飲食日和 memo sunachan.exblog.jp

ブログ開始時はウィーン在住、その後、東京、NY、千葉、仙台と移り住んで、ただいま2度めの千葉生活です。


by suna-chan
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ユングフラウ鉄道

ハイキングをして、少しインターラーケンの町を歩ければいいか、くらいの気持ちでやってきた旅行ですが、4月はハイキングには早すぎ、町もそれほど見どころがあるわけではない、と観光案内所で言われて、それでは、と2日目にユングフラウ鉄道に乗ることにしました。
終着駅のユングフラウヨッホJungfraujoch は標高3464m。インターラーケンからは2回乗り換えて片道2時間で到着します。

天気予報は2日目、3日目とも曇りのち雨でした。天気が悪ければ、せっかくの眺望が見られませんが、、そして、ダメもとで行ってみる?と言うには、鉄道の運賃が高くてひるみますが、ここはお客様を連れて来るための下見、ということで、行くことに。

といっても、朝は少しがんばって8時35分インターラーケンオスト駅発。
ホテルから徒歩5、6分の近さで助かりました。
チケットは当日購入して、大人ひとり210フラン、だったかな。
日本円で23000円。お天気悪かったら翌日もう一回、とは、なかなか言えないお値段です。P子はパスのおかげで無料で済みましたが。

d0034609_05062701.jpg
最初に乗った電車(折り返して戻る時に撮ったのでオスト駅行きになってます)。

d0034609_05471807.jpg
窓ぎわのテーブルにはかわいらしいイラストが。

d0034609_05070279.jpg
2本目の電車。

d0034609_05475470.jpg
線路は中央に歯車を噛ませて。

d0034609_05473450.jpg
車窓も、この傾斜です。

d0034609_05481874.jpg
早朝ならば景色見られるかも、というのが前日の観光案内所の人の予想でしたが、確かにこの時間なら大丈夫そうでした。
しかし、、こうして間近に眺めると、ユングフラウもアイガーも、山というより大きな岩。岩山というのがぴったりです。この岩山に100年も前にトンネルを掘って、展望台をつくりあげたとは、、スイス人の粘り強さに感服です。

d0034609_05483689.jpg
さらに登ると、氷河が見えてきました。



d0034609_05485682.jpg
氷の世界。

2時間かけて2900メートルを登り、ヨーロッパで一番標高が高い駅ユングフラウヨッホに到着。しかし、、着いたころはお天気崩れてました。
d0034609_05492049.jpg
何も見えない。

d0034609_05493609.jpg
さらに悪化。

とはいえ、氷のパレスなど、一応お天気が悪くても楽しめるような工夫がされています。P子は結構楽しんでいました。

d0034609_22471027.jpg
格好を見てもらうとわかる通り、装備手薄で来てしまった私たち。
夫と私は東京の真冬で着るようなちょっとしっかりめのダウン。P子は薄手の長袖Tシャツにフリース、薄手の綿入りコートで、その上に私のユニクロ、ウルトラライトダウンを着て、なんとか、といった具合でした。

ウルトラライトダウンはハイキング用に持って来たのですが、大活躍でした。

陽射しが強くてハイキングとなれば、帽子やサングラス、日焼け止め必須で、悪天候ならスノーブーツやロングダウン、帽子や手袋も、となると、いくら車で来るにしても荷物が増えるし、、難しいところです。

急激な標高差と寒さのせいか、P子が途中で気分が悪くなり、2時間ほど滞在してから速やかに山を降りました。

下るにつれて顔色も戻って来たので、乗り換え駅でランチ。

d0034609_22574954.jpg
ようやく元気を取り戻して下山したのでした。




[PR]
Commented by hockey at 2017-04-24 15:05 x
P子ちゃん、きっと高山病になったんだろうね。sunaさんは大丈夫だった?私は10年ほど前にユングフラウに行ったけど、高山病になったわー。そしてsunaさんと同じく全く何も見えなかった…8月だったのに吹雪いていて、山の天候の恐ろしさを初めて知ったのでした。
Commented by suna-chan at 2017-04-24 20:42
>hockeyさま

いやー、やっぱりhockeyさんもなった? 私は電車の途中から耳が痛くなり、高山病警戒してたけど、ほんの少しの頭痛で済みました。途中で休憩しながら行くのがいいのかしらね?
登るうちに山頂が隠れてきたので覚悟はしてたけど、真っ白な視界にはちょっとがっかりでした。でも山はそういうものなのね。
今後お客さんが来たら何度か来ると思うけど、装備はしっかりしていこうと思ったよ。夏でもふぶくんだね。覚えておくね!
by suna-chan | 2017-04-22 22:59 | 2017春 ベルナーオーバーラント | Comments(2)