飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Days in Geneva( 121 )

前期終了〜

d0034609_00012036.jpg
立春を過ぎたので、おひなさまを飾りました。お菓子は先日一時帰国した夫のおみやげの数々。「とよすのひなあられ」、チョコボール?が入っていて、それが奪い合いになるという思い出のお菓子だそうですが、関西に縁がある皆さんはご存じでしょうか。

さて、成績表に続いて面談をふたつこなし、ついでに先週末は補習校の授業参観もあって、これまでの学習を振り返った一週間でした。

以下つらつらと覚書。。
授業参観は、すっかり忘れていたのを当日ほかの子のお父さんに教えられ、ちょっと予定が狂うんですけど!と思いながらも1時間目を見学しました。

授業が始まる前に、クラスメイトのお母さんたちと雑談したのですが、お名前もお子さんの性別もわからないけど、駐在ではなくこちらに長く住んでいる人たち。スイス人と結婚して、という人もいれば、国連機関で働いていて、旦那さんも日本人とかほかの国の人とか、いろいろなおうちがあります。
で、そのママたちが、子どものクラスだけでなく、一学年上のクラスの授業も見てくる(授業も、もっとあっさりしてるらしく、発言しない子は当てられないらしい)、とか、高校生のクラスまで見学に行く人もいる!とか話しているのでちょっとびっくり。
先生は変わるし、他の選択肢もないのだから、そこまでしなくても??と率直に思いましたが、確かに、長期在住の家庭ではまさに補習校が頼みの綱であり、、、。親が国連機関の職員同士の場合は特に、子どもがスイスに永住できる保障はないし、両親とも日本人の場合、日本での進学や就職という選択肢をなくして(or狭めて)しまうのは抵抗がある、、のかもしれません。
公立校でも、学年が上がるに従ってドイツ語、英語と外国語の授業も増えるなか、どこまで日本語を勉強させるか、、うちのような短期滞在の家とは違う悩みがあるのだなぁ、、。

P子の授業参観自体は、算数の時間だったのですが、子どもたちが元気に手を挙げていて、なかなかほほえましかったです。でも、気をつけて見ていると、日本語力が追いつかず、授業の内容がわかっていないような子も。。。
どんな環境の子どもであれ、複数の言語、増して日本語とヨーロッパの言語のような隔たりのある言語を学ぶのは大変なんだと思った参観でした。


***

インターの面談は、先生方も前回よりP子の性格や学力を把握していたので、今後に向けてのアドバイスなど有意義な回答をもらえました。基本的に、母語を優先させてください、というのが英語クラスの先生の回答でしたが、成績表に繰り返し書かれていた「語彙を増やす」という課題については、自宅学習できる本の音読アプリを使うとか(学校で使っているものに自宅からもアクセスできるそう)、家にあるものにポストイットを貼って単語を書いてみる、とか、いくつか方法を教えてもらいました。

なんでもやたらと親がサポートするのではなく、本人が勉強したい、その方法が知りたい、と思ったときにちょっと手を貸したりアドバイスをする、というのが私の理想ですが、、、(といっても実際は宿題が多く、本人のやる気以前に勉強、勉強、と急かす立場なんですが)、先生の言葉を頭に置きつつ、様子見します。

長い一週間でした。私もP子もちょっと休憩です〜。




[PR]
by suna-chan | 2017-02-11 00:44 | Days in Geneva | Comments(2)

食パン@3度目の正直?

d0034609_06081518.jpg
週の後半は、ちょっと手持ち無沙汰になったので、先日に続いて食パンを焼きました。
型を買ってから、これで3回目。
過去2回はかなり不出来、特に初回は失敗作で、「こんなにまずいパン食パンがあるのか」と呆然としてしまいましたが、今回は一応ちゃんとできました。

でも……やっぱり何かがうまく行っていないんだなぁ……。美味しい、と言い切れない味です。凹。同じ生地でプチパンをつくる場合はあまり失敗した感じがしないのに、なぜだろう??

試行錯誤は続く。。。








[PR]
by suna-chan | 2017-02-06 06:20 | Days in Geneva | Comments(0)

スイスの切り絵

d0034609_06191607.jpg
友人からスイスの切り絵について聞かれたので、こんな画像を。。。

世界で最初にミルクチョコレートをつくったというCailler(カイエ、と読むのかな?)のアソートボックスです。
Caillerの工場はP子が以前学校の遠足で行った場所。会社は現在はネスレ傘下だそうですが、スイスではポピュラーなブランドで、このボックスも大きいスーパーなどで買えるような身近なもの。

さすがに自宅用に買ったことはありませんでしたが、ちょうど先日到来物が。夫の出張先で、このボックスがホテルの部屋に置いてあったということで、うちへのお土産にしてもらいました。

そういえば、高級デパートのGlobusグロビュスのホリデーシーズンの紙袋やカタログの表紙も、モダンな切り絵でした。そのときは気づかず。画像残しておけばよかった……。









[PR]
by suna-chan | 2017-02-05 07:15 | Days in Geneva | Comments(4)

本日の噴水

d0034609_22093703.jpg

引き続き早春のような今日は、先延ばしにしていた用事を片付けに旧市街まで。
噴水がきれいでした。
ほんとの春が待ち遠しい。。。


***

午後になって、学校から前期の成績表が届きました〜。ネットからアクセスしてPDFファイルをダウンロード、という形で。
担任、英語の先生などから、英語、算数、音楽やアート、体育などについて評価があり、とにかく英語ができないことには始まらない、という印象を強くしましたが、約半年、よくがんばりました。P子は学校では慎重で真面目なんだなぁ。家ではのんびりわがままなので、なんか違う子のことが書かれているみたい(^_^;)。
先生からのコメントを読んだら、気分はもう再来週の休暇に飛びました。。。ゆっくり羽を伸ばさなくちゃね〜。



[PR]
by suna-chan | 2017-02-03 22:12 | Days in Geneva | Comments(4)

もう2月とは……

今週は暖かいジュネーブです。
陽射しもあった昨日は、コートもいらないくらいで、お迎えの時間にはモンキチョウがふわりと飛んでいましたが、、まだ花もない時期にかわいそうに。。。

月曜日に出かけなかった分、火曜日に用事を3つ掛け持ちしたら疲れ果てて水曜日は寝込み、週後半はのんびりしようと割り切りました。
P子にハードスケジュールを強いているので、なんとなく私もがんばらないと、と思ってしまうのですが、私用を詰め込んだら本当に休む間がなくなってしまうので、もうちょっとかげんしないと。。。


今週は特段ネタもないので、先週、フランスのショッピングセンターに出かけたときのランチ画像を。


d0034609_20215286.jpg
野菜のキッシュ。サラダもそうですが、クリームやお酢の使い方が多分私と全然違ってる。。。こういう味を家でもつくりたいものです。

d0034609_20240237.jpg
お店のコーヒー。美味。

買い物(ワイン)、ランチの注文と、全部フランス語でできた1日でした。といっても大した内容じゃないけど、、実際に使うのが重要なのです。


そうそう、こんなものもいただきました。

d0034609_20270215.jpg
デメル製スミレの砂糖漬け。デメルのパッケージはいつも素晴らしい! Vienneはフランス語で「ウィーン」ですかね。ヴィアンヌと読むのかな?
体調不良でコーヒーが飲めないので、代わりにミルクティーを愛飲しています。時々スミレの花も入れて。飲み物ばかりガーリーなこのごろです。。。



[PR]
by suna-chan | 2017-02-02 20:35 | Days in Geneva | Comments(0)

雨の月曜日

月曜日は、P子がクラブ活動(ファッションデザインというクラブで服を縫ったりしています。先生がフランス人でおしゃれ!)で、お迎えがふだんより1時間半も遅いので、朝は買い物、その後パンを焼いたり、旧市街まで出かけたり、と予定を入れているのですが、今日は朝の買い物には行かず、昼ごろ旧市街まで出かけようとしたら雨が降り始め、、、なんだか面倒になって、出かけるのはやめにしました。

家で、何をするでもなくぼーっとしてます。。。ちょっと最近予定詰めすぎてたし。

酵母が元気なので、先週は2回もパンを焼きました。
1回目は食パンでしたが、外出から戻るのが遅くなってその日のうちに焼けなくなり、翌日、、も午後から予定があったので、冷蔵庫で寝かせた冷たい生地を室温に戻しきらないまま焼いて、ちょっと失敗でした。

2回目はバターロール。
これは、ドライイーストのレシピを天然酵母に置き換えたら、水分が多くなり、多分そのせいでこねが不足。。。
パンは基本に忠実に、が大原則なので、適当なアレンジはNGですね。
次は、天然酵母の基本レシピに、砂糖やバターの分量を計算して加えてみます。

d0034609_22302128.jpg
卵を塗るより、粉をふりかけるほうが今の気分。。
粉と酵母のいい匂いがするパンでした。




[PR]
by suna-chan | 2017-01-30 22:36 | Days in Geneva | Comments(0)

つれづれ

d0034609_16274629.jpg
先週はスキー教室が2回、そして今週は昨日がスキー、今日は校外学習で、食の博物館 Alimentariumというところに行き、ピザを作って食べるそう。いま学校で食をテーマに勉強しているようで、その一環のようです。
来週は、英語クラスの子どもたちがスーパーにお買い物に行き、サンドイッチをつくる、という授業もあります。
このところ学校で胃腸炎や嘔吐下痢が多いようですが、、大丈夫かなぁ。それに、勉強はどうなっているのかな……。気になる点もありますが、ま、いろいろ体験するのも大事ってことで。


***


さて先日、フランス語のクラスメイト、イラク人の女性のおうちにお茶に行ってきました。うちからは徒歩5分の近さ、高級マンションの広いお部屋で、余計なものがなく(引っ越しの際に家具を持ってこられなかった、と本人は嘆いていましたが)、でもじゅうたんや壺などがオリエンタルで、とても素敵でした。

いつもはヘジャブを身につけている彼女も、その日は私が女性の友人ということでヘジャブを取ってリラックスしたようすで、まだ幼稚園の年齢の子どもたちのこと(公立の学校に行っているそう)、子どもの学習について、これまで旅行したところ、などなど、ちょっといつもと違う話ができて楽しかったです。
彼女は旦那さんが外交官で、ご本人は歯医者さん、という優秀な人。まだ20代なのに、しっかりしていて、宗教観についても語ってくれました。
中東は、日本人はどうしても欧米経由で見てしまうというか、宗教も自然も日本と違いすぎて、あまり親しみがないかもしれませんが、西洋に対する東洋として、親日的な人が多く、話してみると結構共感できる部分があるように思います。

今日の画像は、彼女からおみやげにもらったもの。手づくりの焼き菓子は、お砂糖を使わずデーツの甘さだけのやさしい味。バラと……カルダモン?? スパイスは、カップに入れてお湯を注ぐと美味しいお茶になります。
「こんなバラ、こっちで買えないでしょ?」
と聞いたら、やはりイラクから持ってきたものだそうで、貴重なものをこんなにたくさんありがとう〜。

というわけで最近は、ちょっと女子力がアップしそうなお茶をいただいてます。
寒さが厳しいので、あったかくして乗り切らなくては〜。



[PR]
by suna-chan | 2017-01-27 17:17 | Days in Geneva | Comments(2)

こぎん 総刺し


d0034609_19401740.jpg
今週もぎゅっと濃いスケジュールです。
クッションカバーに、と刺していたこぎんがようやく刺し上がりました。
去年の1月に始めて、予定では半年で完成、年末には2枚できあがっているはずだったんですが、5月に夫の転勤が決まってからは放置。。。こちらの生活が落ち着いた12月ごろから再開してました。

図案を描くのが面倒で、単純な図柄にしたら刺す楽しみが減り、おまけに色違いにしたせいで、ちょこちょこ、ちまちました作業が続いて、、、もう1枚のクッションカバーは、もっと大きな柄にしようと考え中。。。

まずは年賀状の返礼を終えなきゃなので、それから図案を決めることにします(そして、刺し終えたのと、クッションカバーを実際につくるのは、また別の話……)。



[PR]
by suna-chan | 2017-01-26 16:36 | Days in Geneva | Comments(2)

スキー場へ

盛りだくさんの週末が終わりました。
P子は、インターのお友達から招待されて、お誕生日パーティーに行きました。
「仲良しの子たちと一緒にボルダリングのレッスンを受ける」という、ちょっとユニークな企画でした。
会場には親は入れなかったのですが、上階からガラス越しに、高い壁に登っているP子の姿が見えました。

d0034609_05310158.jpg
お隣がバースデーガール。

その夜は日本人の友達ファミリーとルイジアというイタリアンで食事をしたのですが(夜間の外食なんていつ以来?!と思ってしまうほど、ふだんは家ごはんが中心です)、そこで、翌日スキーに行くけど一緒にどう?と誘われました。

えー、それは是非!
手袋も買ってないし、夫は、出張から戻ってまたすぐ翌日から不在になってしまうのですが、誘ってもらったときがチャンス〜。
P子も「行く!」と即答だったので、急きょスキーをすることになりました。

ファミリー客が多い、ジュラ山脈にあるスキー場。場所を教えてもらって現地集合で。
ジュネーブからは40分くらい? 基本ずっと山を登って行く、という感じで、くねくねした山道を走り(除雪は完璧でしたが)、ちょっと視界も悪い、、、。
とはいえ、駐車場は、雪の塊を乗り越えたり、雪の壁に向かってアクセルを踏む必要もなく、助かりました。

さてスキー。
私は20年ぶりくらい。板など一式を借り、手袋を買いました。
P子は、これまで3回スキーに行きましたが、まだ一番下のクラスで、ストックを使わずに滑っている、というレベル
いろいろ不安を感じつつ、お友達母子とまずは6人乗りのリフトで山頂へ。
結構上っていく上に、リフトを降りるときに板が交錯して、私と子どもたちが次々転倒、というハプニング。。。

d0034609_05504428.jpg
しかし景色はきれいでした。雲海の下はレマン湖とジュネーブが隠れているそう。。。

無事降りられるのか不安でしたが、意外にも、ストックを使わないP子が、こわがることなく、転ぶこともなく、すいすい下っていくのでびっくり。すごい。。。
P子以外にも、小学校低学年くらいの子どもで、ストックなしで滑っている子は結構いました。

d0034609_05524026.jpg

私も、最初は足を取られて転んだものの、だんだん慣れて、楽しくなってきました。
帰りのドライブが不安だったので、2本しか滑りませんでしたが、もっと滑っても大丈夫だったかも。
また行ってみます!





[PR]
by suna-chan | 2017-01-23 06:07 | Days in Geneva | Comments(4)

歯医者デー

本日、金曜日はP子の歯の治療のアポがありました。

先週虫歯が見つかって、そのときはショックと恐怖で嗚咽していたP子ですが、今日は、駐車スペースがなかったのでP子をドロップオフして通訳の人に託し、私は10分ほど遅れて到着したところ、すでにおとなしく治療を受けていました。
結局、フッ素塗布なども含めて1時間近くかかったのですが、途中嫌がることもなく、よくがんばりました。先生も、前回との落差に、「家でなんて言い聞かせたの?」と不思議そうでしたが、別に……。前回は無理やりでもすぐに治療させたい、と思ったけれど、そうしなくてよかった。。

今週は、日本語学校の二者面談があったのですが、学校でのP子は、しっかり授業を聞いて、作文などもきちんと趣旨を理解して書けている、のだそうです。授業の話は全くしてくれないので、進んで手を挙げているとか、みんなの前で作文を読んでいるとか、予想外でびっくりー。恥ずかしがり屋の方なのに。
日本では、わりとぼーっとしていて、ときどき、先生の話をまるまる聞き逃す、なんてことも珍しくなかったのですが、単なる成長なのか、ふだんインター校では英語ができない分集中するくせがついたのか、何かとがんばっているのか??

背景まではわかりませんが、子どもはいつの間にか成長してしまうのかもしれないなぁ。。

歯医者からの帰り、ごほうびに何か買ってあげるね、と言ったら、果物がいいというので、バナナやりんごを買いました。メロンやいちごも欲しがったけど、売ってなかった…。お弁当で食べそこねたみかんも乗せて、食後のデザートを一緒につくりました。こういうの、ちょっと久しぶりでした。


d0034609_05375627.jpg

[PR]
by suna-chan | 2017-01-21 05:45 | Days in Geneva | Comments(0)