カーレンベルクの丘の上まで続いています。

1区を出たころは、小雨まじりの天気だったのに、グリンツィングに着いたときはきれいな空でした。

そしてカーレンベルクの丘。

d0034609_126317.jpg


展望台が新しくなっていました。空が広い。

d0034609_129686.jpg


丘から、グリンツィング方面を見下ろしたところ。

d0034609_1292613.jpg


大きく流れているのがドナウ。

d0034609_130285.jpg


すっかり晩秋でした。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-23 01:32 | 2006秋 ウィーンへの旅 | Comments(4)

cafe MUSEUM

はからずも、ロンドンで1夜をすごすことになり、ウィーンに着いたのは翌日の午後遅く。

着いたときがちょうど雨上がりで、水たまりに太陽がきらきら反射していました。
11月の晴天なんて珍しいから、それだけで嬉しい気分。

そういえば、初めてウィーンに来たときも(5月でしたが)、きれいな晴天でした。
飛行機で隣の席に座っていたのが、ツアー旅行の添乗員さんで、
「晴れているなんて珍しい。あなたはウィーンに歓迎されていますね」
なんて言われたから、ちょっとその気になったんだった。。。

きっと、言った人は忘れているんだろうなぁ(笑)。

ホテルにチェックイン後、ちょっと休んでから夕方の街へ。
その夜は友人宅にお呼ばれをしていたのですが、その前にカフェ「ムゼウム」に立ち寄りました。

最初の1杯は、おなじみのVoeslauer。
コーヒーでもよかったのですが、その後食事にお呼ばれをしていたので、ここはミネラルウォーターをオーダーしました。もちろんガス入り。

のどごしの瞬間、帰ってきた〜、と思いました。……ビールじゃないけどね。


d0034609_153425.jpg

[PR]
# by suna-chan | 2006-11-22 01:06 | 2006秋 ウィーンへの旅 | Comments(2)

そして週の初日から、、

創刊1周年記念、というので夕方の会議の後にピンクシャンパンで乾杯。
その後、お祝いにいただいたワインやボジョレーを開け、、まではよかったのだけれど、
流れで飲みに行くことになり、店では帰るに帰れない状況になり、、、で先ほど帰宅。

いいのか、私。。。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-21 03:13 | Days in Tokyo | Comments(0)

ウィーンに里帰り(?)

さてさて、ごぶさたしていましたが、ウィーンから東京に戻ってきました。

ブリティッシュ・エアウェイズを使い、ロンドン経由で往復したのですが、スタートからつまづきまして、フライトの遅れでロンドンに1泊することに……(汗)。はからずも、ヒースローの厳しい警備も体験してきました。
ともあれ、ウィーンでは、11月とは思えないほどの天候にめぐまれ、食べ歩きも十分! 堪能してきましたよ〜。

現地でお世話になった皆様、どうもありがとうございました。楽しい滞在になったのは、たくさんの友達がいてくれたおかげです。それを思うと、1年ぶりの”里帰り”はグッドタイミングだったかも。

旅の詳細は、追々ご報告していきますね〜。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-20 00:46 | 2006秋 ウィーンへの旅 | Comments(2)

それでは……

これから1週間、ウィーンに行ってきます。

朝まで起きていることは多いけど、朝きちんと起きたのは久しぶり、でした(笑)。

ロンドン経由で、セキュリティチェックが厳しそうなのがちょっと気になります。


それでは!
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-11 07:31 | 小さな旅 | Comments(0)

猫道をゆく

今朝は眠い〜。しかし今日もいいお天気。

そして、よく晴れた日は散歩日和!

ちょっと離れた駅まで、住宅街のなかを抜けていたら、すごーく細い道を発見。
おとな2人が並んで歩けないほどの、狭い狭い通路です。
行き止まりかな? とも思いましたが、進んでみたら、ちゃんと別の道に通じていました。


d0034609_9521496.jpg


東京南部&お散歩といえば、私が愛読しているのはこのサイト↓
日々@好日
携帯画像なのに、なぜこんなに素敵な写真が取れるのか……。そして、食べ物&風景写真が多いのが私好みです。

では、みなさまもよい1日を!
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-08 09:56 | Days in Tokyo | Comments(0)

終わらない。。。

で、ほんとに仕事が終わりません。
ただいま水曜日の午前4時前。
昼過ぎからずっとPC作業をしているので、もういい加減腕が痛い。

前回よりは、手際がいいと思うのです。
なぜなら、前回は、仕事のピークが木曜日(金曜日の未明)だったから……。
今回は、このままいけば、今日、明日がピークというところでしょうか。


来週は、1週間の休暇! でウィーンに里帰りしてきます。
が、いつものことながら、準備はぎりぎりになりそうです。

さ、もうちょっと目処をつけたら帰ろう。ではでは。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-08 03:56 | Days in Tokyo | Comments(0)

またまた、怒濤の1週間に突入。
今度の号は、記念号なのでいつもよりページが増えます。
よって仕事量も増える。。。でも、仕事は勉強。多いほうが嬉しいです!!(なんてね)

それにしても、同僚たちの語学の達者なことといったら。
周囲で飛び交うフランス語、英語、韓国語、中国語、を聞いていると、その流暢さに思わずため息。
私の語学レベルでは、全然太刀打ちできません。。。そういう時に限って、どんなに辞書を引いても今いち理解できない文章が、目の前に膨大に摘み上がっていたりするのです。超えなきゃいけない壁が高すぎ。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-07 02:19 | Days in Tokyo | Comments(0)

「FUTON」中島京子

先日、帰り道で本屋に立ち寄り、月刊誌と小説をいくつか購入して帰ったところ、夫も同じ雑誌、そして、同じ作者の別の小説を買ってくる! という偶然がありました。

本まで同じじゃなくてよかった。
その2冊の本の著者は中島京子さん。で2冊のうち、この週末に読んだのが、彼女のデビュ−作「FUTON」です。

この本がベースにしている、田山花袋の「蒲団」は読んでいないのですが、時代は現代、場所は東京のある街を軸に、蒲団のその後の物語や、日本文学の研究者である米国人男性の現在、老人の記憶にある第二次大戦前後のエピソード、、と、いくつものストーリーが重層的に交錯する、読み応えのある本でした。
[PR]
# by suna-chan | 2006-11-05 01:02 | Comments(2)

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧