飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年少さん、修了!

d0034609_1925731.jpg

ベランダのクロッカスが咲きました。私が一番好きな花かもしれない……。

火曜日は幼稚園の修了日でした。特に親が参列するような式典はなかったのですが、退職される先生に保護者一同で花束と記念品を渡す、ということで、少し早めに幼稚園に着きました。いつも通りの終わりの会をしているところを、教室に入って見せてもらえました。歌を歌って、絵本を1冊読んでもらって、最後が「さようなら」のごあいさつ。
飾らずシンプルな、よい終わりかたでした。

その後は、幼稚園を去る子を囲んでランチ。いくつかの輪があり、お誘いがあったのですが、こういうのの集まり方って難しい。P子の仲良し女子3人組の集まりに出ることにして、ほかの集まりと合流したりするのは避けました。。お断りしちゃったので、誘ってくれた人には嫌な思いをさせてしまったかな、と思いつつ、、、全員参加やみんなに声をかけているのではない、それなりの大人数の集まりには出ないでおこう、と思った日。だって、自分がそういう会の存在を知らなかったら嫌だから……。

親の雑念に関係なく、修了日も子どもたちは楽しそうに園庭で遊んでいました。

今日からしばらく帰省します。
千葉や東京の友達、それに中国から一時帰国するかもしれない、いとこたちと、たくさん遊べる春休みになりますよう。

たくさん遊んでエナジーチャージして戻ってきます。

みなさまも、よい春を。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-21 08:30 | Days in Sendai | Comments(0)

誕生日でした

d0034609_11205652.jpg


日曜日は私の誕生日でした。P子が少し体調悪そうだったので、家でお祝い。
サプライズはいたがきのバースデーケーキ、で、年齢のろうそくつき(汗)。でも、この数字、シックで私好みでした。

なぜかP子がこの日をすごく楽しみにしていまして、「びっくりパーティーにして、ぱんってして(=クラッカーを鳴らして)ケーキ食べる!」と言っていました。そして当日も大好きなワンピースを着て、私がワンピースじゃないのを不思議がっていた……誕生日ってそんなに楽しみに待つものだったか、とすっかり忘れていた私……。
d0034609_11594282.jpg

北辰の寿司とかほたるいかとか。

お酒は、最近ほとんど飲まないので、確かシャンパンが1本くらいあったような、と思ったのになかった。アルザスワインを開けました(あまり合ってなかった〜日本酒があったらよかったのに!)。

誕生日プレゼントは、リクエストしたものを。
d0034609_12104271.jpg

d0034609_12112447.jpg

傘にしてもらいました。家のなかで開いちゃった。

1年間、また元気に楽しくやっていけますように。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-20 12:27 | Days in Sendai | Comments(4)

こぎん刺し3作め

こぎん刺しの作品No.3が完成しました。
d0034609_224932.jpg

前作のバッグと同じく、厚手の布に刺したタペストリーです。

裏の両サイドの処理、お裁縫上手な人が、ただ縫うのではなく、すそあげテープで止めてから千鳥縫い(という縫い方がある)にしてきれいに仕上げていたので、まねしようと家でやってみたのですが、幅3cmのテープを半分にして使う、という発想が私には欠けていて、なんだか全然違うことに(汗)。結局、縫いしろがないくらいべったりテープを貼りつけてしまったので、教室に持って行って先生に相談した結果、縫わずに完成、ということになりました。
テープで止めちゃっただけでタペストリーを完成させた生徒さん、多分私が初めてだろうなぁ。。汗汗。
d0034609_23153814.jpg


目をそろえるのも相変わらずの課題。。


次の作品は、方眼紙に図案を手描きしてから刺します。それで初級が終わり、だったかな? そこまでは、伝統的な紺地に白い糸で、と先生はおっしゃっていたのですが、この色合いでは今どきの家では使えない、というので、一緒にやってる人が先生にお願いしてくれて、次は違う色の布地に刺せることになりました。上級の生徒さんたちは、色とりどりの布や糸を使っていて、いつもそれをうらやましく眺めているので、楽しみです。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-16 23:19 | Days in Sendai | Comments(4)

3月のお弁当2

d0034609_1635429.jpg

前日から、突如、お風呂で髪や身体を自分で洗い始めたP子。おねえさんになる、と決めたようで、お弁当も「はっぱ(菜っ葉類)とたまねぎ入れてね!」と。いきなり言われても……。でも、このチャンスを逃さじ、と、新しい味つけにチャレンジさせてみました。豚肉とカリフラワーはハニーマスタード味。

完食でしたが、翌日からは「たまねぎ」などと言わなくなりました(笑)。
d0034609_16393172.jpg


箱でいただいた立派なわかめ。つい大量に戻してしまったので、卵焼きに入れました。ふさふさのわかめ、肉厚で美味しいです。市販品のお揚げは賞味期限が切れてしまったので慌てて(汗)。こういうものって、買わないでおくとほしくなるけど、買っても使い切れなかったりします……。鶏ささみのにんにく味噌焼き、すき間はカリフラワーなどで埋めてみました。

d0034609_16415052.jpg

引き続きわかめ。かぼちゃの甘煮、えびはカレー風味だったかな。
d0034609_16434532.jpg

豚のしょうが焼き。いつもは前夜から漬け込んでしまいますが、ちょっと薄味がよいかな、と当日朝に10分ほど漬けました。花白豆、チーズ入り卵焼き、アスパラガス。

アルミのお弁当箱は銀色が嫌なのだそうです。ピンクでないと、と泣かれるので、お弁当箱は元に戻ってしまいました。そして果物のケースも夫が買ったプリキュアのピンクのがいいのだそうで。容量、前より減りました。。。凹

ともあれ、今年度のお弁当は無事終わりました。最後の日、帰宅後お弁当箱を洗っていると、P子がやってきて「ママ、おべんとういつもありがとう」と。
ぎこちなく、先生に言われたのかな〜という感がありありなのですが(笑)、そんな言葉に1年の成長を感じました。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-16 16:56 | Days in Sendai | Comments(2)

読書中

3月11日がすぎ(午後2時46分はP子と黙祷しました)、翌日からぐっと春めいてきました。
幼稚園も来週で終わり。いろいろ、そわそわ、落ち着きません。
急な転勤で首都圏に戻ってしまう子がいたり、卒園までいると思っていた子が諸事情で転園することになったり。担任の先生も今年度限りでお別れです。自分がいなくなる側なのは慣れているけど、去られる側というのはなんか違和感。中心部だけに、人の移動が多いんでしょうね。

d0034609_21331353.jpg

夫がソファで寝転がって本を読んでいると、P子も真似してこの姿勢で読書。。(お行儀悪くてすみません、汗)。『よりぬきサザエさん』がなぜかお気に入りで、昭和の情景とブラックジョークあふれる内容はほとんど理解できていないと思うけど、ひたすら読んでます。ルビが振ってあるのがポイントらしいです。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-14 21:56 | Days in Sendai | Comments(4)

3月のお弁当1

3月は何かと用事が多く……簡単なお弁当ばかりでした。

d0034609_1432639.jpg

定番、鶏のお酢煮と市販の甘い卵焼き。
d0034609_14322795.jpg

鱈のバターしょうゆソテーwithアスパラガス。
d0034609_14305966.jpg

ソーセージのケチャップ炒め、珍しく買ったカリフラワー。
たまにはおにぎりもつくろう、とおにぎりも。

d0034609_14312530.jpg

先週作った焼き肉のたれが余っていたので、使い切ってしまおう、と再び焼き肉弁当。
大人のお弁当もつくった日でした。
疲労困憊ぎみだったので、肉を焼くだけのつもりでしたが、時間があまって卵焼きもつくってしまった。
この日は朝から用事があり、P子も車で送っていって、そのまま夕方まで外出。朝の限られた時間で卵焼き器を洗うのがひと手間でした……。やっぱり無理しないほうがよかった。汗。

d0034609_14325027.jpg

宮城はいちごの産地でもあり、そのせいか、小粒のいちごがこんなふうにバッグ入りで売られていたりします。
いちごジャムをつくるのは5、6月だろう、と思いながらも、つい買ってしまい、ついついジャムを煮てしまう。。忙しいときに限ってこういうことやりたくなりますよね。
d0034609_1433881.jpg

甘いいちごだったのと、少量だったので、お砂糖はぐっと少なく25%。煮詰めるのも少し軽くしてさわやかに仕上げました。食べきってしまうつもりでいますが、P子にはあまり好評でないみたいです。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-10 19:11 | Days in Sendai | Comments(0)
d0034609_931677.jpg

ひなまつりの日は、パンを焼いていたら手が回らなくなって、簡単なちらし寿司。P子に仕上げを頼んだところ、具材は散らさずに、まとめて置きたかったそうで、こんなお寿司に(汗)。

はまぐりのお吸い物、菜の花のからし和え、鶏唐揚げ、それに宮城の地酒、浦霞の初しぼりといったメニューでした。日本酒、飲み出すと止まらない。。。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-09 09:59 | Days in Sendai | Comments(2)

パン教室

d0034609_10315178.jpg


2月のレッスンはリング状にしたパンをつくりました。
d0034609_10324561.jpg

レーズンとくるみを巻いたパンです。

赤ちゃん連れ、または小さい子どもがいる人を対象にしたレッスンなので、これまで甘めのパンを習うことが多かったのですが、このパンはさっぱりした生地で(と言うのが適切か??)、食事時に合わせてもよさそう〜。

先日、さっそく復習してみました。家でつくるパンは、どうやらこねが足りないようだったので、今回はしっかりこね上げ、でき上がりはお教室の味にかなり近づきました。画像を忘れましたが、1年近く習ってようやく、です。

しかし、数年前までパンには全然興味がなかったのにこうしてパンを焼くようになり(まあ、時々ですけど)、こぎん刺しなども始めたりして、仙台に来ることがなければどちらも無縁のままだったと思いますが、いまはどちらも楽しんでいます。

d0034609_10422384.jpg


おまけ……。レッスン時に出された、バレンタイン仕様の可愛いお皿。
あ、パン教室もこぎん刺しも、知り合うほかの生徒さんたちがこれまで会った人たちとは違うタイプで、それもまた新鮮。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-05 10:45 | Days in Sendai | Comments(4)

2月のお弁当4

ひっそり、新規メニュー開拓週間でした。

d0034609_1057136.jpg

小さく切ったえびとアスパラガスをボール状にしてフライにしました。オーロラソースをかけて。おにぎりはでんぶ。しらす入りだし巻き、ブロッコリー、プチトマト、伊予柑。

d0034609_10593750.jpg

おにぎりじゃなくて、ごはんを詰めてほしい、とリクエストされて焼き肉のっけ丼。ついつい私好みのがっつり弁当に(汗)。かぼちゃ、プチトマト、アスパラガス。伊予柑。
きれいに食べて帰ってきました。
d0034609_111316.jpg

ごはんは詰めるほうがおにぎりよりも圧倒的に楽ですね。ということで引き続き。
鮭の塩焼き、多分お弁当初登場? ウィーンにいたころ、魚といえば寿司でも焼き物でもとにかく鮭ばっかりだったので食べ飽きてしまい、ふだんはあまり買わないのですが、久しぶりの塩じゃけ、ごはんが進みました〜。
朝食では手つかずだったP子ですが、お弁当では完食でした。
あとはブロッコリーごま和え。ごま和えは甘くしたりしなかったりですが、この日は甘く。かぼちゃ、果物はりんご。

d0034609_1152968.jpg

鶏もも肉の塩麹焼き、れんこんきんぴら、卵焼きはチーズ入り、かな?

来たる新学期に向けて、書店にお弁当レシピブックのコーナーができていましたが、女の子向けのお弁当の数々、みんなかわいくて量がちょっぴり(に見えた)……。こう並べても女子っぽさあんまりないですね(汗)。

おまけ。。。
今週のおやつ、秋田の産直で買ったバター餅。話題になってるな〜と思っていたところ、売っていたので買ってみました。
ほんのり甘く、バターの脂分が入った求肥、といった感じ。P子が好きそう、と思ったら、案の定喜んで食べていました。
d0034609_11102718.jpg

d0034609_1111356.jpg


その産直にあったものもう1つ。
大好きなラナンキュラスの花束。これで、東京のラナンキュラス1本分くらいのお値段でした。すごい。
d0034609_11122662.jpg

[PR]
by suna-chan | 2013-03-03 11:12 | Days in Sendai | Comments(4)

P子寿司

夕方まで預かり保育をお願いした日は、いつもお腹ぺこぺこで帰宅するP子。

幼稚園でもおやつを食べているはずなのですが、それだけでは足りないのか、何時であろうと、帰ったらおやつ!と思っているのか、帰宅と同時に「おなかすいた! おやつちょうだい!」の要求が激しくなります。
でも、その時間からおやつでは夕食を食べなくなるし、何を与えるかいつも難しいところ。

先日、お迎え前に行ったスーパ—マーケットで、蒸しえびやサーモンなど子どもの好きそうな具材が入った手巻き寿司用のお刺身セットがあったので買い求め、その夜はP子と2人だけだったのでこれを夕食にしよう、と思っていたのですが、あまりに「おなかすいた〜」とわめかれて、5時前というのにごはんとのりとセットで出したところ、意外にもぱくぱく食べ始めました(いつもおにぎりなど出すと『これはごはんでおやつじゃない』と却下されたりするのですが……)。

で、私も煮物などつくっていて、よく見ていなかったのですが、気がつくと。
d0034609_2323415.jpg

巻いてないで…、
d0034609_23241589.jpg

握ってました(笑)。

手巻き寿司はほとんどしたことのない我が家。
一応最初に「こうやってね」と作ってみせたのですが、P子にとっては寿司=握り寿司(というか回転寿司か)なのでしょう。

このときもかなりの量を食べたのに、その後、夕食でも、またお寿司を握って食べていました。
もちろん張り切って「ママにもつくってあげるね!」と言うので、わたしの夕食もこんな感じでした(笑)。
[PR]
by suna-chan | 2013-03-02 23:35 | Days in Sendai | Comments(2)