飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2005夏 クロアチアへの旅( 7 )

ドブロブニク旧市街

翌日もいいお天気。
海を見ながら美味しい朝食を食べた後、旧市街へ。

旧市街に向かう途中のビーチ。
d0034609_1093880.jpg


涼しい午前中のうちにと、まずは町を取り巻く2キロの城壁の上を歩くことに。
城壁自体のアップダウンが激しいのですが、階段を登ってたどりついた城壁の先に真っ青な海が。爽快です。
d0034609_1095568.jpg

2度めということで、後で見たらあまり写真を撮っていませんでしたが……(汗)。
城壁の内側は、庭先に洗濯ものがはためいていたり、細い路地を子どもたちが走り回っていたり。
堅牢な城壁に守られ、数百年にわたって続いてきた日々の営みが、今も続いているのを感じました。
d0034609_1010764.jpg

[PR]
by suna-chan | 2005-10-14 10:10 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)

海辺のレストラン再訪

リエカからのフェリーは、ほぼ24時間かけてドブロブニクに到着しました。
途中、船を降りることはできませんでしたが、古都スプリットやコルチュラ島などを巡り、海と空を眺め続けて、ブルーにすっかり染まってしまいそうなほど(笑)。

ドブロブニクは、旧市街の西部にホテルが立ち並ぶラパドという地区があるのですが、今回はラパドのホテルが取れず、旧市街からほど近いホテル Hotel Argentina にチェックイン。
私の部屋は違ったのですが、母たちの部屋はシービュー。海の向こうに旧市街が見えました。
d0034609_21382515.jpg


ラバドは原付きなどのバイク通行量が多く、ひなびた感じが東南アジアのリゾート地にそっくり。ホテルは多いものの、旧市街まで距離があるので、できれば旧市街近くのほうが風情が味わえるかと思います。

ホテルで少し休んだ後は、お待ちかねのディナー!

前回に偶然立ち寄ったお店で、どうしてももう1度行きたいレストランが、ドブロブニクから少し離れたところにあるのです。地図もないし、店の名前も分からないけど、行けばたぶん分かる……。
今回、車で旅行したのは、そのお店に行くためと言ってもいいほど。

市内を抜け、大きな橋を渡って、海岸沿いを走ること10分ほど。

……あった!!!

看板だけのわかりにくいお店ですが、まちがいなくココ!  
d0034609_2132132.jpg

看板の下にあるのは壁だけなので見落としそうですが、これがレストランの入り口。車を停めて、看板の下に続く細い石段を降りていきます。

降りたところにあるのは、海にはり出したテラス。
私たちのほかには、先客が一組。顔なじみのお客さんのようで、ワインを飲みながら店の人とおしゃべりをしていました。
d0034609_21323483.jpg

目の前の海はそれほど深くなく、海底の砂利が透けて見えています。ここで泳いで、テーブルに戻ってちょっと何かを食べて、ということができるようなロケーションです。

以前来たときに食べたイカスミリゾットは絶品でした。
でも、あの時は空腹だったし……と期待と不安が入り交じった心境でリゾットを注文。
ほかに頼んだのはタコのマリネと小魚のフリット。

……そして運ばれてきた料理はコレです。
d0034609_21372058.jpg

d0034609_21324964.jpg

やっぱり、リゾットは絶品でした。
イカのほかにも、小さな貝などがたくさん炊き込んであって、そのうまみだけで十分おいしい! それにイカスミが加わって、味と香りが増している……。

うう〜、はるばる来てよかった〜(感涙)。

ワインを心ゆくまで飲みたいところでしたが、ドライバーなのでがまん……。
目の前の海が、静かに夕暮れていく様子を眺めながら、ゆっくり時間をかけて料理を味わいました。
最後はコーヒーとドルチェでしめ、満足してお店を後に。

……が、なんと、ドブロブニクにわたる橋が封鎖されていました。

橋のたもとに警察官がいて「渡れない」ということは分かったのですが、どうやって帰ればいいのか、よく分かりません。
とりあえず示された細い坂を下ると、やがて車道に出ました。

走っていくうちにわかったのですが、この橋は湾の入り口を直線で結んでいたのでした。
帰り道は、この湾に沿った道を延々と走行。
行きは10分だった道が、帰りは40分〜@@

ああ、無事に戻れてよかった。

というわけで、ホテルに戻るなり、ベッドにばったりでした。
d0034609_21402391.jpg

[PR]
by suna-chan | 2005-10-08 21:45 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)

フェリーから


d0034609_918788.jpg

[PR]
by suna-chan | 2005-10-02 09:18 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(2)

草原を抜け……

プリトヴィツェをお昼前に出発して、ふたたびドライブ。今度の目的地は大きな港町リエカ。ここからフェリーに乗るのです。
森を抜け、草原を抜け、白茶けた山を越え、曲がりくねってアップダウンの激しい海岸沿いの道を進む……という、クロアチアの地形が堪能できるコースです。

d0034609_15582.jpg

これは草原の風景。すれ違う車もまばらです。

時々小さな村を抜けるのですが、道路脇にはところどころ、ハチミツや強い蒸留酒を売る小さなスタンドが出ています。
途中、何か所かで立ち止まって試飲をしたり、味見をしたり。
蒸留酒を勧められたあっこさんは、お酒に強いはずなのにむせこんでいました。……40度くらいの強いお酒で、ハーブの香りもついていたので、日本人には苦手かも。

ほとんどのお店がハチミツは1キロ単位なので、止まっては買わずに通り過ぎていたのですが、最後にようやく、小瓶でハチミツを売るスタンドを見つけました。
d0034609_153093.jpg

アカシア、森のハチミツ、レンゲ……と種類があり、クルミや、レーズンなどドライフルーツを漬け込んだものもあります。プレーンなハチミツの味見はスプーンで、ナッツなどを味見するときはチーズに載せて!
d0034609_155068.jpg


エメンタールのようなチーズ(固くてスライスしたもの)だったのですが、このチーズがおいしくて、思わずチーズも欲しくなりました。
が、まだ旅は先が長いし、食べる機会もないし、というので断念。ハチミツのみを何個か購入しました。
後で思えば、フェリーで食べてもよかったので、やっぱり買っておけばよかった……。

海岸沿いに出るまでは、前後に車もほとんどなく、のんびりしたドライブでしたが、海岸線は相変わらず旅行者の車や観光バス、トラックで混んでいて緊張しました。片側1車線で大型車を抜くのは至難の業です(汗)。
[PR]
by suna-chan | 2005-10-01 01:10 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)

プリトヴィツェ国立公園

森の中を滝が流れ落ち、緑と湖のコントラストが美しくユネスコの「世界遺産」に指定されている国立公園。
敷地内は広くて、全部を見てまわったら、たっぷり1日はかかりそうです。

初日はホテルに近い、高台のほうを回り、2日めの朝は、一番湖面が低い湖へ。
このあたり特有の石灰質の土壌の上に、エメラルドグリーンの水がほとばしる、色彩のコントラストといったら……!  しかも滝の落差が大きい! 一番高い滝は高低差が78mだそうです。

d0034609_0543012.jpg

d0034609_054916.jpg

d0034609_054482.jpg

[PR]
by suna-chan | 2005-10-01 01:02 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)

道沿いの食堂で、

初日はザグレブで1泊。朝は市内を観光し、プリトヴィツェ国立公園に向かいました。
道沿いのレストランで遅めのランチ。
空腹を覚えてタイミング良く目の前に現れたレストランに入っただけなのですが、このレストランが”当たり”だったのです。

外観はこんな感じ。このあたりではありふれたスタイル。
直射日光の下、ひなびた道を運転してきた後では、まず車を降りるだけでもほっと一息です。

d0034609_23444556.jpg


オーダーを取りに来たのは、「バグダッドカフェ」の主人公によく似た女主人でした。
この辺りはドイツ方面からの客が多いせいか、英語よりドイツ語のほうが通じます。

メニューを見た後で、バルカン地方でポピュラーなチェバプチチ(細長くまとめたハンバーグ)とハンバーグの盛り合わせをオーダー。

d0034609_23451340.jpg


出てきたのはこちら。
この時点では特別の感動はなく、まずは取り分けたのですが……
食べてみて、豚肉の濃厚な味にびっくり!! しかも弾力性があってプリプリの歯ごたえ!
ひき肉ではなくて、肉をたたいて作ったもののようです。

母たちは、肉料理ということで特段期待していなかったようですが、これはかなりインパクトがあったようで「ほんと、美味しかったわねぇ」と後々まで繰り返していました(笑)。

つけ合わせのポテトはジャガイモをきちんと揚げたもの、トマトもしっかりトマトの味がして、はからずも満ち足りたランチになりました。当たり前のようでいて、そういう食事を取るのって難しいですよね。

おまけの画像……。
テラスの脇には大きな炉が。焼かれていたのは子豚の丸焼き!
バルカンでは、よくこんなふうに子豚を食べるんですよ〜。似たような光景は、クロアチアやモンテネグロでも見かけました。

d0034609_23454016.jpg

[PR]
by suna-chan | 2005-09-26 23:50 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)

クロアチアへの旅

もうウィーン生活が終わってしまったことだし、このブログもそのうちリニューアルをしなくては……と思っているのですが、リニューアルの前に、たまりにたまった旅行記をアップしてしまおうと思います(フライブルクの話もまだ途中ですが、これもそのうちに……)。

というわけで、クロアチア旅行からです。:-)

***

2005年5月下旬から10日間ほど、クロアチアを中心に、旧ユーゴ方面を旅行してきました。
このエリアに足を踏み入れるのは2回め。
前回は夫と運転を交代しながらの旅行でしたが、今回は日本から遊びに来た母と、その幼馴染みのあっこさん、私の女性ばかり3人の旅行。運転できるのは私だけ、土地勘があるのも私だけ……というかなりスリリングな顔ぶれです。

万全を期して、海岸沿いの移動はフェリーを使うことにして、慎重派の夫からは、事前に旅行計画書にOKをもらって出発。私はふだん、あまり旅行は計画を立てずに行きたいほうなのですが、今回は、結果としてこのほうがよかったようです。ドブロブニクはほとんどのホテルが満室だった上に、どこもかなり観光客が多かったので……。

クロアチアは、ここ数年で観光地として脚光を浴びるようになり、2年前より旅行者が増えた印象を受けました。

旅のルートは、
ウィーン→ザグレブ→プリトヴィツェ国立公園→リエカからフェリーでドブロブニク→モンテネグロ→ドブロブニクからフェリーでリエカ→ブレッド湖→リュブリャーナ→ライプニッツ(オーストリア南部の小さな町)→ウィーン

と書いても、あまりなじみがない場所だから分かりにくいですね(汗)。

フェリーは片道24時間、走行距離は約1600キロでした。ほとんど高速ではなく一般道だったので疲れましたが、慣れというのは素晴らしいもので、2年前に初めて走ったときと比べたら、格段にラクでした。
[PR]
by suna-chan | 2005-09-26 23:42 | 2005夏 クロアチアへの旅 | Comments(0)