飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2017冬 イタリア旅行( 7 )

フィレンツェ甘いもの編

d0034609_05535629.jpg
甘いものも、いろいろ食べましたー。主にP子が、ですが。

d0034609_05550635.jpg
寒いのにジェラート。
あ、P子、イタリアではおしゃれする!と、ネックレスをつけていました。
チョコレートと生クリーム(パンナ)で、このクリームが濃厚でしたー。全部食べさせない方がいいんじゃない?と、大人もせっせと横取りしました。。

ピサの帰りは、ホテル近くのカフェ ジッリ Cafe Gilliでお茶しました。

d0034609_05592037.jpg
d0034609_06005748.jpg
d0034609_06030191.jpg
午後のちょっと空いている時間。
d0034609_06040475.jpg
私は紅茶とラズベリーのタルト。
d0034609_06044811.jpg
P子のミルクとケーキ。
d0034609_06114754.jpg
夫は特製マルガリータ。P子がうらやましがっていました。


d0034609_16292616.jpg
Venchiというチョコレート屋さん?ジェラート屋さん?は、いつも行列で、この日は空いていたので並んでみました。
私は冬空の下でジェラートはちょっと、、と思うんですが、みんな平気なのね。。。若さ??

d0034609_16315181.jpg
マンゴーとチョコレート(たくさん種類があったうちのどれか)。

ごちそうさまでしたー。



[PR]
by suna-chan | 2017-03-02 16:34 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(4)

フィレンツェ食事編

d0034609_16221287.jpg
きれいな野菜が並んでいた食料品店。


フィレンツェで食べた物の記録です。
初日の夜は、食事に出たのが午後8時半すぎで、ドゥオモの辺りをうろうろして、日本語メニューがなく、ワインを楽しめそうな静かなお店に入りました。

d0034609_16204240.jpg
メニューになかったのを作ってもらったカルボナーラ。

d0034609_16195557.jpg
ハートのピザ。
これに前菜や、あと席についてきたパンが素朴なピザで、それをつまみながら、旅の疲れをワインでほぐしました。

アットホームな雰囲気が良かったので、最後の夜にも行こうとしたのですが、6時半ごろのぞいた時は準備中、7時に再び通りかかると、スタッフが食事をしているところで諦めました。。。でも、仕事前にそろって食事をしているようすは、なかなか素敵でした。

2日目の夜は、トラットリアザザ、という市場近くの店へ。

昔行ったことがあるのを思い出して行ってみました。
ここの名物は、Tボーンステーキです。

d0034609_16394563.jpg
d0034609_16500171.jpg


生野菜が食べたくてカプレーゼ。
なんとかおばさんの前菜盛り合わせ、というのを頼んだら、がっつり肉プレートでした。このあとステーキだというのに〜!


d0034609_16503155.jpg


そしてTボーンステーキ。これで1キロ。
クリーミーなのはマッシュポテトです。
柔らかい肉が、程よくミディアムレアで、P子もよく食べました。
よかった、よかった。

d0034609_16520923.jpg
私のデザートはヴァンサントという甘いワインとビスコッティ。
食べすぎですね。汗。

そして3日目夜の食事は、なかなか店が決まらず、ネットで近くのお店を探して
キッズフレンドリー、という評価があったところにしました。


d0034609_16563784.jpg
意外にも今どきのお店、、名前忘れちゃったけど、六本木にも店舗があるそうな。

d0034609_16593795.jpg
d0034609_17000326.jpg
変わり映えしませんね……。またまたピザ。
残すだろうと私は軽くスープにしました。
大人は前菜も頼んだのですが、最初にピザやパスタが運ばれてきて、ちょっと「?」となりましたが、子どもに食べさせてから大人はゆっくり、という配慮だったようです。

ピザに乗ってるチーズは2種類。P子飽きるだろう、と思ったのに、結構しっかり食べました。2種類なのが美味しいポイント。クリーム状になったのと、グーンと伸びるチーズとで。

生地が全粒粉で味わい深く、これましっかり食べました。
コース料理をゆっくり、というのは無理ですが、これはこれで美味しいイタリアでした。




[PR]
by suna-chan | 2017-03-01 17:11 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(0)

ピサの斜塔に登る

翌日はピサへ。
電車を使いました。
切符は機械で買えるし、その周りは柵があって、お財布をすられる危険も少なく、加えてホームに入る手前では切符のチェックもあり、、昔に比べて安全になった印象です。

印象といえば、英語がどこでもかなり通じました。時代の流れですね。。

d0034609_19371316.jpg
フィレンツェからは1時間ちょっと。ピサの中央駅から斜塔までは徒歩で。1キロくらいの散歩です。

d0034609_19380925.jpg
そして斜塔ー。
P子は歴史が好きで、斜塔も、ガリレオが実験をした場所というので(作話だそうですが)楽しみにしていました。
目で見てわかる傾き方なので面白かったようです。

いまは、この斜塔の上まで登れます。ツアーという名前で15分間隔の各回定員40人だったかな? 8歳以上のみ、ひとり18ユーロでした。

こちらも、観光客がいるとはいえ閑散期なので、チケットはすぐ買えました。

高所嫌いの夫は下で待ち、私とP子で登ります。

手荷物チェック後、中に入ると、もういきなり斜め〜。
なんと私は、この時点ですでに気分が悪くなりましたっ。
ツアーといっても、ただ勝手に登るだけ。
P子が元気に階段を登るのを、後ろからよろよろついていきましたが、らせんだし、傾いているし厳しい。。。汗。


d0034609_19493792.jpg
傾いている方に行くと気持ち悪さ倍増でしたー。
景色はいいんだけどねぇ。。。

あ、8歳未満は不可、となっていますが、チケット購入時、子どもの年齢は聞かれたものの、パスポートなどの証明書は不要でした。
とはいえ、上も柵があるとはいえ、斜めだし、階段も長いので、それなりの体力と分別がない小さい子は、やめたほうが無難かも……。

ともあれ、目的を達成して塔を降り、昼ごはん。

d0034609_19554559.jpg
d0034609_19562772.jpg
d0034609_19565365.jpg

観光客向けの店が多いので、あまり期待せず、メインストリートの外れのお店に入ったら、かなり地元のお客さんが多く、リーズナブルできちんとしたごはんが食べられました。夫のは何だろう? P子はラザニアで私はボンゴレ。生パスタで美味しかったです。

イタリア旅行、今回はごはんの外れがなかったのがラッキーでした。





[PR]
by suna-chan | 2017-02-27 20:05 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(2)

フィレンツェ観光

すっかりアップが遅くなってすみません。今回の旅は、P子が何を見たら面白がるか、という観点で組み立て(それに加え、車で動きたい、寒いところは避ける、という条件で)、結果前回のパリ旅行と同じく王道のコースとなりました。


d0034609_01461378.jpg
1日はフィレンツェ観光。

ウフィツィ美術館でボッティチェリを観ました
(サイゼリヤの絵だよ、と教えたのですが、ほかの日本人観光客も、口々に『サイゼリヤの絵〜』と言っていた……-汗)。
オフシーズンなので予約なしでも全然問題なしでした。


d0034609_01463633.jpg
その後はミケランジェロ広場からフィレンツェを一望。
私も実は、ここに来るのは初めてでした。
お天気がよかったので散策にはぴったりで。

あとはドゥオモに入ってみたり、市街地をぶらぶらと、、。

パリではほとんど見かけなかった日本人観光客は、フィレンツェにはたくさん来てました。大学も春休みだしね。
イタリアはおしゃれな人が多く、ちょっと買い物もしたくなるけど、量販店の買い物はせっかくなのでしたくない、でも、高品質の衣類は即決できない、というマイナス思考のループにはまり、結局衣類は買えず。。。

でも、P子は違って、通りがかった子供服の店でテンションが上がり、お店の人も、空いていたので次々と試着をさせてくれ、、、いったい何回着替えたのだろう、、と気が遠くなるほど試着室にこもりました。。。

d0034609_01470039.jpg
なんか、子供服だけどおしゃれ。。。

d0034609_01472751.jpg
買ったのはこちらの数々。ちょっとお出かけにも使えて、学校にも着ていけそうな服を、、図らずも三原色になってしまった(^^;)。2シーズン着てもらえると嬉しいんですけど。。

花柄のプリントとか、細かい絞り染めのサマードレスもよかったのですが、そういう凝った物はお値段も倍くらいしたので、まあ無難なところで手を打ちました。

一方の私、結局、フィレンツェで買ったのは、(食材以外では)露店で売ってた革のバッグだけでした。。

d0034609_01475778.jpg

若いって、エネルギーが違うねー、と思ったできごとでした。笑。



[PR]
by suna-chan | 2017-02-27 04:26 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(2)

トリノでランチ@EATALY

日程とフィレンツェのホテルを決めた後、長旅なので、初日、移動中のお昼ごはんをどうしよう、と地図を眺めて考えた結果、ジェノバでは少し遠いので、トリノでランチをすることに決めました。
といっても、子連れ旅でもあり、予約などを取らずに済む場所、、と調べて行くと、イータリーEATALYの本社があるのがトリノだそうで、ここに大きなお店があるではないですか!
というわけで、まずはトリノを目指しました。

イータリーは、イタリアンの高級食材を扱う大きな専門店です。東京の代官山や東京駅構内にもあり、NYにも私たちが住んでいたころ店がオープンして話題になったので覚えてました。
ふだん使いには高級な印象だけど、旅行中だからいいでしょう、ということで。

トリノはフィアットの本社がある街。工業都市です。トリノオリンピックでは荒川静香ちゃんの金メダルがありましたよね。
高速を降りてイータリーまでは、街を横断する形になったのですが、路面電車や町並みの古びた様子、道路の舗装の悪さにちょっとびっくりしました。。。
信号で停止すると花を売る人が来たり、目の前でジャグリングをする人が来たりもするのです。
ちょっと南欧らしいというか、バルカンの香りがするというか、、スイスはお金持ちの国なんだなぁと改めて思ったりしました。

ともあれイータリーに無事到着。

d0034609_00305205.jpg
10時に家を出て、当初の予定ではお昼すぎに着くはずが、1時半を回ってました。
ま、お腹そんなに空かないからいいんだけど。。

辺りは殺風景ですが、中はゴージャス!

d0034609_00332558.jpg
地下にはミシュランの星つきレストランもあります。
生鮮品、パスタ、ワイン、ビールなどいろんなコーナーがあって、じっくり見たい。。

d0034609_00350890.jpg

d0034609_00393299.jpg
d0034609_00401169.jpg

d0034609_00371259.jpg

レストランのほかに、あちこちにイートインスペースがあって、シーフードやらジェラートやらパスタが食べられます。
中の店は、きっとどこも美味しいと思うのですが、とりわけにぎわっている店があったので、そこにしました。我ながらこういうときは真剣に選びます。

P子はマルゲリータ、大人は本日のパスタを。


d0034609_00412044.jpg

d0034609_00423007.jpg
パスタはアルデンテで、イカもぷりぷりで、確かに美味しかった。けど、このピザのほうが衝撃の美味しさでした。
カウンターの奥の石窯で焼いているのですが、生地さくさくでチーズはもっちり。トマトソースはシンプルで濃厚な味!
このピザ、5.8ユーロでした。パスタと合わせて3人分で30ユーロちょっとって、ジュネーブのランチ一人前の値段です。
地元の人らしき隣の男性はピザをさっさと注文していて、これがいつでも食べられるなんてうらやましすぎる。。。

P子は、ふだんごはんに興味のない子なんですが、これ以降、イタリア滞在中は毎回食事を楽しみにしてました。

ごはんの後はお買い物。カラスミを探したのですが見つからず、出発前に料理上手の人に「イタリアのトマト缶は味が違う」と熱く語られたのでトマト缶など、あと、この日はバレンタインデーだったので、チョコレートも買いました。

トリノまでなら、ジュネーブから日帰りできないこともない、、、なんて考えてしまった。







[PR]
by suna-chan | 2017-02-23 01:00 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(4)
ジュネーブからフィレンツェまでは600キロちょっと、車で7時間弱。
と、グーグルマップやカーナビの検索結果では出ていたのに(もっと短く6時間半となっていたこともありました)が、実際は行きも帰りも9時間以上かかりました。
特に渋滞に引っかかることはなく、行きにトリノで寄り道したほかは運転を交代しながらほぼノンストップだったのに。。。

ジュネーブからは、まずフランスに入り、80キロほど行くとモンブラントンネル。これを越えるとイタリア、になります。
モンブラントンネルは全長11キロ。20年くらい前に、多重衝突事故で多くの死傷者を出したことがあるそうで、今は制限速度が時速50-70キロ、車間距離を150メートル空けるよう、厳しく監視されています。
帰りは、ここでちょっとした渋滞がありました。夏場はもっと混んでそう。


d0034609_21441497.jpg
2月のアルプスで、この積雪量って、、少ないですよね。
運転する分には、凍結の恐れがなくて安心ですが、気候変動が気になります。

往復ともジェノバ経由の高速ルートで、さほど渋滞もなかったのですが、スイスから来ると、イタリアの運転の荒さには唖然ぼー然。。。道は運転しやすいんですが、制限速度の130キロで走行していてもアルファロメオやフィアットにガンガン抜かれ(大丈夫〜?とひとごとながら心配に)、際どい割り込みは普通だし、途中ひっくり返った乗用車の事故処理現場も通りかかったし、とにかく安全運転を心がけました。汚れすぎて、バックミラー見えてないんじゃ、と思うような車も多くて。

そして、トリノもそうでしたが、フィレンツェの中心部に入ったら、でこぼこの狭い道……。歩行者ははみ出して来るし、一方通行や進入禁止が多くてカーナビは役に立たないし、ホテルを中心部に取ったせいもあるのですが、最後は方角と直感が頼りでした。。。

滞在中は車は使わず、観光は徒歩と電車でしました。

あ、あと、高速の料金所は、スイス以外の国でETC対応ゲートは通れなかったわけですが(ちなみにスイスは年間40フランでシールを買って、それをフロントガラスに貼ればOK)、イタリアは日本みたいに券を取って人がいるところで精算、というのが割とわかりやすかったんですが、フランスは表示がわかりにくかった……。
日本でいうETCのほか、現金、クレジットカード、場合によっては有人、といろいろあるのですが、ゲートまで行ったものの、そこはカードオンリーだけどVISAとマスターカードは使用不可!だったりで(ほかの場所では使えたけど、あれはなんだったんだろう)、バックして違うゲートに入り直す、なんてことを何度かしました。。
私のときは、幸い空いていたのでバックできましたが、ほかにも同じような車を見かけたので、慣れるまで要注意です。






[PR]
by suna-chan | 2017-02-21 22:12 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(2)
d0034609_05405915.jpg
車で600km以上! 久しぶりに長いドライブをしてフィレンツェにやって来ました。
途中少し寄り道をしたせいもあり、ランチタイム以外はほぼ休みなく運転したのに、到着まで10時間以上かかりました……。当初はP子と2人旅の予定でしたが、夫も休みが取れてよかった。

夜、街を歩いてて、目に飛び込んできたドゥオモ。迫力があってP子びっくりしてました。

スイスより暖かく、陽射しがあるというだけで明るい気持ちになれます。長旅がんばって来てよかったー。

詳しくは、また後日アップしますねー。

[PR]
by suna-chan | 2017-02-16 05:52 | 2017冬 イタリア旅行 | Comments(0)