飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 26 )

ジャンプ!

d0034609_19224311.jpg
先日、雪が降る前に、と、P子のブーツを探しにショッピングモールまで行きました。
中央広場に期間限定で高くジャンプできる遊具が設置されていて、ふだんP子はこの手のものは恥ずかしがってやろうとしないのですが、たまたまこの日の午前中、私がひとりで通りかかったときに、大人の男性(それも結構いい年齢と思われる)がチャレンジしていて、宙返りを試みて下のトランポリンに頭から墜落していたよ、という話をしたら、やる気になってくれました。
この画像では及び腰ですが、その後楽しくジャンプしていましたよー。

本題のブーツは、色やサイズが折り合わず買えませんでしたが……。ちょっとした息抜きでした。



[PR]
by suna-chan | 2016-11-11 19:31 | Comments(0)

そして仙台へ❤️

午後はいよいよ仙台です。
P子はウォーキングをがんばったせいか、車中で爆睡。ふだんあまり寝ない子なので、こうやって寝てくれると、いましがたの体験が糧となり、寝ている間に成長しているようで嬉しい。
今回の旅行では、帰りの車中でもよく寝てました。頭も体も疲れきるくらい楽しかったね、と思った私。

閑話休題。
仙台には昼すぎに到着。洗車、ガソリン補給をしてから、仙台駅東口のフルーツ屋さん「いたがき」でお友達親子とお茶(夫はその間別行動でした)。
仙台転勤が決まったときに友達から紹介してもらい、生活が軌道に乗るまで、母子ともにお世話になった友人です。

いたがきといえばフルーツなので、カフェの画像を。

d0034609_10034681.jpg
私のフルーツサンド、ハーフサイズ。

友人のシフォンケーキ。季節の紫芋。

d0034609_10142717.jpg

そしてP子は贅沢!な洋梨のパフェでした。
d0034609_10151949.jpg


午前中にソフトクリームも食べているので「いい?」と遠慮がちに訊かれてしまいましたが、せっかくなので好きなものをどうぞ、と。

子供同士は恥ずかしがってしまい、ほとんど話しませんでしたが、お店を出たところで鬼ごっこをしてようやく打ち解けました。
1年半のブランクは、こんなものですかね。

友人と別れてから、以前の自宅近くの光原社に行き、小鹿田焼きの大皿とちょっと深さのある小皿を購入。
思い切って買い物ができたのは、旅先だったから、です。
そんなに高価ではありませんでしたが、お皿を増やすのは勇気が要ります。今回のお皿たちは、どれも軽くて、もどってきてから早速使っています。

d0034609_10240544.jpg



[PR]
by suna-chan | 2015-11-28 10:24 | Comments(0)

金魚ベビー誕生

d0034609_1091289.jpg


水槽の掃除用に使っているziplocのタッパーが、そのまま、金魚の卵の飼育場所になっているのですが、金魚ベビーズ、誕生しました♪

日曜日に本で調べて3日めかな?と推測していましたが、本当に5日めの火曜日に次々と稚魚がかえりました。長さ2、3ミリと小さく、色も形も全然金魚には見えませんが。

まずしっぽで殻を破り、しばらくは頭は卵の中という状態で沈んでいて、何十分かすると、頭の殻が取れようです。2日めの今日は元気に泳ぎ回っていますが、昨日はただふんわり浮かんでる、という感じでした。

こんな小さい金魚に与える餌がつくれるか微妙。。。でも、しばらくは蓄えた栄養で育つということなので、ようすを見てみよう。

今日の仙台は、一日氷点下の真冬日という予想で、朝は結露した窓がすべて凍りつくほど寒かったのですが、陽が射していると室内は春のようです〜。


ちなみに、金魚、というタグに、千葉で飼っていた琉金の「だるまこちゃん」の画像が出てくるのですが、この金魚は、飼い始めて半年後、私が熱中症で倒れていた時期に、(おそらく同じく熱中症で)死んでしまいました。水槽の置き場所を動かせばよかった、と後悔したけど遅かった。
そんな失敗も経て、今の金魚たちよ、元気に育て〜。
[PR]
by suna-chan | 2014-02-05 10:22 | Comments(0)

2013春 東京&千葉滞在

すっかり遅くなりました。
後半は母子とも体調を崩してしまいましたが、ふるくからの(というのも変だけど)お友達と会えて楽しい滞在となりました。


初日は都内のYくん宅にお世話になりました。
d0034609_14171528.jpg

わざわざ遊びに来てくれたちびすけくん、Yくんの弟のRくんと。Rくん、2歳半とは思えないくらい社交的で、おしゃべりも上手。なんか昔のP子みたいでした……。

d0034609_141951100.jpg

Yくんママのお手製パエリアをいただきました。
大人はこれに生春巻き、牛フィレのステーキサラダとスパークリングもついた豪華なディナー。

d0034609_14212660.jpg

3月も下旬に入ったばかりだったというのに、すでに桜が満開になっていたので、夕食の後はちびすけくんたちを送りながら、近くの公園でお花見♪
d0034609_14224481.jpg

この公園にはこんなすてきな滑り台があって、子どもたちは夢中で滑っていました。

d0034609_14253476.jpg

d0034609_11193469.jpg

翌日は、NYつながりで千葉在住のMちゃんのおうちへ。
鍵盤楽器やおもちゃが3つもあって、それぞれが好き勝手に音を出すので、なんともすごいことに……。


d0034609_14533683.jpg

その後はYくんのリクエストどおり、マカロンでティータイム。3人とも大好きだそうで。今時の子はおしゃれなものを知ってるね……。

途中けんかもあったりしましたが、全体的に楽しく遊べたようです。ちょうどヴァイオリンを習いたがっていたYくん、Mちゃんママがかつて習っていたと判明し、子ども用のヴァイオリンを貸してもらえることに。サイズ合わせのため試しに持たせてもらったYくん、とっても嬉しそうでした。そしてきれいな音が出ていたよ。似合いそう、がんばって!
……ちなみにP子は興味示さず、でした。

画像が多くなってしまったので続きは改めますが、どのお母さんたちも、新居購入、仕事再開、第二子、第三子、といった人生の展開があり、あまりに何もない自分の手ぶらさを感じたりもしました……。

ともあれ、楽しい時間を、ありがとう!
[PR]
by suna-chan | 2013-04-06 15:13 | Comments(2)

その後、

ずいぶん更新の間が空いてしまいました。

今回の地震、津波、それに続く原発の事故など一連のできごとで、自分に何ができるか考えさせられる日々です。

P子と私は、3・11は自宅で揺れに遭遇し、幸い、いつもではその時間ではありえないことだったのですがDVDを見せているところで、P子は揺れに不安になりつつもTVにくぎ付けで気持ちが分散されてすみました。その後も余震があるたびに、まるで天気予報のようなふりをして
「あ、きょうはじしんがくるんだった」
などとくりかえしていましたが、やはり大人の不安は子どもにも伝わるもので、しばらくP子も不安定な日が続きました。

その後、いまの家の大家さんであるいつこさんに声をかけてもらい、P子と2人、四国の松山でいつこさんのお宅におじゃましています。幸い、同年代のテディ君もいて、まるで兄妹のような生活を送ることができ、そのほかの面でもとてもよくしてもらっていますが、そろそろ千葉に帰ります。

東京電力管内は節電で、戻ってからはブログやメールもなかなかできないと思いますが、ここを見てくださる方々が、それぞれの場所で力強く生きていかれますよう。原発反対、といいつつ、原子力に頼って快適な生活を享受していた私ですが、改める点は改め、できることをいろいろ考えていきたいと思っています。

いつこさんのブログ http://ameblo.jp/shikoku1/、みなさんもぜひ読んでみてください。紹介されている会見を私は見ていませんが、高木仁三郎さんは、私が初任地の福井にいたころ、もんじゅ訴訟でよく福井に来られていました。みながこの問題を考えるときに来ていると思います。
[PR]
by suna-chan | 2011-03-29 11:54 | Comments(2)

from new york ;-)

こんにちは〜。

無事、ニューヨークに到着しました。
怒濤の家探しをはじめ、書きたいことはいろいろあるのですが、
なんといっても画像のアップができないのが難点。

というわけで、ブログ再開は10月1日からにしたいと思います。
そのころまでには、新居に入って、ネット環境も整っているはず。。。
ブログの記事自体は忘れないうちに、と書いているので、
それなりのボリュームをもっての再スタートにできそうです。

10月って、ずいぶん先のような、あっという間のような、ですが。

それでは、そのときまで!
[PR]
by suna-chan | 2007-08-21 04:40 | Comments(2)

ワルツを踊れ

来週前半に船便を出し、週の後半が締切、日本を発つのはお盆のまんなかと決まり、慌ただしくなってきました。

持ち物の片付けをするなかで、先日購入したのが、くるりのアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』。ウィーンにインスピレーションを得て制作したというアルバムで、1曲目のタイトルが『Heiligenstadt』。なつかしの、もと最寄り駅! (「ハイリゲンシュタット」が「ーシュタッド」になっていたのがちょっと惜しい……) ほかにも、「カフェ・ハヴェルカ」といった曲もあったりして、その単語だけでもなつかしい〜。

アルバムは、実際のウィーンよりスラブ色が濃く、旅行者から見るとこんな感じなのかな。あるいは住んでいるうちに、街の美しさやエキゾチックさを気に留めなくなっていたのかも、とも思いました。

というわけで、この夏は、このアルバムを聴きながらの引っ越しです。
[PR]
by suna-chan | 2007-07-24 05:34 | Comments(0)

NINAGAWA十二夜

友人たちと会い、美味しいものばかり食べてきた1週間の夏休み。
締めくくりは「NINAGAWA 十二夜」。
シェイクスピアの「十二夜」を、蜷川幸雄が演出し、歌舞伎俳優が演じるという演目です。
初演は2005年で、今回は2年ぶりの再演。どんな舞台になっているのか、あれこれ想像しながら歌舞伎座の初日へ。

休憩時間を含み、4時間近い観劇はオペラ並み。でも、舞台は斬新で、なかなか面白かったです。

鏡を多用した舞台にはオープニングから意表を突かれ、回り舞台の多用はいかにも蜷川さんらしく。
ただ、歌舞伎ではありえないほど言葉遊びが多く(それがシェイクスピアらしいわけですが)、したがって女形の台詞も増えるため、美貌の織笛(おりぶえ)姫も、その声が妙に気になってしまいました。。。この舞台で、2つの文化の違いが一番出ていたのは、そこだったかもしれません。
[PR]
by suna-chan | 2007-07-08 21:50 | Comments(0)

長江哀歌

映画「長江哀歌(エレジー)」を試写で観てきました。

日本での上映開始は8月18日から。なので、試写で観ないと間に合わない、と思いつつ、なかなか予定が合わず、終盤にようやく観ることができました。

舞台は、中国の三峡ダムで水没することになった、古都・奉節。16年前に別れた妻子を探しにやってきた炭坑労働者と、奉節に行ったきり音信不通になってしまった夫を探しにやってきた女性。ダムに沈み行く街で、肉体労働をする(人海戦術でビルを取り壊す)工事のスケールの大きさ、持って生まれた条件下で生き抜く人々のたくましさ、それとは逆に、ひとりひとりの人間の無力さ、生活に色を添える煙草や酒といった嗜好品、そして音楽。。。

ベネチア国際映画賞で金獅子賞グランプリをとった作品ということですが、携帯電話によるコミュニケーションなどの時代性と、食事風景などで地域の特殊性を兼ね備えながら、普遍的でわかりやすい映画、だったように思いました。
広大な大地で、仕事のためにあちこちを移動しながらもたくましく暮らす人々の姿が印象的でした。

内容などの紹介はこちらで
[PR]
by suna-chan | 2007-07-07 22:21 | Comments(0)

オバケのQ太郎

たまにはマンガの話など。

『ドラえもん』などと異なり、いつの間にか消えてしまっていた、『オバケのQ太郎』。
最近発売された「大人のコロコロ」で、ようやく復刻版を読むことができました~。

それにしても、コロコロ=コロコロコミック、とすぐにわかる人ってどれくらいいるのでしょうか。

Qちゃんって、どんな話だったか覚えていますか。
QちゃんのほかにもU子ちゃんとかドロンパとかのオバケが出てきて、あっちに行ったりこっちに行ったり、、、で何をしていたんだっけ??

と思いながら読んだら、本当にご近所をうろうろするだけのマンガでした(爆)。

だけど、それ以上に驚きだったのは、いま読んでも面白かったこと。

登場するキャラクターが(オバケを除いては)、ごく普通の人たちで、彼らの喜怒哀楽は普遍的なもので、、などと説明をつけてもいいけれど、実は、あのシンプルな顔立ちのQちゃんって、すごい表情が豊かなんですよ~。

まず全体をざっと読んでストーリーに笑い、次に1コマずつのQちゃんの表情を見ていくと、それもまたおかしい、というので、繰り返し読みをしてしまいました。

子どものころは、顔が「Qちゃんに似てる」とよく言われましたが(すごくいやでした)、でも、いまだったら、Qちゃんに似てるって言われたら、自分も一緒になって笑えそう。

しかし、実はQちゃんはマメな性格だったということも判明。その点はウチの夫に似ています。そして、私は、といえば、いつも柔道(=別のこと)ばかり考えていて、部屋が散らかるとQちゃんを呼びつけるU子ちゃんに似てるかも。。。たら~(汗)。
[PR]
by suna-chan | 2007-05-27 12:48 | Comments(3)