飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:2014GW 鶴岡への旅( 5 )

鶴岡の食いろいろ

あとは特に観光ということもなかった鶴岡滞在ですが、最後に。

d0034609_1558163.jpg

時間つぶしに入ったスーパー、ちょっと高級めで、棚を眺めるのが楽しかった! 
ポケモンなどの食玩も、「仙台では売り切れてるものが充実している」とは夫談。

魚売り場には、きれいな魚が並んでいました。このハタハタのパックはこれだけ入って298円! 買いたかった〜!

物産館で買うだけだった、地元の漬け物屋さん「本長」にも足を運びました。立派な店構え。いろいろ買い込んでしまいました。

d0034609_162175.jpg



d0034609_162313.jpg


そして仙台からの帰り道に立ち寄ったのが月山ワイン。
高速道路から市内に入る国道沿い、山の中にあるのですが、この道、これまでに何度も通ってました。
いいワインをつくるワイナリーなので、もうちょっとおしゃれな場所を想像していたのに、湿ったコンクリートの古い建物でちょっとがっかり。
「山形は、農産物など全国に誇るものがたくさんあるのにPRが下手」とよく言われるのですが、なんか、その言葉を思い出してしまいました。

d0034609_1661862.jpg

湿っているのも納得、裏手は川で、大きな滝があるのですから。。
川の流れも早くて、吊り橋はかなり怖いです。

この滝もワイナリーも、もうちょっと上手に使えそうな気がするのだけれど、なかなか、資金的に難しかったりするのかな。
千葉で月山ワインを見つけたら買って、ささやかに応援します……。
[PR]
by suna-chan | 2014-05-08 16:10 | 2014GW 鶴岡への旅 | Comments(4)

アル・ケッチァーノ 春


d0034609_10425223.jpg


そして、鶴岡といえば、のアル・ケッチァーノ。3度目です。早春、盛夏ときて、今度は春。

これまではがっつりお願いしていましたが、いつも食後がかなり苦しいのと、そのまま仙台に帰る(=夫と私で交代で運転)なのでお酒が飲めないこともあり、今回は皿数少なめのコースでお願いしていました。
旅行を決めたのは、GWの1ヶ月ほど前。4月上旬だったかな。
その時点で、祝日は昼、夜とも埋まっており、中日には空きがあったのでそこを押さえて、その後旅行のプランを立てていったのでした。

d0034609_10423533.jpg

相変わらず見飽きない看板。今の季節は山菜がたっぷり! 知らない名前のものもいろいろあります。

d0034609_10432940.jpg

到着前にジュースを飲ませてしまって、食べないかも、と思ったP子でしたが、よく食べました。

d0034609_10442144.jpg

大人のコースで、今回インパクトがあったのは、このフグと山菜のリゾット。

d0034609_10445671.jpg

丸山さんのラムは、電話予約したときに追加料金でお願いしていたのですが、オーダーが通ってなくて、急きょ焼いてもらいました。本当に毎回いただいているのですが、そしてラム好きではない夫もつきあわせてラムにしてしまっているのですが、これは本当に行く価値あります。
ただ、早春に来たときのあの肉の厚みには及ばず、、あの厚さでまた食べたい。

お店は、春で新人さんが多いのか、なんとなくオペレーションに慣れていない印象でしたが、こうして郊外の店で、若い人がクリエイティブに働ける場所があるってすごい、と毎度思います。

しかし、今回適度な量のディナーで思ったのは……、やっぱり、わざわざ来るからには、ボリュームがっつり、そしてワインとともに、がいいなぁ、ということでした(笑)。魚料理も食べたかったし。
いつになるかわからないけれど、次回はそうします!
[PR]
by suna-chan | 2014-05-07 10:55 | 2014GW 鶴岡への旅 | Comments(0)

鶴岡の宿 菜ぁ

羽黒山詣でのあとは、前回に引き続き、農家民宿『菜ぁ』へ。

d0034609_13243167.jpg


ここに来る途中、前回立ち寄った本屋を探して見つからず、バイパスなどをぐるぐる……。帰り、宿の人にそれらしき本屋を教えてもらったのですが、目指した場所とは違っていました。そんなに遠くなく、すぐ見つかりそうなものなのに、、といまだにモヤモヤしています。1、2回行った程度では、土地勘もそれほどつかない、ということなのでしょうが、なんだか敗北感があって悔しい〜。

d0034609_13264180.jpg


GWの合間の平日だったので、宿泊は私たち一組だけでした。

d0034609_13271312.jpg
d0034609_1327191.jpg

d0034609_13272534.jpg

d0034609_13273540.jpg

お酒をいただきつつ、ほんの少し手が混んだ、でも基本シンプルなお料理が嬉しい。
お肉美味しかった! 温野菜のソースにはふきのとうが入っていてほろ苦く。
なめこの茶碗蒸しはP子が大人の分を2つとも平らげてしまいました。
d0034609_13274717.jpg

子供プレートのハンバーグ、子供の好きそうな甘めの味。

d0034609_13294431.jpg

デザート。

量も多すぎず少なすぎずで本当にぴったりでした。

d0034609_13302339.jpg

翌日の朝ごはん。

d0034609_13303929.jpg

少し肌寒い朝で、ヒーターをつけていたら、部屋に猫ちゃんがやってきました。
P子、猫をなでて嬉しそうでした。
窓の外にはあまがえるの姿もちらほら。

いいなぁ、庄内。
[PR]
by suna-chan | 2014-05-06 13:33 | 2014GW 鶴岡への旅 | Comments(2)

羽黒山詣で

荷出しまで1週間。GW明けの平日はランチや夜ごはんの予定が入っているので、連休中に片付けと箱詰めを始めました(箱は電話したらすぐ持ってきてもらえました)。しかし、多分ご時勢なのだと思いますが、段ボールと緩衝材が数年前と比べて格段に薄っぺらくなっています。。。コストダウンもあるだろうし、輸送事情が改善して、薄い箱でも無事に運べるということもあるのでしょう。
ちなみに、今回私の引っ越し歴はめでたく?!10回目で、これまでずっと日通だったのですが、初めて違う会社にお願いしました。

***

さて、鶴岡の続き。
麦きりの後は、羽黒山に向かいました。

d0034609_16412097.jpg


まずは山麓について、ちょっと歩いてみます。霧と小雨で、足元に気をつけつつ。
旅行に乗り気でなかったP子は、ここに来て元気になってきました。
アウトドアクラスは結局行くのを嫌がっていたけれど(行ったら喜んで帰ってくるのだけれど)、家族で行くなら喜ぶのかな、などと思ったり。

d0034609_1643086.jpg


d0034609_16431316.jpg


d0034609_16433340.jpg

谷川は結構な水量でした。

d0034609_16435447.jpg

こんな滝があり、

d0034609_1644505.jpg

滝に行くにはこの橋を渡らなくてはなりません。
P子は最初怖じけづいていましたが、手をつないでなんとか渡れました。
確かに、すべりそうで恐い。

d0034609_16461421.jpg

樹齢1000年の爺杉という巨木を見てから、国宝に指定されている、五重塔へ。
観光客が多すぎることもなく、ゆっくり眺めることができました。

ここから、杉並木を1kmほど上っていくと山頂の社殿に着くのですが、私がフラットシューズで来てしまって、全然山登りには適さないので、無理はせず引き返しました。最初から来るつもりだったらスニーカーで来たのに……。

杉並木を歩けないのは残念でしたが、そのかわり、ここは車でも社殿まで行くことができるそうなので、車で上に向かうことにしました。

途中料金所があって、そこを越えて山道に入っていくのですが、、、上るごとに霧が深くなり、また夕方4時近くて薄暗くなってきたこともあって、「引き返す?」などと言い合いながら、、、なんとか到着。

d0034609_16513727.jpg

d0034609_16514980.jpg

d0034609_16515961.jpg


ところで、今年は、ここにまつられている出羽三山の開祖、蜂子皇子の尊像が史上初めて一般公開されるということなのですが、私たちが行ったときは、ちょうどその公開が始まった直後でした!(2014年4月29日〜9月30日)

中は撮影禁止でしたが、参拝料を払って入ってみました。
入る前に、入り口でおはらいをしていただき、ちょっとびっくり。。。私、おはらいをしてもらったのは、多分自分の七五三以来です……ありがたや。
神社には巫女さんがいて、解説も聞けて(といっても私にはあまりよくわからないのですが)、蜂子皇子のお顔も拝めて、はるばる行ったかいがありました。


山を下りて、市内に出ると、さっきの霧は夢?と思うほど普通の曇り空で、さすが修験の地、と思ったことでした。
[PR]
by suna-chan | 2014-05-05 17:01 | 2014GW 鶴岡への旅 | Comments(0)

鶴岡へ

引っ越しを目前に控えていますが、東北は長い冬が終わってようやく旅行シーズンが到来したところ。最後まで満喫したい、と、1泊2日で山形・鶴岡にドライブしてきました。

鶴岡は3回目。仙台からは車で2時間半ほど。蔵王を越えて山形市(盆地)、その後月山を越えて鶴岡のある庄内地方に入るのですが、この月山越えが結構な難関。途中、高速道路が途切れるし、「山形道 すべり止め 『要』」という掲示がまだあるし。え〜っ、旅行のためにタイヤをノーマルに換えてきたんですけど!!
月山の辺りは、路肩の雪がまだ結構残っていて、しかも霧、途中雨が叩きつけて、かなり心細い道のりでしたが、なんとか無事に鶴岡に到着しました。

最初の目的地は、麦きりの店「寝覚め屋半兵エ」。
麦きりというのは、鶴岡の名物で、きしめんとそうめんの中間のような、稲庭うどんのようなもの(でいいのかな……自信なし)。このお店は、寝ている人も、これを食べると目が覚めるほどおいしい、というのが名前の由来だそうです。

d0034609_11201194.jpg


こんな外観で、中は広々していました。

d0034609_11205077.jpg

頼んだのは、半枚というサイズで、麦きりと蕎麦を2:1でお願いしました。

d0034609_1121281.jpg


麦きりは、和からしをつけて食べるのだそう。意外な組み合わせ!

つゆは、そばつゆより少し甘めでした。麺は、ちょっとゆですぎなのか、この柔らかさが標準なのかわかりませんが、少し柔らかめ。

これまで乾麺でしか知らなかった麦きり、生麺はもちもち感が全然違いました〜。冷たくて、つるりとした食感。本当に目がすっきり覚めそうなのどごしです。

お店があるのは、鶴岡の大山、という地区ですが、この辺りにはほかにも「麦きり」の看板を出しているお店がいくつかありました。食べ比べたら面白いだろうなぁ。

さて、おなかいっぱいの後は、どこに行こう?
過去2回は、クラゲを見に加茂水族館に足を運びましたが、改装中で休館中だったので、今回は少しこれまでと違うところを、と検討した結果、羽黒山まで行ってみることにしました。

画像多すぎたので次に続きます。
[PR]
by suna-chan | 2014-05-04 14:45 | 2014GW 鶴岡への旅 | Comments(0)