飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2017年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

最終日は、夫の希望でオルナンという街にあるクールベ美術館に立ち寄りました。

d0034609_20263273.jpg
街を流れる川では釣りをしている人がいました。

d0034609_20275913.jpg

この川べりの生家が美術館になっています。中はモダンな内装。お客さんも意外と多かったです。


d0034609_20213896.jpg
この景色なんて、美術館にあったクールベの作品と同じです。
パリ・コミューンに加わったものの、その後スイスに亡命し、スイスで生涯を終えたクールベ。
この街自体、ブザンソンからスイスに抜ける街道沿いにあり、スイスは彼にとって身近な国だったのでしょうね。故国を離れなくてはならなかった心情は別として。。。

帰りのルートは、なだらかな森を抜けてローザンヌに出る、というものでした。行きの山越えが嘘のようなおだやかな道でした。。(^^;)。


d0034609_20505216.jpg
旅のお土産。箱入りの生マスタードは、トリュフ入りなど。パンデピス、クレームドカシスはこの夏、スパークリングワインと合わせて楽しむことにします♪
ポーチは、普段パスポートと車検証を持ち歩いているので、そのケースにしようと思って。。これまで、ちょうどいいサイズがなくて、ジップロックのビニール袋に入れていました(汗)。
そしてガラス器は、そうめんつゆや小鉢に良さそうなサイズです。la rochereというブランドで、後で調べてみたらフランシェ・コンテ地方のガラスメーカーのものでした。
たまたま、ブザンソンの土産物屋さんで買ったのですが、ちょうどいい旅の記念になりました。



[PR]
by suna-chan | 2017-05-31 20:58 | 2017初夏ディジョン、ブザンソン | Comments(2)

城壁/1802

朝食後は街中を散歩。

d0034609_23343464.jpg
マルシェが開かれており、

d0034609_01054751.jpg

d0034609_23353790.jpg
この無骨なパンがとても美味しそうでした。


d0034609_23363891.jpg

花束が5ユーロっていいなぁ。ジュネーブはもっと高いので。

d0034609_23373282.jpg
このモダンなパン屋さんのメレンゲも気になりました。
ウィンドウに平積みになっている薄焼きのクラッカーは、マスタードをつけても良さそう。

しかし、、朝から暑くて、食べ物を買う気になれず。。。
ブザンソン、避暑地で夏も涼しいとガイドブックにはあったのですが、5月で30度超えと、びっくりするほどの猛暑でした。

その後、ホテルに一度戻ってから、街一番の見どころである城壁へ。
坂をひたすら登り、私は気分が悪くなりましたが、高台にある城壁は、ルイ14世お抱えの建築家ヴォーバンが設計したもの。

d0034609_00253578.jpg
今は、その難攻不落の城壁を利用して、動物園ができています。
ライオン、トラ、ワライカワセミなどがいて、P子がかなり楽しんでいました。

お昼は、ここのカフェ(というか売店)でバゲットサンドを買ったのですが、こういう何気ない食べ物が意外に美味しい。。。

夜は、1802というレストランへ。
以前夫が出張で来た時、そして今回もホテル(別のホテルです)で勧められたので。。

d0034609_00312230.jpg

d0034609_00321765.jpg
またまたキールロワイヤルから♪

お料理はオマール海老をチョイスしました。

d0034609_00334250.jpg
ここでも、バターのいい香り! P子はキッズメニューでカルボナーラでした。

食後のコーヒーとプチフールのセット。

d0034609_00344792.jpg
d0034609_00360090.jpg
P子はクレームフレッシュ。ヨーグルトのようなフレッシュチーズです。プチフールも美味しかったけれど、大人には、このクリームが美味しく感じられました。

お料理が美味しく、とてもにぎわっているお店でした。プレゼンテーションもきれいだし、店員さんも含め、全体に勢いがあるというか。
でも意外にも、私も夫も、前日のディジョンでランチしたホテル併設のお店が、温かいおもてなしをうけ、お料理も丁寧につくられていてよかったよね、というのが旅を終えての感想だったのでした。。。これがレストラン巡りの面白さでもあります。



[PR]
by suna-chan | 2017-05-31 00:41 | 2017初夏ディジョン、ブザンソン | Comments(4)
今回の旅行もホテルを取ったのが1ヶ月を切っていたので選択肢がなく、といっても3つ星の可愛らしいホテルでしたが、旧市街の中、石畳の一方通行路を登ってようやく着く、という場所でした。

初日の夕食は、カフェで軽く済ませ、、

d0034609_21411607.jpg

d0034609_21405382.jpg
ディジョンにちなんで、アペリティフはキールロワイヤルにしました。クレームドカシスとシャンパンのカクテル。
サラダや前菜を食べただけなので画像省きますが、、、

d0034609_21451765.jpg
白い石造りの建物が並ぶ静かな街でした。
「ああ無情(レ・ミゼラブル)」のビクトール・ユーゴーの生まれた街だそうです。


d0034609_21472519.jpg
2泊しましたが、朝食は2回とも、ホテルではなく街なかのパン屋さんへ。

d0034609_21484324.jpg
家族で経営し、お客さんも地元の常連客が中心、といった雰囲気の店。

d0034609_21502585.jpg
d0034609_21513757.jpg
d0034609_21530502.jpg
d0034609_21533927.jpg
美味しいパン屋さんでした。



[PR]
by suna-chan | 2017-05-29 21:55 | 2017初夏ディジョン、ブザンソン | Comments(2)

ディジョンへ

木曜日から4連休だったので、フランス東部を旅行してきました。
行き先は、ブルゴーニュ地方の中心都市ディジョンと、フランシュ・コンテ地方のブザンソン。

レマン湖がクロワッサンのような形をしており、その外側の弧に沿ってジュラ山脈、それを越えるとディジョンやブザンソン、になります。
距離だけなら片道200kmくらいですが、山越えが少々難あり。。。

まずはディジョンを目指して出発しました。
カーナビの示したルートが、ニヨンからジュラを越えるというもので、風光明媚な景色楽しむのもいいなーと思ったのですが、峠を下って、あとは森を抜けるだけ?という場所で、その道がいきなり通行止めとなっていて進めず、、。頑固に元のルートに戻らせようとするカーナビを切って、看板や地元の人の案内を頼りに迂回路を通ったのでした。

d0034609_18253529.jpg
d0034609_18261054.jpg
キャンプ場や牧草地が広がり、通行量もまばら。。。
私は田舎道のドライブが好きなので楽しかったのですが、こういうハプニングが嫌いな夫にはつらい道中だったようです。

ともあれ、こんな景色の中を2時間くらい走って高速道路に出て、トータル4時間でディジョンに到着。

ランチタイムも終わりかけの時間だったので、とりあえず見つけた駐車場の近くでランチにしました。
ホテル併設のレストラン、le chateau bourgogneというところ。偶然ですが、事前にチェックしていたお店のひとつでした。

そんなにお腹も空かないので、P子は、大人の分をシェアすることにして、

アミューズ。
d0034609_18413311.jpg
メロンのスープ。

d0034609_18424717.jpg
前菜は、これで食べますよー。

d0034609_18444906.jpg
じゃーん! ブルゴーニュ名物のエスカルゴ。


d0034609_18454436.jpg
P子、好物を前に真剣です。
これとパンにバターをつけて1本食べてました。

d0034609_18470522.jpg
私のメインは白身の魚。バターたっぷりの衣に、マスタードソース。


d0034609_18491559.jpg
夫は本日のメニューで、鯖でした。
ワインが飲めないのが残念!

P子はどちらのお魚もよく食べました。
美味しい物は食べるんだよねぇ。

このあとケーキのワゴンサービス、コーヒー、ですっかり満足し、旧市街へ。

d0034609_18551164.jpg
d0034609_18563960.jpg
真夏のような暑さと陽射しでした。

観光スポットを回り、ディジョンといえば、のマスタード屋さんにも入りました。

d0034609_18594206.jpg
マスタードの試食コーナー。上のボトルを押すと、下からマスタードが出てきます。

フレーバーはベリーやハーブ入りなど豊富にありますが、そんなにたくさん味見できるものではありません。P子は、止めるのを聞かずに味見し、案の定「水ー!」と大騒ぎしました。。


d0034609_20054762.jpg
街角の食料品店。マスタードがたくさん。香辛料を効かせたパンデピス、クリームドカシスなどを買いました。


マスタードといえば、のマイユMaille。またもや試食し、マスタードを購入。

d0034609_20062799.jpg
(陽射しが強くて色が飛んでます)。


d0034609_20081497.jpg
このカラフルな屋根はブルゴーニュ特有だそう。

食べ歩きの旅になると、とても元気になる私。パワーチャージしてディジョンを後にしたのでした。





[PR]
by suna-chan | 2017-05-28 20:18 | 2017初夏ディジョン、ブザンソン | Comments(0)

近ごろの交友関係

週明けは、男の子ママ2人とコリアンランチ。
学校の話はもちろんですが、子どもの交友関係が重ならないので、いつもは聞かない話を聞くことができます。
高学年の勉強のことや、そして、グルメな友人からは、レストラン情報も。
スピナーの話もここで聞きました。いろんな話をとりとめなくするのがとても楽しい。

火曜日は、先日、遠方の食材店ツアーに案内してくれた人から、「ひよこ豆煮るけど食べる?」とメッセージが。
わーい、嬉しい、と即答して、おすそ分けをいただきました。

夫と向こうのダンナさんの職種が同じですが(会社は違う)、子どもの年齢が微妙に違うので、ジュネーブつながりの友達、という感じの間柄です。

ひよこ豆、好きなんですが、こちらでは水煮が見つけられないのです。。なのでとっても嬉しい。

どう料理するか迷いましたが、今週後半は旅行なのに、野菜がだぶついているので、チキン、セロリ、にんじん、マッシュルームなどと煮込んで、ハヤシライス風の甘いシチューにしました。
トマトもモッツァレラも、理科の実験に使った紫キャベツも余ってた。。。

d0034609_18223434.jpg
彼女からはひよこ豆のサラダの画像が送られてきたので、私もお返しに夕飯の画像を。
「今日のごはん、いつもと違うね」とP子に言われましたが、確かに珍しい洋風ごはん。主食もパンでした。煮込みでP子が食べたのは、鶏の皮とひよこ豆だけでしたが……。


そして今日は、台湾人の友人に誘われ、6月末までの週1フランス語会話レッスンのクラスを聴講。
今あるクラスでは、通えそうなのがここしかないので試したい、ということでしたが、中級レベルなので、かなり無理がありました。。。
先生も他の生徒さんも親切で、簡単な問題の時は私たちに回してくれたりしましたが、それにしても2時間長かったー@@。そして、皆さん流暢に話していてうらやましいー。
友人は夏休み前に授業が取れなくて残念そうでしたが、私は自分で復習しようと、改めて思ったのでした。

こんな感じで、少しずつ友人が増え、いろいろな刺激をもらえるのが今の楽しみです。




[PR]
by suna-chan | 2017-05-24 21:53 | Days in Geneva | Comments(2)

ハンドスピナー

アメリカで、その小さな玩具が爆発的に売れている、という記事はインターネットで見かけていましたが、先週あたりから、P子の周りでも持っている子が現れ始めました。

ハンドスピナー。
ちょっと持ち重りがして、くるくる回して遊ぶという、、それだけで、どこが面白いの?という感じなんですが。

週末のお誕生会にも、ひとりの男の子が持ってきて自慢していましたが、それはお父さんがバンコク出張の折に買ってきたとか、ジュネーブのデパートでは売り切れだとか、保護者の方もそんな話をひとしきりしていました。

今日、ママ友とランチしているときにもハンドスピナーが話題になり、ある男の子は、先週デパートで買った際、「2、3日したらもっと入荷する」と言われたそう。
で、あるのかな?と帰りに立ち寄ってみたら、ちょうど品出ししていて、周りには子供の親らしい人たちが集まっている、といった具合でした。

値段が、数日前に買ったという人の話より3フラン高くなっていましたよー。
11.9フラン。
そのときは、ばかばかしい、と買わなかったのですが、夕方、P子のお迎えに遅刻し、ひとりぼっちで先生に付き添われていたP子から、なかよしのお友達も買ってもらってた、と聞かされ、、うっかり情に流されて買いに行ってしまいました。。。あーあ。馬鹿だなぁ、と笑ってください。。凹。

そろそろ、学校からスピナー持参禁止を言われそうですけどね。

d0034609_03243246.jpg

とりあえずP子は、くるくる回して喜んでいます。





[PR]
by suna-chan | 2017-05-23 03:54 | Days in Geneva | Comments(4)

植物園再訪

d0034609_01072897.jpg

土曜日に行った植物園に、翌日の日曜日もまた行ってみましたー。

今日は違う出入り口から。
植物園は国連とレマン湖の間にあり、敷地は基本斜面です。
d0034609_01091232.jpg
日陰は肌寒いけど太陽の当たる場所は暑い、という微妙な気温でした。風が冷たいので、私は長袖&上着持参、でもタンクトップの人も結構いました。薄手のダウンを羽織っている人もいるし、服装はほんと個人差あります。

d0034609_01103210.jpg
昨日気になりつつも入れなかった温室へ。

d0034609_01142208.jpg
サボテンが壮観でした。


d0034609_01151242.jpg
鳥の頭のように見える花も。

敷地内の売店にも行きました。大人好みの本やカードがいろいろありました。

植物標本のコーナーがあり、私はこういうの好きなんですがP子は興味示さず。。。


d0034609_01160048.jpg
代わりに、前日に遊んだ「妖精の木」に案内してもらいました。
とても大きな木で、垂れ下がった枝の向こうに部屋のような空間が広がっています。


d0034609_01513480.jpg
これは確かに秘密の部屋ですね。

小さい動物園もあり、また時々来たくなりました。






[PR]
by suna-chan | 2017-05-22 01:53 | Days in Geneva | Comments(0)

植物園

土曜日の午後、P子のクラスメイトの女の子の誕生会がジュネーブの植物園でありました。
日本人の知り合いは来ないというし、ふだんP子の会話に名前が出る子でもないので、どうなのかな?とも思いましたが、P子が行きたい、というので参加することに。

というわけで、補習校は、今日は4時間目が授業参観だったのですが、そのまま外で軽くランチして植物園へ。
ちょうど、この日は植物園の開園200年のイベントをしていたからか人が多く、パーティー会場みたいな東屋もあって、いったいどこが私たちの目指す場所??と、かなり迷ったのですが、なんとかたどり着けました。

集まったのは男女取り混ぜ7、8組だったかな。
P子の学年Y3になると、親が学校に出向く回数もぐっと減るらしく、送迎時の顔合わせもほとんどないので、新参者は他の子や保護者と知り合う機会があまりないのですが、たどたどしい英語でなんとか会話ができ、子供の顔や名前もわかってよかったです。
英語のネイティヴばかりではないこともわかり、ちょっとホッとしました。

P子は、相変わらずシャイでしたが、別のクラスのイタリア系の女の子と意気投合して、親たちに電話番号を交換するよう頼んできたり、英語面での成長を感じました。

残念ながらここにアップできる画像はないのですが、朝までの雨にもかかわらず晴れ、子供たちは、時々ヤブの中から出没するネズミ?を探すのに夢中で(黒っぽくて大きめなんですが、、、汗)、走り回って遊んでいました。

楽しく遊べたことが、少しはP子の自信になるといいなぁ。



[PR]
by suna-chan | 2017-05-21 05:37 | Days in Geneva | Comments(2)

ウィークエンド

金曜日の午後は、語学の勉強で通っていたカルチャースクールのイベントで、カルージュ文化めぐり、というのに行く予定だったのですが、朝から冷え込み、雨も強かったので行くのをやめました。

で、ひたすらボーっとしていたのですが、、ふと気づくと、なぜかベランダにスズメがよく出没してる。。。

d0034609_21270260.jpg
しかも手すりによじ登っている。。。

d0034609_21273156.jpg
手すりは、幅5、6センチといったところですが、中が空洞で、下から入れるようになっていまして、時々、このすきまに巣をつくっているスズメがいるのです。。。
持ち家だったら単純に歓迎なんですが、ただでさえ手薄なベランダ掃除が、ますます追いつかなくなるので、巣をかけられるとちょっと困る。。。


スズメを見ているだけでは1日は長いので、レモンケーキを焼きました。
湿度が高くて肌寒い日は、オーブン使うと元気になれる気がします。

d0034609_21314061.jpg
ウィークエンド、という名のケーキ。
P子お預かりの手土産に持っていこうかな。




[PR]
by suna-chan | 2017-05-19 21:36 | Days in Geneva | Comments(0)

中華系食材店へ

学校に通っているときは、ほぼ曜日ごとにする家事が決まっていたのですが、今週はぼーっとして、月曜日に買い物行かなくても、火曜日でもいいや。。。などと思ったり、暑くなってきたので衣替えをしたり、かなり自由にすごしています。

でもこれから6月末までは、旅行、ランチ会も数回、学校でのバザーのお手伝いなど用事が多いので、学校なくてちょうどいいくらいです。

衣類は、入れ替えついでに枚数を数えたら、もう着られないけど捨てられないコート、喪服、ワンピース、Tシャツなどすべて合わせて54枚でした。
これくらいだと、ほぼ全部が活躍できる枚数です。でも、もうちょっと増やしてもいいかな、、。

さて、今日は、最近知り合った人に、サレーブ山のふもとの中華系食材店まで連れて行ってもらいました。

早めに着いたので、まずは近くのアヌマスという街のショッピングモールに連れて行ってもらい、ここのスーパー、ミグロの魚は鮮度がいい、ということで、確かにきれいな魚が並んでいるなか、おさしみ用のマグロや、こちらでは珍しいびわなどを購入しました。
場所が変わると新鮮です。

今日のメインスポット、中華系食材店はこちら。
中華系レストランに併設されています。

d0034609_04360619.jpg
d0034609_04380791.jpg
お店の前はこんな感じ。本当に何にもないー。

ここは、レマン湖の左岸に住んでいる人には近いのでしょうが、うちからはちょっと遠い距離です。

友人に教えてもらいながら、みそや日本のごま油、韓国海苔、子供のおやつになりそうなお菓子、冷凍シュウマイや餃子、、、などなど買い込みました。
P子の好きなピータンも発見。

d0034609_04423266.jpg

戦利品の一部。

連れて行ってくれた人はジュネーブ生活が長く、かなり身軽に活動しているようで、ハイキングの話や、日々のごはんづくりの工夫など、いろいろ教えてもらいました。ここのお店の前にそびえるサーレブ山に、まずは登ってみることにします。




[PR]
by suna-chan | 2017-05-18 04:51 | Days in Geneva | Comments(0)